ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】
※ 無料相談は受け付けておりません。


2008年08月05日

会社にするメリット

個人経営から株式会社にすることのメリットを
簡単にまとめてみました。


POINT1 対外的信用力アップ
   対消費者・・・イメージアップ
   対企業・・・売り手先の会社に取引口座開設してもらいやすい

POINT2 節税対策
   個人経営・・・所得税
   会社経営・・・法人税
 ●所得の分散
   個人経営・・・事業の儲け=すべて経営者本人の個人所得として所得税が課税
   会社経営・・・役員報酬という形で経営者本人に給料を支払うことができる
          ⇒ つまり、会社と経営者個人に所得を分散することができる
          = 所得分散することで、税金を安くできる!

 ●家族に給料が払える
   個人経営・・・原則、経費にできない
     ※できる場合=青色事業専従者給与に関する届出書
              事前に税務署に届けている場合
   会社経営・・・きちんと働いていれば他の従業員同様、経費にできる

 ●赤字が7年繰り越せる
   個人経営・・・赤字の金額を過去3年分しか持ち越せない
   会社経営・・・過去7年分持ち越すことができる
       (例)1年目に100万円赤字で、
          2〜4年目がトントンで、
          5年目に100万円黒字
        ⇒ 5年目の黒字と1年目の赤字が相殺できる
        ⇒ 5年目の100万円の儲けに税金がかからない!

POINT3 お金を借りやすい
 ●信用保証協会の保証
   個人経営・・・事業経営の関係者になってもらう必要あり
   会社経営・・・会社の代表者が連帯保証人になれる

 ●株式会社では有限責任
   個人経営・・・経営者の全財産まで責任
   会社経営・・・出資の範囲内(代表者が連帯保証人なら別)


ざっくりとですが、こんな感じです。
posted by こうたん at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社設立・会社法務・許認可 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
多分、社長さんからみて、メリットだと思うのですが、法人の代表取締役は、健保や、厚生年金保険が適用になります。
(個人事業主だと、国民健康保険だったり、国民年金の1号だったり)。
Posted by るみまる at 2008年08月06日 20:59
>るみまるさん
お久しぶりです。
さすが社労士さんの意見、ありがとうございます。

勿論デメリットもあるわけですし、
結局トータルでどうかっていうことになるんでしょうね。

デメリット部分もアップします。
Posted by こうたん at 2008年08月06日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon等↓で発売中!
https://amzn.to/36H3pex

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪