ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】
※ 無料相談は受け付けておりません。


2010年12月12日

相続税最高税率55%に引き上げ

あなたのご訪問に感謝です!
今日もこもって作業をしていて、肩が凝ってる
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。


知的資産経営のヒヤリングのまとめをして、
報告書の原案の前段階の資料作成。

そのあと、株式会社設立の定款など書類の原案を作成。
発起人か法人で、全額現物出資というレアパターン。


ふぅ〜って感じです^^;


さて、昨日のブログでも触れましたが、
相続税の最高税率も50%から55%に。


相続税最高税率55%に引き上げ、政府税調方針
YAHOO!ニュース
読売新聞 12月12日(日)2時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101212-00000091-yom-bus_all
 政府税制調査会は11日、2011年度税制改正で、相続税の最高税率を現行の50%から55%に引き上げる方針を固めた。

 相続する財産額から差し引いて税金を安くする基礎控除は、定額部分を5,000万円から3,000万円に、相続人数に応じた加算額も1人あたり1,000万円から600万円にそれぞれ縮減する。税率の区分は現在の6段階から8段階に増やす。15日にも閣議決定する税制改正大綱に盛り込む方針だ。

 政府内には、相続税の増税分を11年度に3歳未満の子ども手当を上積みする財源の一部にあてる案もある。

 相続税の最高税率を引き上げ、基礎控除を縮減するのは、資産を多く持つ富裕層に負担増を求め、税収増を図るためだ。約4%と極端に富裕層に偏っている課税対象件数を約6%に増やし、是正する狙いもある。


一般の方は、富裕層でない限り、6%の中には入らないかと。
ただ、保険金などのみなし相続財産の存在には気をつけないと。


それよりも、問題は、中小企業の経営者さん。

事業承継で多額の相続税を支払わないといけないことから、
経営を圧迫すると言う趣旨もあり、
中小企業経営承継円滑化法が2年前に出来ました。

だけど、なかなか使いにくいという意見もあります。

しかし、法人税は引き下げといいつつ、
中小企業支援に逆行するかのように、
今回の最高税率の引き上げ。

所得の再分配と言う意味から、富裕層への
増税はそんなに反対ではないんですけど。

ただ、中小零細企業の経営者にしわ寄せが行くのは
どうかと思うんですけどね。

それとは別に、中小企業応援センターなど、
支援機関も事業仕分けで廃止判定。。。


中小零細企業への支援策というのは、
その性質上、1〜2年で成果の出るものではない。

というか、そんな短期間でビックリするような成果が出るのなら、
70%以上の企業が赤字決算という具合にはならないかと。



雇用創出のためには、まずは企業を元気にしないとと
僕は思うんですけど。


一方、子ども手当に当てるのもいいけど、
それよりも、待機児童の解消かと。

共働きのママたちの手が、
少しでも空く方がいいのかなと思います。



今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
上位25位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑100位前後をウロウロ

ラベル:行政書士
posted by こうたん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業承継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon等↓で発売中!
https://amzn.to/36H3pex

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪