ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2019年10月30日

事業承継支援施策は経産省の一丁目一番地

いつも見てくださって感謝です!
気が付けば、1週間更新していなかった
行政書士界の冴羽獠と称される中島です(笑)

今は以前のように”毎日”に拘らず(^^;
それでも月に10回はキープしたいなと(^^;

さて、表題の件。

今日は午前中コレ。
20191030_095435.JPG

滋賀県事業承継ネットワークの会議に
行政書士会の経営部会長として参加。

いち早く情報とかキャッチできるのは
役得でもあるなぁと(^^)d

で、冒頭は近畿経済産業局の担当の方から
来年度の予算概算要求について説明。

その中で特に事業承継支援の施策を説明。

そこで担当がこう仰いました。

事業承継支援施策は一丁目一番地

参考までに、予算概算要求の一部を。
R2事業承継施策1.png
https://www.meti.go.jp/main/yosangaisan/fy2020/pdf/05.pdf

R2事業承継施策2.png

R2事業承継施策3.png

その他、経産省の予算概算要求は↓
【令和2年度経済産業政策の重点、概算要求・税制改正要望について】

中小企業、小規模事業者にとっては
事業承継は喫緊の課題です。

そこで国は5ヶ年計画を出しています。

時期が来たら考えようか…ではなくて、
今から取り組むのがいいです。

なぜなら、、、

補助金や税制優遇などの国の支援施策が
熱いうちに、取り組む方が得です。

もっとも、株式や不動産や設備といった
物的な「見える」資産の承継だけでなく、
「知的資産」承継も大事。

というか、、、

見えないからこそ、知的資産の把握と
承継前後の利活用での企業価値向上を
今から考える必要があります。

だから国も、自社の現状把握つまり、
知的資産の把握を最初にするべきと
言っています。

それもあり、滋賀県行政書士会として
事業承継での知的資産の支援に関する
研修会も僕が講師でします。

10/12の予定だったんですが、台風で
12/7に順延にしましたが(^^;

是非、支援施策が熱い今のうちから
考えてくださいね。


明日は午後から相談対応。

そして母の7回忌。。。
もう丸6年かぁ。。。

今日も読んで頂きありがとうござます!!

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】

行政書士ブログランキングに参加中(^^)/
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑愛のクリックを
ポチっと押して頂けると嬉しいですわーい(嬉しい顔)
1つランクアップしただけで、天国の母も
入院中時に大喜びでしたo(^o^)o

人気ブログランキングにも参加してます。
↓よろしければ、こちらもクリックを(^^)/
人気ブログランキングへ
↑は「マーケティング・経営」部門で、
只今、ベスト30位前後です(^-^)/

posted by こうたん at 23:17| Comment(0) | 事業承継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon等↓で発売中!
https://amzn.to/36H3pex

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪