任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
https://amzn.to/36H3pex

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2008年08月07日

個人経営のメリット

会社経営と比べた場合、
個人経営のほうが楽又はメリットとなる点を
いくつか挙げてみました。

ちなみに税務相談は税理士さんの独占業務なので、
詳しいご相談は税理士さんへどうぞひらめき

また、社会保険等に関して詳しいご相談は
社会保険労務士さんへ、
登記に関しての詳しいご相談は
司法書士さんへどうぞひらめき

1.税金の申告が簡単
 個人経営
 ☆無料または低料金で申告手続きをサポートしてくれる公的機関あり
 (例)青色申告会・商工会議所等
 ☆簡易簿記による記帳が認められる

 会社経営
 ◆専門的知識必要
  ⇒ 自分で作成している人はほとんどおられない
 ◆個人経営のように税務署が積極的に手伝ってくれない
 ◆青色申告会のように指導してくれる公的機関はない
  ⇒ 税金申告のために、税理士などの専門家への報酬の負担が生じる

2.登記にかかる費用
 個人経営
 ☆そもそも基本的に登記がない

 会社経営
 ◆会社設立の登記
 ◆役員に変更が生じたら変更の登記など

3.市県民税
 ◆会社の規模に応じてかかる市県民税の均等割という税金(赤字でもかかる)

4.社会保険の義務付け
 個人経営
 ☆常時5人未満の従業員を雇用する事業所ならば加入しなくてもいい

 会社経営
 ◆すべての会社に加入が義務付け


補足
個人事業主だと、国民健康保険・国民年金(1号)ですが、
法人化すると、経営者も健康保険・厚生年金の適用になります。
るみまるさんの言葉引用
posted by こうたん at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社設立・会社法務・許認可 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。