任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
https://amzn.to/36H3pex

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2008年01月16日

またまた偽装発覚!

耐震偽装、食品偽装、偽装請負、その他各種の偽装・・・
今度は古紙率偽装の発覚って。
次はどの業種の偽装が出てくるのか。

しかし、一体この偽装の発覚はどこまで続くんでしょうか?
しばらく続くのではないかと思います。

おそらく、公益通報者保護法などの法整備も含め、以前と比べて内部告発をしやすい環境になり、また消費者の目も一段と厳しくなったのが一因ではないかと思います。
(もっとも公益通報者保護法でも内部告発者の保護が十分かというと問題もありますが)

企業も「バレなければいい」という今までの企業風土から早く脱却しなければならないでしょう。「バレた」時のリスクがかなり高くなってきてますからね。

ただ、発覚した企業がそのまま倒産等になった場合、その企業で働く従業員の雇用問題に関しては、まだまだ不十分だと思います。

ただ、官僚等に対する内部告発の制度は、もっと精度を高めないといけないと思うのは僕だけでしょうか?
使われているお金は、我々が搾り取られた税金ですからね。

まだまだ自分達が知らないうちに騙されていることがあるんでしょうね。

今後はちょっと為になる法律知識も、少しずつアップしていきたいと思います。
posted by こうたん at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業前日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。