ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2009年01月16日

外国人関係の手続き資格

いつもご訪問ありがとうございます。

滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


今日、「申請取次者」の届出をしてきました。

行政書士会を経由して入局管理局に届出して、
承認してもらうんですね。

早ければ2月初旬に、申請取次者証明書が届きそうです。


表題で申請取次って書いても何のこっちゃって感じなので、
あえて専門用語の表題にしませんでした^^;

申請取次(しんせいとりつぎ)って何かと言うと、
9月19日の記事でも書きましたが、
すごく簡単にザックリと言えば、表題の通りです。


外国人の出入国や在留関係の申請の手続き等をする業務で、
これを業としてできるのは、弁護士行政書士だけで、
しかも弁護士や行政書士でも、研修を修了した者だけです。

具体的にどういったことをするのかと言うと、
外国人に必要な申請を取り次いであげるってことですけど、
その対象となる申請は、

・在留資格認定証明書の交付
・資格外活動の許可
・在留資格の変更許可
・在留期間の更新の許可
・在留資格の取得
・在留資格の取得による永住許可
・再入国の許可
・就労資格証明書の交付
・申請内容の変更申出

です。

外国人が日本に入ったり出たり、住んだり働いたり、
といったことをするのに必要な手続きをしてあげるんですね。

これらは出入国管理及び難民認定法(入管法)が根拠ですが、
国籍法に基づく帰化の許可申請も業務です。

ちなみに、帰化の手続きの書類作成などを
業としてできるのは、
弁護士・司法書士・行政書士です。

なので、外国人関係は、
申請取次者の行政書士って覚えていただければと。



今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
posted by こうたん at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon等↓で発売中!
https://amzn.to/36H3pex

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪