ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

知的資産経営・戦略・事業計画等に関する講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】
※ 無料相談は受け付けておりません。


2009年02月28日

経営戦略について少し

いつもご訪問ありがとうございます。
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


ここ数日、栢野先生の講演会開催について
いろいろ書いてましたが、
そもそも「弱者の戦略」って何?って感じなので、
少し触れてみたいと思います。


まずその前に、経営の要素について。

これは大きく8つの要素があり、
 
 @ 商品戦略
    どんな商品・サービスで勝負するのか
 A 地域(エリア)戦略
    どこで(どこのお客さんに)勝負するのか
 B 客層戦略
    誰を(どういう業界や客層を)お客にするのか
 C 営業戦略
    どうやってお客を獲得するのか
 D 顧客戦略
    どうやって継続取引してもらうか
 E 組織戦略
    人員体制はどうするのか
 F 財務(資金)戦略
    どうやってお金を調達し、どのように使うのか
 G 時間戦略
    どういう時間の使い方をするのか

となります。
まぁ、いまさらって感じかもしれません。


何をどこのだれにどうやって売るのか。

また、@=AとA〜D=Bにわけ、
Aを商品関連、Bを営業関連とすると、
A:B=1:2で、
およそ俗に言う
「商品3分に売り7分」となるわけです。

だから、もっともウェイトが大きいのがB。


でも、この戦略を間違えていることが多いんですね。


日本の99%は中小企業で、大企業は1%です。

でも、マスコミなどを見ると、
ほとんどが大手向けの情報です。

その大手のやり方を中小企業が真似してもダメなんですね。

極端に言えば、大手と反対のことをしなければならないんです。

特に@〜DとGは大事。

大手(強者)は空中戦広域戦で、
小さい会社(弱者)は、地上での一騎打ち戦接近戦

少し例えるなら、
強者は、
 @大量生産品で、多くの種類の商品を
 A広域的に
 Bいろんな人に
 CCMを流して
・・・
となりますが、

弱者は、
 @手作りで、商品を絞り
 A特定の地域に絞り
 B特定の客層に
 C泥臭い営業方法で
・・・
となるわけですね。



ちなみに僕は、セールスや水商売をしていたので、
やはり接近戦が好きです^^;

今思えば、セールスや水商売の時は、
自ずと「弱者の戦略」をしてたんですね。



今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
ラベル:行政書士
この記事へのコメント
なるほど・・・・・
僕も接近戦を鍛えるために
騎馬戦の練習に励みます!

いつも 価値ある情報を
ありがとうございます♪

Posted by オオチャコ at 2009年03月01日 12:59
>オオチャコさん
本当の騎馬戦はしないように(笑)

オオチャコさんにとって少しでも価値があるなら、とても嬉しいです♪
Posted by こうたん at 2009年03月01日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック