ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】
※ 無料相談は受け付けておりません。


2010年06月20日

TwitterやSNS等の連携の仕方

あなたのご訪問に感謝です!
午前中は全米オープンゴルフに夢中になっていた
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。


スコアを落としたものの、依然7位タイと
健闘している石川遼選手。

あのタフなコースで、大したものです。

明日の朝も、最終日が気になるところです^^


さて、明日の朝には、定期?のメルマガを
送信しようかと(^^)/

それに先立ち、このブログでもその内容を書こうかと。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ソーシャルメディアの活用
  〜TwitterやSNS等の連携〜
   ブログ、mixi、Twitter(ツイッター)に
   facebook(フェイスブック)・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ Twitter(ツイッター)

さて、まずは「Twitter(ツイッター)」。

これは、自分のつぶやきを140字以内で投稿したり、
他人のつぶやきを読んだりできるインターネットサービスです。

人のつぶやきを見て何が面白いねん!って言う方も
いらっしゃるかと思いますが^^

でも、そこにはリアルタイムな情報が溢れ、
しかも、普段知り合うことのないような方と、
コミュニケーションできたりする優れモノです。

まずは、登録してみましょう。


Twitter
⇒ http://twitter.com/


使い方とかは、こんなレポートがあるので、
ご参考になるかと。

『ツイッターの始め方、使い方、初歩の初歩』
〜登録からつぶやき、フォロー、返信、リツイートの仕方まで〜
⇒ http://www.middleage.jp/twitter/twitter_kiso.html



こちらにも、使い方の詳細が説明されています。

⇒ http://twinavi.jp/guides/step1



◆ mixi(ミクシィ)

さらに「mixi(ミクシィ)」。

言わずと知れた、SNSの大手。

※SNS=ソーシャル・ネットワーキング・サービス


これは、どちらかというと、mixiは会員制なので、
その露出範囲は限られてます。

でも、mixiを主体にしている方も多いかと。

また、mixiにも「mixiボイス」という
Twitterのようなつぶやき機能があるんですね。

さらに、ブログをお持ちでしたら、mixi日記を
外部ブログ接続という形にしておけば、
mixiから自分のブログに飛んできてもらうこともできます。


なので、これも登録しておいてはいかがでしょう。


mixi
⇒ http://mixi.jp/



◆ Facebook(フェイスブック)

そして、最近広まりつつある「facebook」。


現在、世界中で約5億人が登録している世界最大のSNSです。

mixiはどちらかと言えば、匿名性があるので、
「仲間内で楽しく利用する」という感じです。

しかし、こちらの「facebook」は、基本的に本名で登録して、
顔写真も出す人が多いので、信頼性が高く、
企業・個人問わずfacebook内に広告を出せるところから、
ビジネス利用する人が多いのも特徴です。

また、ブログやTwitterと同じように、
ユーザー同士でメッセージを送り合うこともできます。


facebook
⇒ http://www.facebook.com/


使い方とかは、こちらのサイトで細かく
説明してくれているようです。

⇒ http://howtousefacebook.blog81.fc2.com/



これらすべてに登録して活用すると、
それだけ露出も増え、情報発信力が高まりそうですが、
さすがにそればっかりやってられない。。。


そこで、ブログも含めこれらが連動出来る機能があるんです。



◆ それぞれを連動させる

どういうことかというと、

Twitterに投稿すれば、それがmixiボイスとfacebookに
自動的に投稿されるというものです。

また、ブログを更新するとTwitterにも反映されるようにし、
mixi日記も外部ブログにしておくと、全てが連携されます。


では、具体的にどうやって連携させるか。


まずはブログをTwitterと連携。

ブログによっては、設定機能でTwitterに連携させる機能もありますが、
ない場合は、こちらを使うといいかと思います。


⇒ http://twitbackr.com/


アメブロをお使いの方なら、こちらを使ってもいいかと。

⇒ http://friendfeed.com/


これを使うと、facebookとTwitterの連携もできます。


ただ、facebookの設定でアプリを入れないといけませんが。



また、ブログのサイドバーに、Twitterでの
つぶやき(ツイート)を表示させこともできます。


Twitter活用術(http://twitter.com/goodies)の
ウィジェットを使って設定します。

⇒ http://twitter.com/goodies/widget_profile



次に、Twitterのつぶやきをmixiボイスに反映させる
設定をします。


こちらを使って設定します。

⇒ http://twitter2mixi.cyberwave.jp/member/setting



なんだか、わけがわからなくなってきたかもしれませんが、
是非チャレンジしてみてはいかがでしょう^^


こうすることで、Twitterでつぶやけば、
Twitter、facebook、mixiボイスでもつぶやきが出ます。


さらにブログを書けば、Twitterに反映され、
それが、facebook、mixiボイス、mixi日記にも反映されます。



◆ そして最後に。。。

ビジネス的に情報発信として使用するには、やはり、
発信元は誰なのかを明確にしておく方がいいと思います。


つまり、顔写真、詳しいプロフィールなどを掲載し、
自分がどんな人なのかを明らかにしておくということです。


人は、顔が見えると、安心感が湧きますし、
また、共通点があると親近感を持ちます。


たとえば、「○○出身」というだけで、
意気投合することもありますよね。


そういうことも考慮しつつ、情報発信を
してみてはいかがでしょうか?


あと、余裕があれば、ustream(ユーストリーム)
なんかも使ってもいいかもしれませんね。


ustream(ユーストリーム)
⇒ http://www.ustream.tv/


こちらへの投稿も、Twitterに反映されます。



長々となりましたが、小手先戦術ですが、
情報発信ツールとして活用していただければと。



ちなみに僕のはこんな感じです↓

【mixi】
 http://mixi.jp/show_profile.pl?id=13224175

【ツイッター】
 http://twitter.com/koutan_effort

【facebook】
 http://www.facebook.com/koji.nakajima


まだまだ活用の余地は、大いにありますが^^;

フォロー、友達申請などお気軽によろしくです(^o^)/


あと隠れ技に、モバゲーもあります。
(PC版もあるけど、基本、携帯用がメイン)

⇒ http://www.mbga.jp/


ブログは開業前からですが、mixiやモバゲーは、
前の会社を辞める頃くらいから登録してたかと。


僕はゲームはしませんが、実はこのモバゲーからも、
仕事が発生したこともあったわけで^^



今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
上位25位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑100位前後をウロウロ
ラベル:行政書士
posted by こうたん at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | HP・SNS・ITツール等作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。
同じシーサーでブログを
書いていています。裏上むつねぐです。
本日からFACEBOOKを
しているのですが、

シーサーとFBは連動可能でしょうか?
返信お待ちしております。

Posted by 裏上むつねぐ at 2010年11月03日 20:52
>裏上むつねぐさん
どうもです。
詳しくは知りませんが、シーサーとfacebookの直接の連動は出来ないかと思います。

なので、
シーサー→Twitter、
Twitter→facebook
と連動させて、Twitter経由での連動になるかと思います。
Posted by こうたん at 2010年11月04日 07:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon等↓で発売中!
https://amzn.to/36H3pex

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪