ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2008年11月06日

社労士さんとヒヤリング

いつもご訪問ありがとうございます。

滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


今日の17時から社労士さんと一緒に、
お客様のもとに2度目のヒヤリングに行きました。

就業規則の原案を作成してもらったので、
その確認と修正点などのヒヤリングです。

さすが就業規則がもっとも得意だけあって、
法人のリスクヘッジや利益を圧迫しないようにする内容です。

それに加えて、実情に合わせて、
柔軟に対応できるような内容になっています。

解雇事由などもしっかり列記し、
試用期間中の解雇事由も通常のものに加えて列記したり。

採用時の必要書類も、列記した上で、
「省略することができる」などの文言を入れたり。

権利意識が強くなっている昨今、
規程に書いておくことで回避できるトラブルもありますしね。


退職金規程でも、年数に応じて金額を規定したり、
月給の何ヶ月分としたりすることで、
苦しくても支払わないといけなく、
それによって企業の首を絞めるケースが多いですが、

10年以上で支給で、金額を少なめに設定し、
退職者の貢献度等で、慰労金と言う形で給付できるようにするなど、
法人側の使いやすいものに仕上げたりしています。

賞与でも、キャッシュフローを考えたものにしたり。


実情に合った使いやすいもので、
従業員のモチベーションも高められ、
なおかつ、法人の利益等を圧迫しない、
法人の業績を上げるための就業規則というものが大事ですねぴかぴか(新しい)

他士業の仕事をそばで見ることでかなり勉強になりましたひらめき


終わったのが20時でしたが、
チョコなどのお菓子もいただいたりと、
終始和やかな感じでしたるんるん
posted by こうたん at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon等↓で発売中!
https://amzn.to/36H3pex

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪