任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
https://amzn.to/36H3pex

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2011年11月02日

前例がない!法務局でも意見が割れる

あなたご訪問に感謝です!
またまた1週間遅れのメール配信になってしまった
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。

今日のメール配信。

【「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法】
の著書でも有名な販促コンサルタントの岡本さんにも
誉められちゃいました(^-^)/

別に誉められたくて書いているわけじゃないけど、
素直に嬉しいですね。


さて、表題の件。

少し前に、株式会社設立で、種類株式を発行可能にする
パターンの定款について書きました。

種類株式を発行する際の「発行可能株式総数」の書き方
種類株式を発行する際は条分けするほうがいい
種類株式を発行する際に議決権をナシにする場合

で、今朝、法務局から電話がかかってきました。

登記事項の書き方の件です。


実は、法務局でも会社設立時に、種類株式の発行を
可能としているパターンは、前例がないとのこと。

今回の種類株式の内容は、完全議決なしの優先配当株式。

登記事項にどう記載するか。。。


なんと法務局内でも意見が割れてたそうです!


そこで、上級庁(大阪法務局)に判断を
仰ぐことになったそうで!


どうやら、今回の件が、前例のない実例を
作ってしまいそうです。

なんだか登記事項証明書を取るのが、楽しみになってきました^^

登記事項証明書を取得するのに、楽しみに思うなんて
ほとんどというか、あり得ないわけで(笑)

この結果、どうなることやら。

種類株式の発行は、今後も増えてくるかと。

そういう意味では、実務的にも参考になることなので、
結果が分かり次第、紹介したいと思います。


それにしても、知的資産経営の支援にしろ
前例のないことが好きなようで(笑)


さて、明日は米原に行ってきます♪

今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ありがたいことに、只今20位前後〜10位台のようです^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑お陰さまで、この激戦区で
今のところ30位前後と健闘してます(驚)




posted by こうたん at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社設立・会社法務・許認可 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。