ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】
※ 無料相談は受け付けておりません。


2009年08月27日

自分に合うお客さん:客層戦略

あなたのご訪問に感謝です!
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


今日は2人のお客さんと会ってました。

最初のお客さんは、契約書作成関係で。

ある専門家に作ってもらったという
契約書の見直し&作り直しです。

この方と話していると、ホント為になるし、
僕自身も尊敬できる方です。

なので、しゃべっていても楽しいんですよね。

だから、同じ契約書でも、どうカスタマイズしたらいいか、
気持ちがものすごく入ります。

別に他の場合は手を抜くんではなくて、
やっぱり好きな相手と仕事するって
楽しいですよね。


でもこれってビジネスでは大事かと思います。

極端にいえばお客(客層)を選ぶ。


僕が営業マン時代に成功した要因の1つが
実はこれです。

このことは4月に栢野さんのセミナーを
主催した際にも言ったことで、
栢野さんにも「正解」って言われたことでした。

テレアポの営業だったんですが、
電話でのファーストコンタクトで、
なんとか話ができても、波長が合わない人は
あまりアポに繋がりませんでした。

でも、合う人だとこっちも楽しく、
結果アポに繋がりやすく、
そして成約率も高まりました。

当時、他の営業マンとかによく言われたのが、
「なかじーのお客って、みんな似てるよね。」

僕がそうなのか、明るくよく笑う女性が多かったですね。
(僕自身もテンションあがりますし^^;)

自分もテンションが上がるってことは、
同じ営業をしててもストレス・疲労感がないわけで。

それもあってか、クレーム0です。

合わない人を捨てて、合う人に絞った結果です。


今の仕事だとさすがにそこまでは徹底できませんが、
でも、小規模零細系の会社とかだと、
これって大事なことです。

これも1つの客層を絞るという客層戦略なわけです。

例えば、客層がオタク系専門とか、元ヤン専門とか。


これは犯罪ですけど、クラブなんかで
密売されてるケースが多い覚せい剤とかも、
ある意味そういう客層戦略ですよね。

ハイになりたい人が集まるクラブ・・・
ハイにさせるものに手を出しやすい・・・
結果、密売の温床・・・
そして灰になる。。。

もちろんクラブは悪いところではありません。
僕もディスコの店員でしたから、よく知ってます。
ただ、危険な目に会いやすいですが。。。
おかげで、対応力が身についたのかも(笑)
(バブル崩壊前後だったので、オラオラ状態の客も多かったです)

まぁそれはさておき、
広く一般を対象とした大手強者の客層でなく、
専門特化した、それでいて自分が得意と言うか
波長が合うお客さん。
そしてファンになってくれるお客さんですね。

好きな商品で、好きな客層。

これ、戦略的にも長続きの秘訣です。


今日の夕方から合ったお客さんも、
すごく僕のことを見込んでくれていて、
一緒に参加したセミナーの講師にも、
「彼は有望で、こういう話には適任だと思って
誘ったんですわ。」
とおっしゃってくださいました。

やっぱり、合うお客さんや好いてくれるお客さんだと、
ストレスも感じず、仕事も楽しいし、
その結果、いい仕事もできます。

もっと応用して言えば、
新規顧客開拓より、一度でも利用していただいたお客さんが、
さらにそれよりも、何度か利用してくださるお客さん。

そして一番いいのが、信者のようなファン。

そういう人にアプローチする方が、
宣伝の費用対効果的にもいいですしね。

みなさんの客層ってどんな感じですか?
みなさんのお客さんってどんな人ですか?

一度検証されてみてはいかがでしょう。


今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ベスト10位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑現在、またまた100位前後に落下^^;こちらは強豪ぞろいだわあせあせ(飛び散る汗)

こちらも参加中^^;
blogram投票ボタン
この記事へのコメント
レポートの件、お世話になりました。さすがは中島さん。スゴイ。客層の絞込み=波長が合うお客さん=類は友を呼ぶ。背伸びをしなくても話せる人がいいですね。
Posted by toyokura at 2009年08月28日 08:01
>toyokuraさん
今の僕の場合はたまたまですね。
でも、親しみやすい人が寄ってくるのかもしれません。

でも、嫌いな客層を無理に取り込もうとすると、嫌いな商品を扱うのと同じくらいしんどいでしょうね。
Posted by こうたん at 2009年08月28日 21:09
嫌いな商品を扱うより、嫌いな客層を取り込む方がしんどい気がします。

でも、親しみやすい人が寄ってくるのは、中島さん自身が親しみやすいからです。間違いない。私のアテにならない断言で申し訳ないです。
Posted by toyokura at 2009年08月28日 21:33
>toyokuraさん
>嫌いな客層を取り込む方がしんどい気がします。
そういえばそうかもですね^^;

>中島さん自身が親しみやすいからです。
だとすれば、ありがたいですね(^o^)/
Posted by こうたん at 2009年08月28日 22:34
スゴイブログだ。その年で。

私は45歳過ぎてわかったのに。

大したもんです。
Posted by ベンチャー大学の栢野/かやの at 2009年09月09日 11:10
>栢野さん
いえいえ、栢野さんに気付かせてもらったんですよ!

過去の経験に、栢野さんのお話を当てはめたら、
「なるほど、そういうことか!」って感じになりました。
Posted by こうたん at 2009年09月09日 22:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

現代大戦略 一触即発
Excerpt: 現代大戦略 一触即発の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「現代大戦略 一触即発」へ!
Weblog: 現代大戦略 一触即発
Tracked: 2009-08-28 03:06

任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon等↓で発売中!
https://amzn.to/36H3pex

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪