ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】
※ 無料相談は受け付けておりません。


2010年10月15日

ビジネス書は経営者の演歌

あなたのご訪問に感謝です!
終日、京都でヒヤリングだった
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。


今日の朝日新聞の「耕論」というコーナーで、
「ビジネス書を楽しむ」というのもがありました。


その中でコンサルタントの小宮一慶さんが、
ビジネス書は『本音で戦う経営者の「演歌」』と
仰ってました。

読んでみて、なるほどです。


少し引用させていただくと、
企業はお客様がいないと存続できないのだから、利益よりも
お客様のことを第一に考えて頑張りましょう、ということに尽きます。
〜中略〜
「お客様第一」とはドラッカーの言葉を借りれば「社会貢献」ということです。
そもそも、経営の理論なんて経済学と比べれば大した理屈じゃない。
でも経営は実践ですから、頭で理解するのではなく、読者のハートに直接語りかけ、
心の底から納得してもらわないといけない。
〜中略〜
「似たようなことばかり書いている」と言われても構わない。本質は一つだから。
松下幸之助さんも近江商人もドラッカーも言っていることは同じです。
頭のいい人が陥りがちな失敗は、ハートで受け止めなければならない本質を、
財務諸表と同列の「仕事に役立つ知識」として頭で扱おうとすることです。
それでは部下は決して動かせない。
〜中略〜
だから同じ話を読んだり聞いたりして、もう一度心を震わせようとする。
いわば演歌と一緒なんです。今まで何がいいのか分からなかった歌が、
ある日突然目覚めてハートにしみる。そうすると今度は繰り返し聴きたくなる。
〜中略〜
中小企業の社長は全人生をかけて24時間本音でやらないと食っていけない。
だから「ビジネス書」という演歌が必要なんです。


思わず納得しました。

付け加えているなら、同じ話でも、自分が成長すれば、
以前では気付かなかった発見があったりします。

また、何回目かに、そういうことか!って思うこともあります。


「財務諸表と同列の「仕事に役立つ知識」として頭で扱おうとする」
のではなく、ハートで受け止めて、実践しないと意味がない。

ものすごく共感できたのでご紹介してみました。


「その話は知ってるし・・・」


僕も気をつけないと^^;



今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
上位25位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑100位前後をウロウロ
ラベル:行政書士
posted by こうたん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon等↓で発売中!
https://amzn.to/36H3pex

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪