ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2009年09月17日

謝罪力・・・酒井法子記者会見より

あなたのご訪問に感謝です!
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090917-00000030-maiall-ent

6時半からの10分間の会見。

冒頭に「サンミュージック」の相澤正久副社長の言葉があり、
次に「ビクター」の会長の言葉。

特に、この「ビクター」が、「被害を被った」という話を
ある程度具体的にされたのは良かったと思います。

あえてそういうことによって、本人に一層ことの重大さを
知らしめるという意味でのことだと思いますが、
より反省を促すという点においてよかったと思います。


で、本人の会見の言葉ですが、
質疑応答がないというので、記者からは
一方的だという批判もあるようですが、
僕はとても評価できる謝罪だったんではないかと思います。

公判前で、しかも高相被告も見ているかもしれない会見では、
事件について安易に話すことはできないでしょうし。

で、その会見の言葉ですが、
酒井法子自身の言葉として受け取れましたし、
本当に反省しているという様子がうかがえたと思います。

しいて言えば、子どもについて一言あってもよかったかな
って感じでっすけど。

この「本人の言葉として」受け取れたというのが
ポイントじゃないかなって思うんです。

謝罪力というんでしょうか。。。

最近は少なくなりましたが、昨年ごろまでは
よく企業が謝罪会見をしていました。

今回のような犯罪ではないにしろ、
一応謝っているけど・・・って感じのも
多かったと思います。

しかも単に謝罪文書を読み上げるだけ的な。。。

そんな会見しない方がマシだったというような
謝罪会見もしくはインタビューもあったと思います。

「なんで謝らなあかんねん!」的な。。。

某検定協会のドンもそんな"漢字"だったような。


悪ければ、悪いと思われれば、迷惑をかけたのなら、
言い訳抜きに素直に謝罪する。

簡単なようで出来ないことが多いんですね。

(僕自身も言い聞かせるという意味で)

今回の酒井法子被告の言葉は、
上っ面ではなく、心の底から反省している
という様子がうかがえたので
そういう意味では、良かったのではないかと思うんです。
(当たり前でしょうけど。。。)


薬物は再犯の可能性も高いので、
今日の言葉を忘れずに、厳しい道でしょうけど
執行猶予も付くでしょうし、
頑張って立ち直ってほしいと思います。


薬物撲滅運動として見たら、
ビックリするような効果でしょうね。


しかし、のりピーはきれいだなぁ。。。
昔からけっこうタイプでした^^;

失礼しましたあせあせ(飛び散る汗)


今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ベスト10位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑現在、またまた100位前後に落下^^;こちらは強豪ぞろいだわあせあせ(飛び散る汗)
ラベル:行政書士
posted by こうたん at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たまたまこのサイトを見ました。おじゃまします。
東京で演劇をやっている者です。

私も、酒井法子の謝罪会見の言葉は本心からだと感じました。
もちろん話す内容は予め決めていたのでしょうけど、それを喋る本人は、能動的に、嘘のない気持ちで喋っていたと思います。だからこそ、力強いもので、謝罪とは、後ろを振り返ってごめんなさいと言う事の他に、先へ進むためのけじめの儀式と言う側面もあるんじゃないかと体感させられました。

大きな社会のうねりに影響されて、批判、喝采の忙しい世の中ですが、意見の丸投げは良くないですよね。

薬物からの更正は難しいそうです。
私は別にファンでは無いのですが、今後、酒井法子が復帰したとしても、「出てくる資格はねえ」と言うような気持ちにはならなさそうです。
Posted by 高江 at 2009年09月18日 02:16
>高江さん
はじめまして。
また、ご丁寧なコメントを頂きありがとうございます。
色々な見方はあると思いますが、僕も前向きな、自分の意思としての謝罪だったと思います。
すぐに復帰というのは僕も賛成ではないですが、
執行猶予期間も過ぎてちょっとしてからだったら、
知名度を生かした薬物撲滅運動などの取り組みとかされるのもいいかもと思っています。
Posted by こうたん at 2009年09月18日 08:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon等↓で発売中!
https://amzn.to/36H3pex

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪