ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】
※ 無料相談は受け付けておりません。


2011年02月23日

代襲相続:孫認めず 先に子死亡で遺言無効 最高裁初判断

あなたのご訪問に感謝です!
なんやかんやで事務処理に追われていた
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。


昨日のシステム動作確認をしたあと、
「Adobe Acrobat 10体験版」から「Adobe Acrobat 9 Std」へ
インストールのし直し。

その後は、後日送るのも含めた、
今月の売掛金の請求書作成・発行。

同時並行で、会計ソフトで昨年の記帳を
決算仕訳を含めて確認。


その間色々作業をしつつ、最後に
相続関係の書類を作成。


とっても地味〜な作業に一日です。

さて、その相続といえば、昨日ですが
こんなニュースが。

<代襲相続>孫認めず 先に子死亡で遺言無効 最高裁初判断
毎日新聞 2月22日(火)11時24分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110222-00000027-mai-soci
 親の遺言で全財産を相続することになっていた子が親より先に死亡した場合、孫が代わりに遺産を相続(代襲相続)できるかが争われた訴訟の判決で、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は22日、「遺言は原則無効となり、孫は代わりに相続できない」とする初判断を示した。

 同様のケースで、高裁段階で判断が分かれていたが、遺言は有効と主張した孫側の敗訴が確定した。

 訴訟では、金沢市内の土地・建物を所有する母親が93年、全財産を長男に相続させるとする遺言を作成したが、06年に長男が先に死亡。その3カ月後に母親が死亡した。

 長女が08年、亡くなった長男の子供3人を相手に「遺言は失効している」として、法定相続分に相当する2分の1の持ち分があることの確認を求めて提訴した。

 1審の東京地裁(08年)は「遺言は失効せず、長男の子供が遺産を相続する」と判断したが、2審の東京高裁(09年)は長女の請求を認めた。
 小法廷も「遺言に特別の記述がない限り孫に遺言の効力は生じない」と指摘し、長男の子供側の上告を棄却した。【伊藤一郎】


この結果が逆だったら「えぇっ!!」ってとこですが。。。


相続に関して、遺言があればそれが最優先です。

遺留分というものもありますが、
難しい事はさておき、法定相続分じゃない分け方も、
遺言に書いておけば、それが優先です。

ただ、事例のような場合、遺言が無効になるので、
遺言の起案や作成相談があった場合、僕らは
次のような予備的な文言を入れるよう提案してます。


「遺言者死亡以前に○○がなくなっていた場合は、
△△に相続させる。
遺言者死亡以前に○○及び△△がなくなっていた場合は、
△△の長男□□に相続させる。」

みたいな感じです。


現在進行中の相続手続きが一段落すれば、
その方も遺言を作るそうなのです。

その方の夫は以前に公正証書遺言を作られていて、
拝見させていただいたんです。

すると、予備的遺言がなかったのでご提案。

この際、一緒にすることになりました。

旦那さんは予備的遺言の追加で、奥さんは新たに遺言を作成。

この場合、公証役場での手数料は、
奥さんは手数料の取り決めどおりです。

しかし、旦那さんは遺言の撤回でもなく、
以前の遺言に追加するだけなので、
公証役場での手数料は11,000円と紙代です。


遺言・・・


「まだ死なないから」と放っておかず、
元気なうちに書いておくのがいいですね。

祝い事は予め分かっていますが、
悲しい出来事は突然起こりますしね。



今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
只今25位前後のようです^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑最近は70〜80位前後をウロウロ
posted by こうたん at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon等↓で発売中!
https://amzn.to/36H3pex

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪