ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】
※ 無料相談は受け付けておりません。


2022年08月03日

最低賃金1,000円以上になると。。。

いつも見てくださって感謝です!
6月からは基本マスクはしていない
行政書士界の冴羽獠と称される中島です(笑)

尾身会長の機能の緊急提言でも
「コロナを普通の病気と同じに」
と言ってたけど。

初や重症化リスクが高かった場合は
必要やったやろうけど。
 
データも出そろい弱毒化し60歳未満の
重症化リスクもほぼ0になった現状は、
もう以前とは違うしね。
 
それはさておき、表題の件。

一昨日、2022年度の最低賃金の目安を
全国平均で時給961円にすると決めて
前年度比31円増というニュースがあった。

今後、最低賃金1,000円以上になると…

中小企業の現状と今後…
220727賃上げ&利益シミュレーション2.png

データもとはコレ。
【令和3年中小企業実態基本調査】

【令和3年中小企業実態基本調査の
3.売上高及び営業費用】



中小企業の経常利益率の平均は3.25%。

粗利益率26.9%=売上原価率73.1%で、
そこには労務費も含まれる。

なので、人件費率の平均10.5%に
売上原価の労務費平均9.1%を足して
人件費率19.6%に。

変動費は、売上原価率73.1%から
単純に労務費9.1%を引いて64.0%に。

そうやって出しためちゃ単純に出した
シミュレーションやけど。

戦略社長塾やセミナー講師をする際、
中小企業実態調査を基に中小企業の
現状の話もしている。

で、それを基に修正し、中小企業の
現状の損益の平均が左上。

原材料等の仕入価格が高騰し、、、
さらに最低賃金も上がると、、、、
13.2%以上値上げしないと、、、

雇用を生むどころか、、、
現状すら維持できない。
(それでも経常利益率は2.8%にdown)
 
雇われる側は、、、

賃上げして〜、でも価格は安く〜、
なんて言うてたら、自分の首を絞める。
 
経営者側は、
お客のために値上げしない、、、
なんて言うてたら、ほんまに首を絞める。
 

ザックリやけど目安になるかな。
しらんけど…


今日も読んで頂きありがとうござます!!

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】

行政書士ブログランキングに参加中(^^)/
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑愛のクリックを
ポチっと押して頂けると嬉しいですわーい(嬉しい顔)
1つランクアップしただけで、天国の母も
入院中時に大喜びでしたo(^o^)o

人気ブログランキングにも参加してます。
↓よろしければ、こちらもクリックを(^^)/
人気ブログランキングへ
↑は「マーケティング・経営」部門で、
只今、ベスト20位前後です(^-^)/

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon等↓で発売中!
https://amzn.to/36H3pex

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪