ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】
※ 無料相談は受け付けておりません。


2010年12月11日

相続税、控除額が4割減に

あなたのご訪問に感謝です!
今日明日は事務所にこもって作業の
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。


2010/12/11朝日新聞より
政府税制調査会は10日、来年度税制改正に盛り込む相続税の
増税案を固めた。遺産から差し引くことができる基礎控除の金額を
4割減らして課税対象額を増やすほか、最高税率も50%から55%に
引き上げる。相続税の納税者は年間約4.8万人から7万人程度に増加。



現状の基礎控除は、
「5,000万円+1,000万円×法定相続人数」。

土地や現金など相続財産から、この合計額を差し引いて、
それに税率をかけて計算。


これが、来年度からの増税案では4割減らし、
「3,000万円+600万円×人数」になるそうです。


エライ差ですね。


例えば現状だと、法定相続人が妻と子ども2人の
計3人の場合、基礎控除額は8,000万円。

相続財産が1億円とすると、控除額を差し引いた
2,000万円が課税対象です。

もっとも、土地建物は、路線価・固定資産税評価額等で判断されるので、
実際は1億円でも、基礎控除額に収まることも多いでしょうけど。


増税案を同じ例でやると、控除額は4,800万円で、
課税対象は5,200万円に。


ここ数年は、相続税納税者は、全体の4.2%で
およそ48,000人ぐらいで推移。

それを、7万人くらいに引き上げるそうですが、
それでも、全体の1割もなく、7%前後かと。


また、
相続増税の代わりに、生前に次世代に財産を渡す「生前贈与」の優遇措置を拡大。
これまでは20歳以上の子どもが対象だったが、これに孫を加える。
子どもや孫ヘ生前贈与する場合は、配偶者よりも贈与税の負担を減らす仕組みに改め、
世代間の資産の移転を促す。



この前のセミナーでも、あとからの質問とかで、
孫にやりたいという方も多かったです。


遺言で孫への遺贈もあるでしょうけど、
孫への生前贈与も増えるかもですね。



今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
上位25位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑100位前後をウロウロ

ラベル:行政書士 相続税
posted by こうたん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon等↓で発売中!
https://amzn.to/36H3pex

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪