ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2011年02月26日

知的資産経営報告書 進化?変化?

あなたのご訪問に感謝です!
書士会〜知的資産経営研究会と今日も一日中不在だった
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。


知的資産経営研究会も今年度は残り1回。

ここでは、最先端の情報や論理などを入手することができます。

なにせ、知的資産経営において日本を代表する
最強メンバーが揃っていますし。

そんな研究会の事務局でもあり、知的資産の名前が付いた
日本で唯一の公益法人(財)知的資産活用センター

そのセンターの事務局長の吉栖さんから
こんな評価を頂きました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
中島さん、先日のえふえむ草津さんの報告書、
(論理的にも、価値創造ストーリー的にも)
スーッと読めますね。

とても分かりやすくて、スマートというか
スタイリッシュというか、進化してますね。

企業のやっていることが、非常によく分かります。

それに配色もいいし、見える化、魅せる化の両面で
スッキリしていて、いい感じです。

でも、弱くなった一面も・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この吉栖さん。

現在、報告書の開示事例は、135社157冊あります。
http://www.jiam.or.jp/CCP013.html

開示する前に、すべて目を通されたうえでアップされます。

なので、その吉栖さんの言葉にも説得力があります。


そこでこの「弱くなった一面」が気になりました。

聞いてみると、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
昔のは、ダイナミックというっか荒っぽさがあって、
読んでいて「ん??」と引っかかるところがあった。

でも「なるほど!」という価値創造ストーリーに
なってましたね。

ある意味、大胆というか、苦労が見えたというか。

でもここ最近のは、引っかかりなく読めてしまう。
非常にわかりやすく、スッといくんです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昔といっても、最大1年半も経ってないわけで(笑)

ただ、こう仰りました。
「いままでどれぐらいされました?」


お答えすると、

「それぐらいされると、こなれてくるんですね。」


進化したのか変化したのか??


吉栖さんの言うスッキリさとダイナミックさは、
相反するものなんでしょうかね??


スッキリさとダイナミックさを持たせる。


う〜ん、けっこう難しいテーマかも。。。


ただ、そんな中でも一つ言えるのは、
これで完璧ということはないというと。

常に進化しなければなりません。


一方、最近の知的資産経営報告書の全体的な傾向として、
SWOT分析での落とし込みではないものになってきていること。

この辺は、研究会でもほぼ共通認識かと。

というのも、知的資産経営報告書が出始めた頃は、
SWOT分析等により、商品や技術の説明を
厚く説明された報告書が多かったそうです。

でも、今の傾向は、強みの連鎖や価値創造ストーリーを
意識したものになってきています。


つまり何故そうなるのか、何が結び付いてどうなっているのか。


東京から参加の中小企業診断士の五島さんとも
話していたんですけど、SWOT分析だけでは、そういった
強みの連鎖や価値創造ストーリーが見えにくいという点で一致。

(その他、ここでは書けない部分もありましたけど(笑))

もっとも、SWOT分析も重要な手法で、
知的資産経営においては、ヒヤリング等で
価値創造ストーリーに落とし込んだ後に
SWOT→クロスSWOTに落とし込むとより効果的。


さらに中森先生の言葉を借りれば、
弱みも記して、いかに強みに変換させるか、
もしくは、どんな知的資産を補ってその弱みを
小さくしていくかも表現できるといいとのこと。


知的資産経営報告書も、常に進化していくわけですね。


この進化に対応出来るために日々勉強ですけど、
こういう研究会での学びや人脈等のお陰で、
僕もレベルアップできます。


進化・変化するために大事な、いわゆる僕の関係資産ですね。


今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
只今25位前後のようです^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑最近は70〜80位前後をウロウロ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon等↓で発売中!
https://amzn.to/36H3pex

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪