ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】
※ 無料相談は受け付けておりません。


2010年12月10日

遺言セミナー、好評でした^^

あなたのご訪問に感謝です!
修理に出してた車が戻ってきた
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。


昨日はしゃべりっぱなしと言いましたが、
午前中は、セレマさんの見学会での遺言セミナー。

35〜40分ほどの時間だったので、
担当者さんからのご要望でもあり、
遺言の必要性を中心に絞ってお話しました。

今回はレジュメも配らず、プロフィール用紙だけ配布。

そして、いつものごとく、アイスブレークがてら、
自己紹介の後、最初に質問を投げかけます。

参加者の方とコミュニケーションを取る意味でもあり、
これによって話し手と聞き手が近くなるんですね。

そして、正解を言うと・・・

「へぇ〜!!!」

だいたいの話す趣旨は分かっておられたとしても、
これで、よりいっそう興味を誘います。


言葉に強弱をつけながら、随所に笑いも入れ、
「あるある」的な話も織り交ぜて、
なごみながら楽しい雰囲気で進めていきます。

皆さん、楽しく真剣に聞いて下さいました^^


で、終わってから、
「より詳しい内容とかは、こちらに無料冊子を
ご用意してますので、ご希望の方にはお渡しします。
僕の報酬の目安も書いてますし^^」
と。


すると・・・


20部用意してたんですけど、全部なくなりました^^


遺言・相続ってデリケートな問題。

でも、本当のところどうなのみたいな、
聞きたいけど聞けないというのがあるみたいです。

また、誰に聞いていいか分からないというのもあるようです。


終了後は、お食事会にもなっていて、
僕も参加者の方と一緒に食べました。


「とても分かりやすくて良かったです。」
というご感想を多くいただきました。

感謝です。

また、
「昭和46年?うちの娘と同い年ですねぇ。」
とか、
「あの辺に住んでおられるんですね。」
とか。

プロフィールには、洗いざらい全開なので、
親近感を持ってくださいました。


難しい話を淡々と、しかも難しく言っても、
何にも伝わりません。


分かりやすく、退屈させず、楽しく、
そしてなるほど!っと思ってもらうように。

さらに、やはり単なる経歴だけでない
プロフィールを伝える。


今回もいいお声をいただけてとてもよかったです(^o^*)



今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
上位25位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑100位前後をウロウロ
ラベル:行政書士
posted by こうたん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

遺言書ブーム??

あなたのご訪問に感謝です!
結局お盆は、仕事関係でなんやかんやしていた
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。

お盆はいかがお過ごしでしたか?

僕はといえば、ポスティングを中心に、
知的資産経営の支援業務に関する作業を
していました。

そのポスティングに記したメインの業務は、
遺言の関すること。

僕ら行政書士は、遺言の起案・作成支援や
そのための戸籍収集、相続関係図の作成をはじめ、
遺産分割協議書の書類作成なども業務として行ないます。


そんな折、こんなニュースが!

老いも若きも遺言書ブーム? 作成依頼うなぎのぼり
8月14日23時28分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100814-00000567-san-soci

元記事・・・SankeiBiz(サンケイビズ)
 人生を終えた後の遺志を書く遺言(ゆいごん)書への関心が高まっている。専門家への相談が増えているほか、遺言書の作成や保管などを担う公証役場や信託銀行への依頼件数はうなぎのぼり。手作りで遺言書を作成できる商品も登場し、高齢者だけでなく若い世代からも注目を集めている。専門家は高齢化社会で核家族化が進む中で、「家族間のコミュニケーションの欠如から、相続トラブルが増えていることが背景にあるのでは」と分析している。

 遺言書には、主に公正証書遺言自筆証書遺言の2種類がある。自筆証書遺言は自分で作成できるが、法的に効力があるものとするには一定の要件を満たす必要があり、死後は家庭裁判所に遺言書を提出し、相続人全員の前で開封する「検認」を受ける手続きがある

 一方、公正証書遺言公証人が作成し、原本も保管されるため紛失の恐れがない。また、検認の必要がないため、すぐに遺言執行手続きをとることができる利点がある。ただ、自筆証書遺言に比べて費用がかかり、例えば5千万円の財産を1人に相続する場合、約4万円の費用がかかる。

 日本公証人連合会(東京)によると、公正証書遺言の作成件数は毎年右肩上がりで増加。平成元年は4万935件だったが、21年には7万7878件に増えた。また、信託銀行に遺言書の保管や執行を依頼する件数も年々増加。信託銀行など約50社が加盟する信託協会(同)によると、6年から21年までの16年間で、1万7533件から6万8911件と約4倍に跳ね上がった。

 信託協会の槇田(まきた)順二相談員は「核家族化の進展で意思疎通が希薄になり、財産の奪い合いなどの相続トラブルが増えてきた。信託銀行は不動産や証券などさまざまな財産の一元管理に対応できる強みもあり、依頼件数が増えているのではないか」と分析する。

 また遺言書作成に詳しい高垣勲弁護士(第二東京弁護士会)は「遺言書を1通書くだけで相続トラブルを防げたケースが多々ある。残される家族のために、それぞれのメリット、デメリットを踏まえて対応してほしい」と話している。


その一方で、遺言なんて、
 ・大した財産もないし・・・
 ・まだまだ先のことだし・・・
 ・まだそんな年齢ではないし・・・
 ・そんな争いが起こる心配もないし・・・
などなど、自分には関係ないと思う人が、多いのも現実です。

しかし、人が亡くなれば必ず相続は発生します。

めでたい事ならいざ知らず、人の死は突然訪れます。
そして死んでから自分の意志通りになるとも限りません。

法的に効力を有する遺言がなかったばかりに、
仲の良かった子どもたちなどの親族が、
望まない争いをすることにもなりかねません。

そんな財産もないし・・・

財産が多くあれば、逆にその分分けやすいです。

しかし、問題は主な財産が家・土地という不動産だけで、
しかも相続人が複数いる場合。

さらに、その相続人自体もそんな多くの財産がない場合です。

例えば、子どもが長男次男の2人で、長男がその家に住むから
長男が不動産を相続し、次男は不動産の相続を譲った場合。

細かな点は省きますが、次男の相続分を長男が次男に
お金で払わないといけない場合もあるわけで。

この場合、下手すれば、その家を処分して
お金を作らないといけないこともあり得ます。

遺留分の問題もあるけど、遺言でしっかり分割方法などを
明記しておくだけで避けられるものも多くあるわけで。


意思疎通が希薄になる一方、権利意識は高まっています。


また、遺言がない場合には遺産分割協議をしますが、
子どもが未成年なら、妻は法定代理人だけど、
妻も相続人なので、子どもの代理ができません。

この場合、家庭裁判所で特別代理人を
選んで
もらわないといけないわけで。


不測の事態にならないためにも、そして万が一の時に備えて、
遺言は財産や年齢にかかわらず、残される家族への
重要なメッセージです。

「備えあれば憂いなし」


ちなみに、30代〜40代の女性の反響も多いそうです。
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/100814/ecc1008142354024-n1.htm


明日は、公正証書遺言を作成した際に、
「これで安心やわ」とホッとした表情が印象的だった
伯父の透析の送迎に行ってきます。


今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
上位25位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑100位前後をウロウロ
posted by こうたん at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

婚外子の相続分が変わるかも??

あなたのご訪問に感謝です!
昨日は、知的資産経営の権威、中森先生を驚かした
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。


昨日は、知恵の経営の支援をさせて頂くにあたり、
京都府の商工会から「受講必須」ということで、
新田辺市商工会館で行われた、中森先生の講演を受講。


開始前に建物の入り口前で、たにやんさんと
タバコを吸っていると、そこへ中森先生が登場。

すると。。。


「なんで、おたくらが居んの!?もう、聞く必要ないやん(笑)!!」

「いやぁ、かくかくしかじかでしてぇ。。。」

「なるほどねぇ。」

その後、立ち話をしつつ、ペットボトルのお茶をゴッチ^^

で、帰ったら11時半前でした。。。



さて、今日のニュースで、職業柄大いに気になった表題の件。

【非嫡出子相続格差で大法廷回付=民法規定「合憲」見直しも―最高裁】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100709-00000099-jij-soci
7月9日17時7分配信 時事通信
 結婚していない男女の間に生まれた「非嫡出子」の遺産相続分を嫡出子の半分とした民法の規定は、憲法に違反するかが争点となった裁判で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は7日付で、審理を大法廷(裁判長・竹崎博允長官)に回付した。規定を合憲とした最高裁判例が見直される可能性も出てきた。
 大法廷は1995年、規定について「合理的な根拠があり、理由のない差別には当たらない」として合憲と初判断したが、15裁判官中5人は違憲としていた。その後、小法廷での5件の判決などでも合憲判断が維持されたが、いずれも違憲との反対意見が付いた。
 今回の裁判で争われたのは、2002年に亡くなった和歌山市の女性らの遺産相続。女性の嫡出子である娘が全体の3分の2を、非嫡出子の息子が3分の1を相続したのに対し、息子側は平等な分配を求めたが一、二審で退けられ、特別抗告していた。



大法廷で開かれるということは、民法第900条4号の
憲法適合性が判断されるということ。


平成7年の最高裁で、合憲と判断され、その後の裁判も
その判例を踏襲してました。

しかし今回、大法廷で判断されるということは、
ひょっとして過去の判例がひっくり返って、違憲判決になるかも。


民法第900条4号には、
「子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。
ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の2分の1とし、・・・」
とあります。

つまり、「非嫡出子の法定相続分は嫡出子の半分」ということ。

わかりやすくいうと、
結婚していない男女間の子の相続分は、
法律上の結婚関係の夫婦の子の半分ですよってこと。

この条文が、法律婚と非嫡出子保護の調整を図るもので
合理的根拠があるとして、憲法に反しないと判断されてたんです。


で、今回、それが覆る可能性が。


国会も夫婦別姓とともにその部分の改正案の提出を見送ってましたが、
改正される前に、違憲判決が出る可能性が出てきましたね。

三権分立上、論理的には、司法は立法府たる国会に
命令は出来ませんが、違憲判決がでたら、改正せざる得ないわけで。
そうなれば、また国会も慌てるんでしょうか。


改正されたら相続の現場も変わるかも。

何せ、夫婦間の子も、ひょっこり現れた愛人の子も、同じ分け前。

法定相続上はそうだとしても、相続人間の心情はどうなんでしょう。。。


そういったことも踏まえて、遺留分を考慮しつつ、
より一層、遺言でちゃんと具体的に決めておくのがいいですね。



今日も、先日行った西宮の方のブログをいじってました。
昨日の新田辺に行く途中で依頼があったんです。

サイドバーを自由にカスタマイズ出来ないタイプだったので、
そのHTMLとCSSの特性を見て、ブログのHTMLに、
埋め込んでリメイク。


喜んでいただけました。


また、前やってあげた友人からの紹介も発生しそうです。

自分で調べてやるには、ちょっと時間がかかるし、
そうかといって、HP専門業者に頼むほどでもないし。。。

そんな経営者さんたちへのお手頃価格のサービスって感じかと。

まぁ、電子的文書の作成ってとこですか(笑)



今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
上位25位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑100位前後をウロウロ
ラベル:行政書士
posted by こうたん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

「喜んで頂ける」のはいい刺激

あなたのご訪問に感謝です!
昨日は久しぶりにアバンティでドキドキした
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。


アバンティって京都駅南口にある
1〜6階までの専門店街です。

昨日の竹田セミナーの会場がその8階だったんですね。

入ると、キレイなモデルに水着のポスターや
夏用ギャル系のファッションがずらり。

店員さん達も露出多めで、思わずキョロキョロ(爆)

もう夏ですね。

最近、こういう店とかに行かなくなっているので、
ある意味、刺激を受けちゃいました(笑)

帰りに一緒だったある方とお互いに、
「たまにはこういう所も来なあかんなぁ。。。」
と。

言ってることが完全に(エロ)オヤジです(>_<)


さて、刺激と言えば、今日のセミナー。


遺言・相続セミナーで、うれしいお言葉を頂きました。


あるおばあちゃんには、
「若いけど、分かり易う話してもらってよかったですわ」
とか。

その他には、
「今日聞いて、知らなかったことが、まさに
自分に当てはまることだったから知れて良かった!」
「今度、相談にお伺いしていいですか?」
とか。

また、ある女性の営業さんからは、
「私自身の身内にも当てはまることだから、
お近づきになれて良かった。」とか。

こういう声って、ホント感謝しかない!!

まさに、いい刺激です。


何名かの方には40ページ近い「無料レポート」も
配布したんですけど、
「知り合いにも是非見せておきますわ。」
と言ってもらったり。


今日のシャベリは自分的には、ちょっと失敗かなと
思ったけど、それでもこう言って頂き光栄です。


すぐに仕事に結びつくかというと、
そう言うわけではないけど^^

でも、こういうことを地道にコツコツやって
ちょっとずつでも知ってもらえれば。

仕事を取りに行くというより、喜んで頂く、
お役に立つということの方が大事かなと。


ちなみに、関係者や営業の方々とは、すっかり
馴染みになって、身近に感じてもらっているようです。

いつもお世話になり感謝しかない!


今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
上位25位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑100位前後をウロウロ
ラベル:行政書士
posted by こうたん at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

今週・来週は「遺言相続セミナー」

あなたのご訪問に感謝です!
今日は「印刷デー」となってしまった
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。


以前の予定とは変わって、今週の11日(金)と
来週の15日(火)に、セミナー講師をします。

過去数回、セレマさんの「葬祭見学会」の中で、
「遺言・相続の基礎セミナー」をさせていただいてます。

いつもは、瀬田コミュニティ会館という所なんですが、
今回はそれに加えて、大津シティホールという所でも
させて頂きます。

≪瀬田コミュニティ会館≫
日 時:6月11日(金)11:00〜12:00
   (受付:10:30〜)

≪大津シティホール≫
日 時:6月15日(火)11:00〜12:00
   (受付:10:30〜)

実質50分ぐらいのセミナーですけどね^^

どちらも12時からはお食事付き。


どちらの分も大津市内を中心に、チラシも撒かれたそうで^^

そのチラシは、今回もポスティングによるもので、
丁寧さがモットーの「アルバ通信」さん。

以前は70人近く来られて、てんやわんやになったこともあり、
それ以後、ある程度人数は制限しているみたいですけど。

ただ今回は、時期的?に、いつもよりは多くはないようで。


今日はその関係で、印刷三昧でした。


「小冊子」を希望された方にお配りできるよう、
印刷をしに「アルバ通信」さんへ。

用紙は持ち込みで、カラー印刷をして頂きました。

今回の様子を見て、次からは製本も検討です。


そのあと、セミナーで使用するレジュメ。
これは、セレマさんの事務所で印刷。
こちらは、用紙もセレマさんがご用意。

セルフで印刷です(笑)


というわけで、印刷デーとなったわけで^^


コストとかも考えて、今後はもっと
効率的に出来るよう考えようと思います^^


ちなみにこちらの記事によると、
「遺言書キット」が売れまくっているようです。
引用元−Yahoo!ニュース−
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100608-00000030-zdn_mkt-soci
 近年、遺言書を作成する人が増えている。日本経済新聞の報道によれば、2009年に公証役場で作られた公正証書遺言は約7万8000件、家庭裁判所が検認した自筆の遺言書は1万3000件という。これは10年前と比べて、35%〜40%増になっている計算だ。

 「遺言書ブーム」と言ってはちょっと言い過ぎかもしれないが、「家族のため」と思って遺言を書く人が増えているのは事実だ。文房具メーカーのコクヨが行った遺言に関する調査(30代〜60代既婚男女1072人対象)によると、遺言書を書いた方が良い理由として、「何となく家族のためになると思う」「相続トラブルに巻き込まれないようにしたい」などが最上位にランクインしている。自分の死後、家族に余計な負担をかけたくないという思いが、遺言書の作成に向かわせているようだ。



今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
上位25位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑100位前後をウロウロ
ラベル:行政書士
posted by こうたん at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

遺言・相続セミナー講師の依頼

あなたのご訪問に感謝です!
起きた瞬間、ちょっと頭痛がしてた
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。


といっても、仕事モードになったら、
治ってましたけど^^;


さてさて、今日の夕方に、お話を頂きました。

例のごとく、セレマさんからです。

過去数回、瀬田コミュニティ会館というところで、
葬祭見学会の中で、遺言・相続の基礎セミナーを
させていただきました。

で、今回は新たに、大津シティホールという所でも
させて頂くことになったんです。


実は、セレマさんって、例えば滋賀県の中でも、
いろいろ代理店があって、それぞれの管轄する
ホールや会場が違うんですね。

で、今回はその瀬田コミュニティ会館
大津シティホールでも
させて頂くことになりました。

その日時は。。。

≪大津シティホール≫
日 時:5月30日(日)11:00〜12:00

≪瀬田コミュニティ会館≫
日 時:6月11日(金)11:00〜12:00

どちらも12時からは食事会。


という感じです。

日時の変更があるかもですが、ほぼ決まりです。


ちなみに大津のほうは、チラシとかは用意できてなくて、
あまり集客はないようです。


でも、瀬田のほうは、チラシを打つようです。

ただし、以前、70人近くになったこともあったので、
30名前後でしっかり限定するようですが。。。

その時のチラシの配布は、実は、
アルバ通信さんによるポスティングでした。


ちなみに、こういうホールでの見学会などの催しは、
友引にすることが多いです。

というのも、友引にお葬式されることはないので、
ホールに他の予約が入らないからなんですね。

さらに、担当の方から、アンケートでも好評ということで、
単独決裁出来る範囲で、報酬アップも^^

ありがたいことです。感謝しかない!

来て頂ける方のお役にたてるよう
頑張りたいと思います(^0^)/


今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
上位25位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑100位前後をウロウロ
posted by こうたん at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

公正証書遺言で思わぬハプニング

あなたのご訪問に感謝です!
最近は5時過ぎ起きになっている
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。


朝の6時過ぎには明るくなってきましたね。
日の出が早くなってきて、ちょっぴりワクワクです。


さて、今日は公正証書遺言の証人として、
とある病院まで行ってきました。

公証人も病院まで出張です。

実は先日も行ったんですが、その時は
なんとご本人の印鑑と印鑑証明書の印鑑が違っていて
やり直しだったんです。

実印と思いこんでいたら違ったというパターンですね。

ということで、今日は仕切り直し。

すると、公証人さんが本人に内容の確認をする際に
なんだか妖しい雲行きに。。。


ちょっと前に、知り合いの弁護士さんのブログを見て、
そんなこともあるんだなぁと思って見ていたんですが、
まさにそれが起こったんです。

以下、そのブログを引用します。
先日、公正証書で遺言を作成する場面に立会ました。

ところが、その時遺言者のおばあさんが、
事前に確認していた遺言書の内容と違うことを言い出し、

何度も確認した結果、公証人の先生が
「これでは公正証書を作れない」ということで、
また別の日にやり直しということになってしまいました。

遺言というのは、高齢者が作る場合が多く、
遺言の内容についてころころと気持ちが変わることもあります。

特に、子供が何人かいて、それぞれに世話になっているときは、
すべての子によく扱われたいために、

ある子の前ではその子に有利に遺言書を作り、
他の子の前ではその子に有利に遺言書を作ってしまったり
することもあるようです。

ですから、遺言書を作成するときは、
財産の受取人となる人は利害関係人ということで、
遺言の場に同席せず、公証人が本人の意思を
十分に確認する必要があります。

このようなことを実践した結果、今回のケースでは
上に書いたように、遺言書はやり直しということに
なってしまいました。

遺言書は、その内容によっては、相続人の取り分を
かなり不平等なものに変えてしまうこともできます。

そこで、争いが起こることもあります。

したがって、公証人の先生は、本人の遺言能力や遺言の内容を
常に十分に確認しています。

そこに公正証書の正確性や安定性、安心感が生まれるのだと
実感しました。

引用元↓
http://ameblo.jp/takanohara8/entry-10493095347.html


今回は、依頼を受けた先生はもちろんのこと、
公証人さんとも事前に電話でご本人の意思を
確認されていたんですね。

しかし、上記と全く同じハプニングが起こり、
結局中止に。

何度も慎重に確認をしても、結局は
遺言作成時のご本人の意思が全てなので、
これ以上は何もできません。

もっとも、遺言はいつでも撤回できます。
つまり何度でも新しく作り直せます。
(だから作成の日付が重要なんですね。)


とはいえ、こういうこともあるんだなぁと
改めて身を持って感じた次第です。


今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ベスト10位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑100位前後をウロウロ
posted by こうたん at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

大盛況でした

あなたのご訪問に感謝です!
誰かに似てるって言われません?ってよく言われる
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。


今日も言われました。

「言われます・・・」

「誰って言われるんですか?」

「哀川翔が多いです(照)」

「ああっ(やっぱり)!!」

と、今日の「遺言相続の基礎知識セミナー」の
始まる前に、会場のスタッフの女性達とのやりとり。

ここでは何度もやっているんで、みなさん顔見知りで、
お互い「いつもどうも」って感じです。

まぁ、どこが??って思われる方も多いでしょうけど(笑)


で、今日は40人近い参加者。

通常の葬祭見学会の倍ぐらいです。

僕がこの講師をさせて頂く際は、だいたいこれぐらい。

やはり関心の高いテーマなんですね。

45分ぐらいのショートバージョンですが、
それでも、きっちり時間内に収めました。

このあたりの感覚は、経験ですね。

まぁ、短時間で分かりやすく、
ポイントを伝えることが出来るか。

回を重ねるごとに、より進歩します。

もちろん、この時間内で話しきれるものではないですけど、
参加者の皆さんからは、いい感触を得ることができました。

参加者の中でも、事務所から近い方々からは、
遺言について、具体的に相談に乗ってほしい
との声も頂くことができました。

小冊子のご請求もありましたし。

感謝です。


さらに、別会場の責任者の方からも、
正式に、「今度、こちらでもお願いできますか」
とのご依頼も頂きました。


みなさんのお役に立つことができ、光栄です。


今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ベスト10位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑100位前後をウロウロ
ラベル:行政書士
posted by こうたん at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

遺言・相続の相談&レジュメ作成

あなたのご訪問に感謝です!
伯父の透析の送迎で奔走していた
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。


今日はなんだかバタバタな一日(笑)

朝から伯父の透析のため、信楽から湖南市の病院へ。

それから戻ってきてから、レジュメの改訂。

27日に冠婚葬祭業者主催で講師をする
「遺言・相続セミナー」のレジュメの見直しをしたんです。


僕の作った、
「これだけは知っておきたい相続・遺言の基礎知識」
という、A4で40ページ弱の無料レポートがあって、
それを通常のセミナーのレジュメとしても代用してます。


短時間用としてその簡易版を最初に作ってたんですけど、
無料レポートと順番や内容を一致させるために、
改訂をしたんですね。

その後、2時半に伯父を迎えに行かないと
いけなかったんです。

ただ、12時ちょっと前には出ないといけなかったんで、
ギリギリまで改訂作業。

というのも、遺言相続の相談案件があったわけで。

先方も、今月中の平日ならいつでもOK
ということだったことと、
伯父の病院から遠くない方だったということで、
今日に合わせたんです。

ついでに、無料レポートもお渡し。

で、その足で伯父を迎えに行き、
伯父の確定申告と買い物に付き添ったあと
夕方帰宅。

ただ、伯父は毎年のことだからということで、
僕も確認してなかったんですけど、
源泉徴収票を持ってきてなかったみたいで(汗)

時間も時間だったんで、足も悪い伯父に代り、
明日朝に再度提出しに行くことに。


まぁ、そんなこんなで、バタバタな一日でした。


あっ、さっきの
「これだけは知っておきたい相続・遺言の基礎知識」・・・

ご希望があれば、件名に「相続無料レポートの件」
書いて頂いて、名前・住所・メールアドレスを書いて
メールを頂ければ、そのPDFファイルを
メールに添付してお渡しいたします^^

メール→info@effort-office.net


今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ベスト10位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑100位前後をウロウロ
ラベル:行政書士
posted by こうたん at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

最近の『遺言』相談から

あなたのご訪問に感謝です!
このところ4時半に起きている
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。


最近の相談内容からちょっとピックアップします。
(実際の相談内容とは、あえて少し変更します)


財産を3人いる子(A、B、C)のうちのCに
すべて相続させる遺言を作成してましたが、もし、
そのCが自分より先に死亡したらどうなりますか?
(推定相続人は、その3人の子のみ)

その前に、早くから遺言をしかも、公正証書で
作成されていたというのには感心です。

まず、この問題のポイントは2つ。


1.言者よりも先に、その1人が亡くなった場合
2.遺留分の問題


1.に関しては、

相続人や受遺者が、遺言者の死亡以前に死亡した場合
(以前とは、遺言者より先に死亡した場合だけでなく、
遺言者と同時に死亡した場合も含みます。)、
遺言のその部分は失効してしまいます。

なので、そのような心配があれば、
予備的に、例えば、
「もし、Cが遺言者の死亡以前に死亡したときは、
その財産を、〇〇に相続させる。」
などと決めておけばよいわけです。

これを「予備的遺言」といいます。

しかし、今回の場合、過去に遺言を作っておられます。
なので、上記の内容を追加した補充遺言を
改めて作るのがオススメです。

ただ、この際に一般的に問題になるのが、
以前作ってから、もしかなり時間が経過していると、
遺言者が認知症になっている可能性もあるということです。

このような状態で、自分で書く「自筆証書遺言」
にしてしまうと、あとで遺言能力に問題があったのでは
という疑義が生じます。

ただ、公正証書遺言にすると、遺言者の会話などを
公証人も確認しますし、それで大丈夫と判断できれば、
作成することが出来ます。

できれば、そういう心配がないように、
補充遺言を作成するのではなく、
最初から予備的遺言を入れておくことが望ましいですね。


で、2.の問題ですが・・・

法定相続より遺言が優先されるとしても、
遺留分だけはどうしようもありません。


遺留分とは、簡単に言えば、
民法によって保証された相続人の最低限の取り分のことです。

これは遺言者(被相続人)の兄弟姉妹以外の相続人
にのみ認められ、被相続人の兄弟姉妹に遺留分はありません。

今回の場合、推定相続人が遺言者の3人の子なので、
この3人には遺留分があります。

遺留分の割合は、細かい算出方法は省略しますが、
相続人が直系尊属(遺言者の親)のみだと、
相続財産の1/3で、それ以外は、1/2です。

それを法定相続割合で割ります。

今回の場合、例えば相続財産が3千万円とすると、
その1/2で、1,500万円。

子が3人だから、3で割ると、1人500万円
ということになります。

遺留分を無視した遺言は、無効ではないんですけど、
遺言者が亡くなられた後、他の2人がCに請求したら
その時点で発生します。

つまり、遺留分を請求さらたら、いくら遺言に書いてあっても、
対応しないといけないんですね。


それを阻止する場合は、遺言者の生前に
あらかじめ遺留分放棄してもらうことも考えられます。

ただ、応じるかどうか・・・


なので、そうなっても大丈夫なように
遺留分だけは確保しておかないといけません。

Cが不動産も含めて全部相続したけど、
遺留分を支払うために、その不動産を
売らないといけないってこともあり得ます。


この場合の対策の1つとして、遺言者が受取人をCとした
終身保険に入っておくという方法があります。

生命保険は相続財産に含まれないので、
(相続税法は、みなし相続財産となるけど)
Cが受け取る保険金で遺留分を支払うことが出来ます。

ただ、遺言者がかなり高齢だと、それからの加入は、
ほとんど無理です。

「50、80喜んで」以上の年齢だと特に。。。


細かい部分は省略してざっくりと書きましたが、
やはり、元気なうちの早めの遺言、
そして保険の活用がいいですね。

それと、予備的遺言。
あとで、書きなおす必要が無くなりますからね。


今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ベスト10位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑100位前後をウロウロ
posted by こうたん at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

また遺言・相続セミナーの講師をやります

あなたのご訪問に感謝です!
滋賀県大津市行政書士をしてる
5時半起きの中島です。


今月の27日(土)に、また講師をやります。

「これだけは知っておきたい!相続・遺言の基礎知識」

という題目で、1時間弱ほどですけど。

場所は、「瀬田コミュニティ会館」で、11時から12時くらいです。

もうすぐしたら、チラシが入るかと。


これに関しては5回目の講師です。

そのうち1回は愛媛県の松山市でしたが、
他はすべて地元のセレマさん。

1時間弱なので、レジメのページ数は少ないですけど、
今回からは、希望者には小冊子プレゼントという形です。

小冊子といっても40ページ弱ほど。

ちょっと前にも、改良版を
近所の郵便局に見てもらったやつです。

今日、セレマさんの担当の方(Aさん)にお渡しようと思い、
昨日にもう一回少しの手直しをしてました。

お渡ししたのはさっきですけどね。


というのも、今日は知的資産経営報告書作成の
ヒヤリングに行ってたんです。
(明日も彦根のもう1社に行きますけど)

その帰りに渡しに行こうと思ったんですけど、
Aさんが僕の近所の医院に、ある方の付き添いで
いらっしゃったみたいで。


そのある方というのは、以前からAさんが僕に
紹介したいと仰ってた方でした。


なので、偶然にもその方とも
食事がてらお会いすることに。

その方というのは、ビックリするような
人脈をお持ちのある会社の社長さん。

お会いすると、腰が低くそれでいて勉強熱心な方。

印象としては、
「実るほど首を垂れる稲穂かな」です。

そのあと、その医院の先生も来られました。

かかりつけの医院の先生なので、
僕がいたことにもビックリされてましたけど。


単に小冊子をお渡しするだけだったのに、
こんなこともあるんですね。


それにしても最近はレジュメとか
よく作ってる感じです^^

今日も午前中あるレジュメを。

その話はまた別の機会に^^


今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ベスト10位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑100位前後をウロウロ
ラベル:行政書士
posted by こうたん at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

初めて見た「庶子」記載の戸籍

あなたのご訪問に感謝です!
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


今日の夕方、相続支援を手掛けている方から相談を受けました。

亡くなった方(被相続人)の配偶者(妻)は亡くなっていて、
子は4名で、うち2名が死亡。
その2名ともに子はいないので、相続人は、御存命の子2人。。。

のはずが、なんと被相続人に、婚外子がいました。

相続人の方も、戸籍を見るまでは
この事実は知らなかったようです。

でも、ここまでなら、よく?あることです。

その婚外子(非嫡出子)が認知されていれば、
御存命の子とともに相続人になります。

また、認知されている、されていないにかかわらず、
その婚外子の戸籍は母の戸籍に入っています。

そして、認知している場合は、父である被相続人の
身分事項欄にその旨が記載されています。

なので認知されているかどうかは、
被相続人の戸籍を見れば分かります。

ただし、その後に父が婚姻するなどの理由で
新たな戸籍が作られていると、その戸籍からは
認知の記載は移記されません。

だから、被相続人の出生から死亡までの
全ての戸籍を確認しないといけないわけです。

で、今回の件。

どこにも認知の記載がない!!


でも、その被相続人である父と婚外子の
2人だけの戸籍があったんです。
(つまり、父の戸籍に記載されていた)

そこには、出生届はその被相続人が出し、
婚外子の母の本籍等の記載もあり、
婚外子は「子」と記載しています。

これで、認知されていると判断できるのか??

ただ判例上、父親が嫡出子または非嫡出子として
出生届を出した場合には、認知届としての効力を有する
としています。(最高裁昭和53.2.24)


さて、この場合どうなんでしょう??


ここには、1つ大きな盲点がありました。


現行法ならそうなんですが、
被相続人である父と婚外子の2人だけの戸籍というのは、
家督相続などの旧民法・旧戸籍法上の規定によるもの
だったということです。

その旧法では、婚外子(=私生子)として「庶子(しょし)」
というものがあります。

この「庶子」は、父の認知を受けた私生子となります。

一般には、私生子として出生届がなされている子に対し、
後に父が認知の届出をすることにより、
私生子の身分が庶子と改められます。
そして、庶子は、父が戸主であれば父の家に入ります。

旧戸籍法第72条2項に
庶子出生ノ届出ハ父之ヲ為シ・・・
(庶子出生の届出は、父これを為し)

第83条には
父カ庶子出生ノ届出ヲ為シタルトキハ
其届出ハ認知届出ノ効力ヲ有ス
(父が庶子出生の届出を為したるときは、
その届出は認知届出の効力を有す)


ということで、旧民法の「庶子」は、
認知された非嫡出子と同じということです。

この結果、相続人は、御存命の子2人と
この「庶子」たる認知された子の3人と言うことです。


しかしこの旧法の庶子は、なかなかの盲点です。


今回のパターンは、初めて見たケースだったんですけど、
特に相続関係は、現行法だけでなく、旧法もかなり絡んでくるので
今回のような盲点も出てくるんですね。


今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ベスト10位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑現在、かなり落下してます(>_<)
posted by こうたん at 23:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

愛媛でも大成功!相続・遺言セミナー

あなたのご訪問に感謝です!
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


夕方に、愛媛から戻ってきました!

異動でちょっと疲れましたねあせあせ(飛び散る汗)

さて、愛媛県は松山市の某葬祭業の会社さんが主催の
今回の「相続・遺言セミナー」。

90分のセミナーだったけど、お陰さまで、大成功でした!
(5分オーバーしたけどあせあせ(飛び散る汗)


ご参加して下さった方は40名。

この会社の会報で募られたところ、
定員をオーバーして、お断りされた方もおられたそうで。

セミナーの様子↓
相続・遺言セミナーin愛媛

相続・遺言セミナーin愛媛

相続・遺言セミナーin愛媛

非常にご熱心に聞いてくださり、感謝です。

また、18名の方にご感想も頂きました。

その中から一部抜粋

◆伊予郡 T.K様(女性)
セミナー参加者の声
わかりやすく、ユーモアをまじえての説明していただき、
今後ゆっくり考えたいと思います。

◆松山市 I.K様(女性)
セミナー参加者の声
いろいろ参考になりました。
相続のこと等、考え直して出来ることやります。
中島先生、月心友の会ありがとうございました。

◆松山市 O.A様(男性)
セミナー参加者の声
非常に参考になりました。
今後も内容を変更しながら、セミナーを実施
してもらえれば助かります。

◆伊予郡 T.A様(男性)
セミナー参加者の声
大変有効なお話をありがとうございました。
非常に参考になりました。
わかりやすかったです。
遺言書の例文があれば、なお良いと思います。


◆松山市 N.Y様(男性)
セミナー参加者の声
大変勉強になりました。
(特に相続税、遺言の件については参考になりました。)


◆松山市 T.H様(女性)
セミナー参加者の声
本日はありがとうございました。
良く分かりました。参考にしたいと思います。

◆松山市 M.T様(女性)
セミナー参加者の声
わかりやすくお話いただいたので、来て良かったと思いました。


◆松山市 H.T様(男性)
セミナー参加者の声
法律相談、大変良い勉強になりました。
具体的に質問することが出来まして、自身がつきました。
問題をなくするためには、遺言が必要だと言う事が確信しました。
(※僕らが【法律相談】という形ではお受けできませんが、
一般の方からすれば、書類作成に関する相談も一緒ですね。)

◆伊予市 H.M様(女性)
セミナー参加者の声
まだまだ不明な点もありますが、分かりやすく説明
していただき勉強になりました。
これからももう少し勉強していきたいと思います。
今までむずかしい事は面倒で避けてきましたが、
最低限の知識は身につけておこうと思います。


◆松山市 Y.T様(男性)
セミナー参加者の声
相続遺言も大変だということがよく分かりました。
80才となりましたので、相続関係を検討しています。


◆松山市 M.A様(女性)
セミナー参加者の声
大変わかりやすくお話して頂き・・・ありがとうございました。
個人的にもお話しさせてもらい遺言書の大切さを知りました。
本当にありがとうございました。


その他、多数のご感想をいただきました。


G社のK社長はじめ、G社の皆様、
仲介して下さったO様、そして
ご参加して下さった皆様、
本当にありがとうございました。

今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ベスト10位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑現在、またまた100位前後に落下^^;こちらは強豪ぞろいだわあせあせ(飛び散る汗)
posted by こうたん at 23:17| Comment(8) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

愛媛でセミナー講師をすることに!

あなたのご訪問に感謝です!
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


以前あるセミナーに参加して、その時の講師の方と
6月末にお会いしました。

びわ湖放送の生出演で大津に来られ、
その方の出演が終わってからお会いしたんですね。

その時、僕の業務について聞かれて、
そのひとつとして相続・遺言のお話をしたんです。

すると、ものすごく反応されて、
「その話、ちょっと他でもしたってくれへんか」
ってことに。

その後、今度、冠婚葬祭系の会社で
相続セミナーをするお話をしたら、
その方が、愛媛の冠婚葬祭系の会社の知り合いに
僕のことをお話しされたんです。


実は、その方は大阪でコンサルタントを
されている方なんですが、
愛媛の某大学でも非常勤講師をされていて、
愛媛の会社とのネットワークもかなりあるんです。

で、愛媛で同様のセミナーをする話が
具体的に進んでいて、秋ごろになるという話に。


で、今日その方から電話がありました。

有無を言わさず、今月23日に決定です(笑)


ということで、急きょ

10月23日に愛媛で『相続・遺言セミナー』の講師

をすることになりまいた。


地域戦略的には、おかしな話ですけど、
前職以来、久しぶりに愛媛に行ってきます。


セミナーの講師をされた方から仕事を頂いたり、
一緒に仕事させていただいたり、
良いつながりを持たせていただいたりと、
ありがたいことが多いです。

しかし、縁ってすごいですね。

感謝しかないです!


今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ベスト10位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑現在、またまた100位前後に落下^^;こちらは強豪ぞろいだわあせあせ(飛び散る汗)
posted by こうたん at 22:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

大盛況!相続・遺言セミナー

あなたのご訪問に感謝です!
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


シルバーウィークの初日。

今日は、冠婚葬祭系の会社の「セレマ」さん主催で、
相続遺言セミナーの講師をしてきました。

結局、参加者は61名。

凄い集客ですね。
今回は多いときの倍ぐらいで、最多だったそうです。

人数も多かったので、ものすごく熱気がありましたね。

こんな感じです^^

090919相続セミナー1.jpg
↑ちょっとピンぼけですが。。。

090919相続セミナー3.JPG 090919相続セミナー4.JPG

限られた時間内で、できるだけわかりやすく、
笑いも入れつつ、具体事例も入れてお話ししました。

笑いその1(言い方もありますが)

「相続人ではない人が
シャシャリ出て来ることがありますよね〜
・・・長男の嫁ッ!っとか」

笑いその2 (これも言い方とかありますけど)

図を描きながら代襲相続の説明。

子の子ども、でその子どもも亡くなってたらさらにその子。
で、その人も亡くなっ・・・
(てたらその子と言いかけて辞める)・・・


みなさん熱心に聞いてくださり、
大きく頷かれたり、とても反応も良かったです。

親しみやすく感じていただけたのか、
終わってからもすぐに数名の方が相談に来られたり、
具体的に料金をお聞きなられたり。


昨日のチラシ画像でもお気づきかと思いますが、
昼食会付きなので、セミナー終了後は、
参加者の方々と一緒にお食事もしました。


たまたま同席になった方から、
「凄くわかりやすくてよかったです」
との声を頂きました。

なんでも、チラシを見て、
一度そういう専門家と知り合いたかったとのこと。

なにか相談するにも、頼みにくいし、
いくらかかるかわからないし、
それより、誰に聞けばいいのかわからない。。。

で、今回たまたま僕と言う存在を知っていただき
また親しみやすく感じてもらえたそうです。

レジュメと一緒にお配りしたプロフィールも読まれて
より親近感が沸いたそうです。

セールスで1500万円売った実績があるから
話もわかりやすかったんですねとも言われました。
(ここに興味を持たれる方もいらっしゃるわけで)

ありがたいことです!

自分で言うのもなんですが、
若くて親しみやすいというのが「強み」ですね(笑)

そのあとも、数名からご相談でお声が。

お話させていただいて、今度書類とかもって
相談に行きますとも仰ってくださいました。

全員とお話しすることは不可能ですが、
皆さんにご満足していただき、
また遺言の必要性・重要性を知っていただけて
とてもよかったです。

また、行政書士を身近な専門家として
知っていただけたことにも意義があると思います。

これですぐ仕事に結び付くとかではなく、
行政書士が身近な存在だと知ってもらい、
さらに遺言の必要性を感じていただければ
幸いですね。


セレマさんはじめ、参加者の皆様に感謝ですぴかぴか(新しい)


P.S.
帰ってからICレコーダーに録音しておいた
自分の音声を聞きました。

まだまだ改善点はあります。


今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ベスト10位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑現在、またまた100位前後に落下^^;こちらは強豪ぞろいだわあせあせ(飛び散る汗)
posted by こうたん at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

「相続法の知識」研修にて

あなたのご訪問に感謝です!
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


今日は午後から行政書士会の支部研修で、
県外の外部講師を招いての「相続法の知識」
という研修会に参加してきました。

今後の業務をしていくうえで、
何か実務上のヒントが得られるかな
と思って参加したんです。

35名ぐらいの滋賀県の行政書士が参加して、
年齢的には、僕が3番目に若かった感じですね。

3時間の研修会だったんですけど、
六法持参でレジュメに沿って、
民法条文を確認しながらの研修。

基本知識の確認・整理になりました(笑)

内容としては、
 1.法定相続
  1-1 相続の開始
  1-2 相続人
    (1)相続人
    (2)欠格
    (3)廃除
  1-3 相続財産
  1-4 法定相続分
  1-5 具体的相続分
 2.遺言
  2-1 総則
  2-2 遺言の方式
  2-3 遺言事項
  2-4 遺言の執行
  2-5 遺言の撤回
 3.遺留分
と、以上のことについて六法で確認しながら
説明も交えての3時間でした。


もっとも、行政書士試験において、
民法の比重が大きくなったのはここ数年。

だいたい平成16年度以降で、
僕が最初に受験した平成18年度以降は、
さらにそのウェイト・難易度が高まってます。

そして、ここ数年の全体の合格率も5%前後です。

なので、それ以前の合格者と比べて、
個別に勉強された方は別にして、
民法知識は格段に違うわけです。
(20年の公務員経験者は試験そのものがないですけど)

そういうわけで、僕的には基礎の確認でした。

でも、研修の構成とか順序など
僕がセミナーをする際の今後の参考になったわけでひらめき


今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ベスト10位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑現在、またまた100位前後に落下^^;こちらは強豪ぞろいだわあせあせ(飛び散る汗)

こちらも参加中^^;
blogram投票ボタン
ラベル:行政書士
posted by こうたん at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

大好評!!相続・遺言セミナー

あなたのご訪問に感謝です!
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


今日は4つの予定をこなし、
一日中休みなく動き回ってました。

朝一で、いろいろ確認のため保健所へ。
その足で昨日お伝えしたセミナーに。
休む間もなく立命館大学へ。
そして最後に知的資産経営のヒヤリングで
クライアントさんのところへ。

で、今日はそのセミナーの様子を。


冠婚葬祭のセレマさんが主催です。

場所は大津市の瀬田駅前にある
瀬田コミュニティ会館

今回はポスティングもされ、その効果もあってか、
30名以上の方がお越しになられました。

また来られた方も、僕の事務所に近い方も含め、
この会館から近い方々でした。

セミナーは、ホールに隣接する別館です。

090805_相続セミナー

限られた少ない時間でしたが、
ご年配の方を中心に30人程の方皆さん
熱心に聞いて下さいました。

ありがたいことです。

ただ、その様子をデジカメで納めてもらうのを忘れたがく〜(落胆した顔)

大失態ですあせあせ(飛び散る汗)


で、お話した内容は基礎の基礎で、以下の内容です。

1.相続人は誰?
2.法定相続分は?
3.遺言について
4.遺留分って?
5.遺言の種類は?
6.遺言を書く必要があるとき
7.葬式費用の扱いは?


下手すると暗い雰囲気になりがちです。

ですが途中笑いも誘い、爆笑ももらいつつ、
終始明るい雰囲気でできました。

(正直、ご年配の方にもウケてホッとしてます^^;)

所長さんにも、明るい雰囲気でよかったです
と、評価していただきました。

ちなみにこの所長さん。
なんと、ゴルフもプロテスト合格された
本物のプロでもありました!
これもビックリですexclamation

また、終わってからも数名の方から
質問をいただいたり、さらに突っ込んで、
依頼した場合の料金なども聞かれ、
皆さんのお役に立ててよかったです。


さらに、3人の営業の方とも
ご挨拶させていただきました。

そのうち女性お2人はペアで、
僕の近所を担当されているらしいんですね。

しかもお2人とも、お住まいも僕の近所みたいです。

その方達からも、
「お客さんから相続の件でご相談を受けたら
お願いしてもいいですか」とのこと。

勿論ですともぴかぴか(新しい)

やはり地域密着っていいですねるんるん


確かに相続系の話って、デリケートな部分もあります。

でもそれを怖がらずに、あえて笑いも入れ、
その中で、予防法務の重要性を
お伝えできたのがよかったと思います。


そして、こういう機会を提供してくださった
セレマさんにも感謝ですね。


来月9月19日(土)も11時から
同じ場所で行います。

今度は料金表も配布しないとひらめき


今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ベスト10位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑現在、またまた100位前後に落下^^;こちらは強豪ぞろいだわあせあせ(飛び散る汗)

こちらも参加中^^;
blogram投票ボタン
posted by こうたん at 22:08| Comment(6) | TrackBack(1) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

明日はセミナー講師

あなたのご訪問に感謝です!
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


梅雨が明けたら、やっぱり暑いexclamation×2

朝8時過ぎで30℃以上あって、
モーニングセミナーの帰りに車に乗り込むと、
車の中は朝なのにアツアツあせあせ(飛び散る汗)

熱中症には気を付けてくださいませぴかぴか(新しい)


そのモーニングセミナーの様子はまた。


明日は前にもお伝えしたように、
『相続・遺言の基礎セミナー』の講師をします。

セレマさんの担当に聞くと、
25,6人が来られるそうです。

時間が限られているんで、
ホントの基礎的なことだけになりますが、
わかりやすさを意識して頑張りますグッド(上向き矢印)

ちなみにこれ↓が自作テキスト
090804_相続テキスト


前職でも、新人の商品研修で講師役もしてたし、
大学のゼミで宝石関連のセミナー経験もあるし、
人前で喋るのは、昔から経験があるんで慣れてるけど、
でも、やっぱり最初の数分は緊張しますね。

喋り出したら波に乗ります(笑)

とにかく、いかにわかりやすく伝えることができるか、
これを意識してやってきます。


今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ベスト10位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑現在、またまた100位前後に落下^^;こちらは強豪ぞろいだわあせあせ(飛び散る汗)

こちらも参加中^^;
blogram投票ボタン
posted by こうたん at 22:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

プチ相続セミナーのチラシ

あなたのご訪問に感謝です!
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


今日は皆既日食の日。

皆さんは見られました??

その時間帯は、こちらは曇り空で、
関西でもなんとか部分日食が見れたようです。


で、僕は・・・

ちょうど来客中で見れませんでした^^;


そのお客さんというのが、以前知り合った
冠婚葬祭系の会社の方です。


その会社は、定期的に葬祭見学会というのをやっていて、
以前にも書きましたが、そのオプションで、
僕が相続・遺言セミナーをするんです。

限られた時間なので、
ホントの基礎の基礎って感じですけどひらめき


その集客のためのチラシを作られて、
それをポスティングされるんですが、
今日はそのチラシを持って来て下さいました。

ちなみにポスティングを請け負うのは、
僕がご紹介したんですが、
懇意にさせて頂いてるアルバ通信(株)さんです。

で、そのチラシがこれ↓
090722チラシ_ページ_1090722チラシ_ページ_2

ちなみに8月5日(水)と9月19日(土)です。


相続に関して、まだまだ間違った認識や誤解も多いですね。

例えば、「長男が優先する」とか、
「相続人が誰か」といったこととか・・・

少しでも理解をして頂ければ幸いです。


お葬式のこととか相続のことなど、
デリケートな問題です。

でも、デリケートなことだけに、
今から準備しておくことが大切ですねひらめき


先日、ブログ仲間のるみまるさんも紹介していたんですが、
そういった問題とかをわかりやすく書いた本があります。

金持ち相続貧乏相続 トラブルにならないための賢い相続入門

金持ち相続貧乏相続
トラブルにならないための賢い相続入門

  • 作者: 21世紀セカンドライフ研究会
  • 出版社/メーカー: ゴマブックス
  • 発売日: 2009/06/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



前半は、トラブルにならないための、
また、いざという時に困らないための相続など
公正証書遺言のススメも含めて書かれています。

後半は、葬儀業者の選び方や、臨終から通夜・葬儀など、
時系列的に流れに沿って、その内容や必要な知識など
詳しく書かれています。


やはり、そういったことを生前から準備しておくことが
残される家族への心遣いですねぴかぴか(新しい)

デリケートな問題だけになおさら本人が
意識することが大事です。

結婚や出産はある程度前もってわかります。

でも人の死はいつ来るかわかりません。

だから余計に前もった準備が必要なわけで。


僕だって明日突然死ぬかもですし・・・がく〜(落胆した顔)


というか、その前に結婚か(笑)


今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
ランキングがズルズル落ちてますあせあせ(飛び散る汗)恵みのクリックをひらめき
おかげさまで、15位以内に復活。感謝です!

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ←おかげさまで、80位前後まで上昇^^;

こちらも参加中^^;
blogram投票ボタン
posted by こうたん at 23:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

M・ジャクソンも遺していた

あなたのご訪問に感謝です!
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


ここ数日は、歴史的スーパースターだった
マイケル・ジャクソンの報道ばかりですね。


その中でも大きく取り上げられたのが、遺言。

詳しく記事などを見てないけど、
用意周到に書かれているという印象です。


元妻や実父や兄弟が意図的に外されてる・・・


アメリカでは遺言がない場合は、州の法律で
相続人が決められているようです。

そして、日本ではまだまだその重要性が
浸透し切れてない感があるけど、
アメリカでは多くの人が遺言を書くそうです。

しかもアメリカでは遺留分もないそうで。


で、話を戻すと、元妻は最初から相続人ではないですね。
勿論日本でもそうですけど、配偶者は現在の配偶者です。

しかも法律上の配偶者で、内縁の妻に相続権はありません

ただ、元妻や内縁の妻にも財産を残す場合、
遺言で遺贈するということになります。

なので、遺言がないとこの人たちには一切ないわけで。

で、M・ジャクソンは元妻には遺言でも
何も残さなかったんですね。

養育権で怒ってるようですけど。

ただ、元妻の狂気に満ちたコメントを見ると、
確かに!(DAIGO風)・・・て感じですけど。


で、子がいないと、親に相続権が発生します。
ただし子がいないって言うのは、実の子に限らず、
養子縁組した子や認知した隠し子も
いないってことです。

さらにそれらの子の下にも子が居ない場合です。
孫もひ孫もさらにその下・・・がいない場合、
やっと親に相続権が発生します。


M・ジャクソンは、自分が死んだ時に
母やマイケルの子たちが亡くなったりして、
遺産の相続が果たせなくなった場合も考えて、
実の父に相続させないようにしてますね。

また、自分が死んだ時に子が未成年なら、
母を未成年後見人とし、その母もなくなっていた場合、
ダイアナ・ロスを指名しています。

つまり元妻ではなく、母かダイアナ・ロス。

だから養育権で元妻が怒ってるんですね。


また、子も親もいない場合は兄弟に相続権が発生しますが、
それも想定して、兄弟にいかないようにして、
その場合の権利者を指名してます。

まぁ莫大な財産なだけあって、かなり細かく、
そして強い思いで遺言を遺したんだなぁって感じですね。


ただ資産家とか関係なく、遺言の中で、
ある程度いろんな想定をして盛り込んでおくのは
大事なことです。

「財産をすべて妻に相続させる」
というような遺言の内容でなく、相続発生時に
その妻が亡くなっていた場合はどうするのかって
いうのも書いておくとより良いですね。


確かに遺言は何度も撤回できるし、
書き直しができるけど、それでも、
色んな事を想定しておくといいと思います。


アメリカの遺言の方式はよく知らないけど、
日本ではかなり厳格なので、自筆の遺言だと、
方式不備で無効になる可能性もあるんで、
できれば公正証書遺言がいいですね。


やはりこの仕事してると、M・ジャクソンの報道でも、
この部分に興味がいくわけで・・・わーい(嬉しい顔)



ちなみに8月5日と9月19日に
某冠婚葬祭系の会社で行われる
お客様向け見学会・説明会で、
相続セミナーをすることになりましたひらめき

また後日紹介しますぴかぴか(新しい)



今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ←120位前後をうろついてます^^;

こちらも参加中^^;
blogram投票ボタン
posted by こうたん at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

死ぬときに後悔すること

あなたのご訪問に感謝です!
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


今日は早朝はものすごく激しい雨。
その雨音の大きさで、少し早く目が覚めました。

と言いつつ、5時半まで2度寝しましたけど(笑)


さて、今日は朝から、ありがたいことに
一通の情報メールを頂きました。


栢野さんも認める滋賀県NO.1ポスティング会社の柿添さんからです。


紹介の元ネタは、僕も知らなかったんですけど、
主婦マーケット専門のマーケティング会社の
(株)ハー・ストーリィ日野佳恵子社長という方のブログだそうです。

で、以下がその柿添さんのメールより(一部改変)


『死ぬときに後悔すること25』

末期医療の現場で、1000人の死を見届けた
医師が書いた本らしいです。

人は、死ぬ間際にこんなことを後悔しています・・・
というサブタイトル。

で、その25が以下↓

・健康を大切にしなかったこと
・たばこをやめなかったこと
・生前の意思を示さなかったこと
・治療の意味を見失ってしまったこと
・自分のやりたいことをやらなかったこと
・夢をかなえられなかったこと
・悪事に手を染めたこと
・感情に振り回された一生を過ごしたこと
・他人に優しくなれなかったこと
・自分が一番と信じて疑わなかったこと
・遺産をどうするかを決めなかったこと
・自分の葬儀を考えなかったこと
・故郷に帰らなかったこと
・美味しいものを食べておかなかったこと
・仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
・行きたい場所に旅行しなかったこと
・会いたい人に会っておかなかったこと
・記憶に残る恋愛をしなかったこと
・結婚をしなかったこと
・子供を育てなかったこと
・子供を結婚させなかったこと
・自分の生きた証を残さなかったこと
・生と死の問題を乗り越えられなかったこと
・神仏の教えをしらなかったこと
・愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

その本がこれ↓

死ぬときに後悔すること25―1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた

死ぬときに後悔すること25
―1000人の死を見届けた
終末期医療の専門家が書いた

  • 作者: 大津 秀一
  • 出版社/メーカー: 致知出版社
  • 発売日: 2009/05/25
  • メディア: 単行本





ただ一つとして、成功とかお金(遺産は出てきます)
といった言葉がないんですね。

その大津医師は、
「後悔しない人生を歩んでください」
と結んでいるそうです。


僕も仕事柄、また親戚の件もあり、
・生前の意思を示さなかったこと
・遺産をどうするかを決めなかったこと
・自分の葬儀を考えなかったこと
などの後悔がないように、
遺言の重要性を機会があれば訴えてます。


しかし、それだけでなく、
この25のことは深いですね。

人の死はいつやってくるかわかりません。

冠婚葬祭の中でも、唯一、
前もってわからないことではないでしょうか。

地震と同じで、起きてからでは遅い・・・


僕も、後悔しない人生を歩みたいです。


会社辞めて、無謀にもこの世界に飛び込んだのも、
1つはそうなんですけどね。


今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ←120位前後をうろついてます^^;

こちらも参加中^^;
blogram投票ボタン
ラベル:行政書士
posted by こうたん at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

明日はプチセミナー講師です

いつもご訪問ありがとうございます。
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


昨日、中央会の電話がかかってくる前に、
先日知り合った某冠婚葬祭系会社の方からも
1本の電話があったんです。

明日行われるその会社のある説明会で、
「相続系のセミナーをお願いします」
という内容です。

「ひょっとしてお願いするかもしれません」
という状態だったんですが、急きょ決まったんです。

8月ぐらいからの予定でお話を頂いてたんですが、
いろんな都合で明日させていただくことに。

時間的には短い時間なので、
「これだけは知っておきたい相続の基礎」
って感じです。


ちなみにこの会社、折り込みチラシで
集客をしているそうなんですが、

方法も変えて、ポスティングもしてみよう
という話になったそうで、

それだったらと、僕が親しくさせてもらている
滋賀県NO.1ポスティング会社の柿添社長を
ご紹介させて頂いたとこだったんですね。

いろんな縁で、いろいろ繋がっていきますぴかぴか(新しい)


今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ←100位前後をうろついてます^^;
ラベル:行政書士
posted by こうたん at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

兄弟姉妹が多いと大変:相続レクチャー

いつもご訪問ありがとうございます。
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


今日は久しぶりの雨でしたね。

空気が乾燥していたんで、ある意味恵みの雨ですね。

やはり、心も体もそして天気も、潤いが大切です(笑)


最近は相続系の仕事を連発でしていて思うことが。


それは、特に相続人が多い場合は、
遺言を作成しておくべきだということです。


1.相続人以外の人に財産を譲りたい場合
2.財産が不動産だけ、もしくはほとんどが不動産
3.相続人同士が疎遠

という場合はも勿論ですが、

4.子どもがいない場合は絶対です!!


何故かという前に、

まず、配偶者がいれば、その配偶者は常に相続人です。

そのうえで、
 ・第一順位・・・子ども
 ・第二順位・・・親
 ・第三順位・・・兄弟姉妹

が基本で、子どもがいれば、
第二順位・第三順位に相続権はありません。


さらに代襲相続(だいしゅうそうぞく)といって、
第一順位の子どもが、先に亡くなっていた場合、
その子どもの子ども(つまり孫)が相続人です。


さらにその下は永遠に(論理上)代襲相続です。
再代襲、再々代襲、再々々代襲・・・ってことです。
(って、何歳やねんって感じですけど)


この第一順位がない場合に、初めて第二順位の親が
相続人になります。


しかし、いわゆる子ども(その下も含む)がいないから
第二順位に相続権が発生するんではありません。


養子縁組してたら、これも子どもです。

また、配偶者以外の子など認知した子がいたりしたら、
その子も第一順位です。

もちろん、配偶者の間にできた子どもでも、
認知した子に相続権があります。

ただ、この場合は、認知した子の法定相続分は
配偶者の間にできた子どもの半分ですが。


で、こういう子どもが全くいない場合に
初めて第二順位の親が相続人になります。


で、その親も先に亡くなっていた場合、
(順番的には普通ですが・・・)
その親の親(つまり、祖父母)が相続人です。


第二順位の場合はここまでで、
第一順位・第二順位がいないときにやっと
第三順位、つまり兄弟姉妹に相続権が発生します。


この時に、その兄弟姉妹が先に亡くなっていた場合、
その兄弟姉妹の子ども(つまり甥っ子・姪っ子)が
代襲相続により、相続人になります。

ただ、第一順位の時と違い、兄弟姉妹の場合、
代襲相続はここまでで、再代襲はありません。


で、遺言がない場合、遺産分割協議をするわけですが、
その際に相続人全員の協議が必要なんです。


そして全員の合意です。1人も欠けたら無効です。


そして、全員の戸籍を集めないといけません


また第二順位が相続人の場合だと、戸籍で
第一順位がいないことを証明しないといけないんです。

第三順位、つまり兄弟姉妹が相続人だと、
第一順位と第二順位がいないことを
戸籍で証明しないといけません。

そうやって、その方が相続人だということを
証明する必要がある
んですね。


もうお分かりだと思いますが、
先ほどの4.の場合、戸籍を集めるだけでも
大変なのがお分かりだと思います。


まして第三順位の兄弟姉妹が相続人だという場合、
さらに大変だということは、火を見るより明らかかと。


そして、戸籍を揃えたとしても、遺産分割協議は
全員の実印が必要です。

まして、それぞれ遠い所だったりしたら・・・

これ以上言わなくても、もう大変なのはお分かりですね。


でも遺言があると、極端な話、
こんなことしなくていいわけです。


僕たち行政書士は、必要な戸籍を取ることができます。
勿論、遺産分割協議書の作成など手続きをしてあげれます。
(相続人間で争いがあれば別ですが)


でも・・・


遺言の必要性を、少しは感じていだけましたでしょうか?



今回はかなり長くなったので、
また1.〜3.の場合については後日ってことで^^;



ちなみに、配偶者&兄弟姉妹が相続人という、
もっとも大変なバージョンが2件続いてます。


戸籍だけでもかなりの量ですあせあせ(飛び散る汗)


今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
posted by こうたん at 23:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

いろいろ出てくる〜:遺言のススメ

いつもご訪問ありがとうございます。
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


石川遼君、残念でしたねぇ。

あっ、ゴルフのマスターズです^^

僕は昔から見ていて、高校生の時は、
始業式に遅刻してましたあせあせ(飛び散る汗)

起きてテレビを点ける前に、
母に言われたので、ガッカリですふらふら


さて、今日は午後から遺言の原案作成のため、
聞き取り・確認をしに訪問してきました。


予め、不動産の登記簿謄本を取得しておいたんですが、
1つだけ先代のままの名義のものがありました。


ご本人も気付かず知らなかったことです。

昔の家だと、1つの土地の上に、外見は1つの建物でも、
登記簿上はいくつかに分かれてたりします。

居宅と物置に分かれてたり、「離れ」があったり・・・

その後、改築して外見上1つの建物に見えてる・・・

今回は建物が登記簿上3つに分かれてて、
2つはご本人の名義に変わってましたが、
1つだけ先代のままで、宙ぶらりんでした。

遺言を作成するってことで、わかった事実です。


また、預貯金の確認をしてると、
ご本人がその存在を忘れてて、
何年もほったらかしのものがありました。

今回は、郵便貯金でした。
金額は少ないものの、10年以上前に作って以来、
そのままほったらかしでした。

そう言えば昔作ったわ〜。

色々まとめて入れている箱から出てきたんですが、
貯金カードも新品のままでした。


さらには、付き合いで何口か買った(出資した)
組合の出資証券。

これも25年も前のものでした。

出てきて思い出されたんですね。

おかげで整理ができてよかったと仰ってました。


遺言を作成するということで、
確認のために引っ張り出してきたんですが、
いろいろ出てきますね。

ご本人ですらお忘れになっているものもあるぐらいだから、
遺言も何もなくお亡くなりになられたら、
相続人の方は、さぞかし右往左往することでしょうね。


そういう意味でも、遺言を作っておくということは、
残された方のことを思うと重要なことだと思います。


自分の財産をどう分けたいのか、
また、コイツには相続させたくないとか、
遺言がなければ、法定相続分です。

そして、亡くなって初めて現れる、
見たこともない相続人もいたりします。

いわゆる「笑う相続人」です。


そういうことも含めて、亡くなってから初めて知って、
右往左往することのないようにも、
遺言を作っておくことは重要ですね。


そして、自筆でするより、少し費用が掛かるものの、
やはり公正証書遺言がいいです。


ご本人ですらお忘れになってる
通帳とかがあるぐらいだから、
改ざんされないように隠した遺言は、
発見されにくいですし・・・

遺産分割したあとに、遺言が出てきたぁ
なんてことになったら、また右往左往ですふらふら


そんなわけで、是非お元気なうちに、
公正証書遺言を作っておいて、
のびのび老後を過ごすのがいいと思いますひらめき


今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
posted by こうたん at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

東洋経済

いつもご訪問ありがとうございます。
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


毎週月曜日に発売される「週刊 東洋経済」。

3月9日の新聞広告でその特集に惹かれ、
買おうと思っていたんですが、
本日やっと購入。

前に買いに行ったら、
「今週号は人気でして・・・」と
すでに売り切れ。

で、今日わざわざ大きな書店に買いに行ったんです。

その特集とは・・・

『相続〜「いざ」という時のコスト超入門』


まだ全部は熟読できてないけど、
かなりの内容ですひらめき


相続・遺言ってデリケートな問題ですが、
やはり「備えあれば憂いなし」、「転ばぬ先の杖」。


また僕ら行政書士としても、
公正証書遺言をお勧めします。


特に、

「うちは、財産って家ぐらいしかないし・・・」

とか、

「子供たちは仲がいいから・・・」

とか思っておられる方は、

配偶者やお子さんのためにも遺言書を
元気なうちに残しておくべきですね。

まして、お子さんがいない場合は尚更です。


想定外の相続人が現れるかもしれませんし、

想定外の争い=争族・争続になりかねませんし・・・

昔と違い、最近は権利意識も強いですしね。


ただ、近所の本屋さんが言っていたように、

「人気で売り切れ」ってことは、

やはり言葉には出さないものの、
関心がある方が多いということでしょう。


ちなみに、バックナンバーも取れるそうなので、
是非見てみてはいかがでしょうぴかぴか(新しい)




明日は早起きの人、多そうですねわーい(嬉しい顔)


WBC・・・


どうなるでしょう???


今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
posted by こうたん at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon等↓で発売中!
https://amzn.to/36H3pex

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪