ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2015年10月17日

「沿革」の振り返りの重要性

いつも見てくださって感謝です!
日曜の前倒しで掃除・洗濯・買い出しをした
滋賀県大津市の歌って踊れる行政書士の中島です。

明日からはじまる「りっとう創業塾」。

僕は2日目ですが、会場と受講者の雰囲気を
事前に知っておこうというのと、商工会の
担当者の方ともご挨拶しておこうと思って、
明日の午後に顔を出そうかなと。

なので、今日に前倒し^^


さて、表題の件。

昨日はF社の知的資産経営の支援の
第1回目セッションでした。

創業の経緯から現在までの事業の変遷や
社歴について、ガッツリ3時間深掘り。

いわゆる「沿革」の丁寧な洗い出しです。

意外と、沿革を作っていない企業は少なく、
作っていたとしても、そこまで詳細に
記されているところってあまりありません。

なので、知的資産経営の支援と通じて、
改めて作ることも多いんですね。

ちなみにこの「沿革」づくりは、例えば
現社長が2代目とかだと、先代経営者に
けっこう喜ばれます。

でも、本当の狙いはそれではなく。

過去から現在までを振り返ることにより、
どんな知恵や経験、ノウハウ、強みとかを
蓄積してきたのか。

つまり、どんな知的資産が蓄積されたか。

これを探ることができます。

特に、創業時と現在で、事業内容とかが
変わっている場合や、現在の複数の事業を
展開されていて、その事業同士の共通点が
一見してなさそうな場合とかは重要です。

で、昨日。

なるほど!そうか!というのが発見♪

創業時と現在、そして現在の複数の事業に
1つの共通項が見つかりました。

事業の変遷の中で培われたいくつかの
知恵やノウハウがいろいろ連鎖し合い、
今の事業の基盤を作ってるんだなと。

これは、表面上では見えません。

そして出てきたあるキーワード。

一見すると、創業時と現在は全く別事業で、
しかも現在の複数事業も一見して共通項が
見えにくい。

が、そのキーワードでそれら全ての事業を
論理的に説明することができます。

K社長もこんな感想を。
「新たな発見がありました!幾つかの
キーワードが出て、まとまっていきそう」

特に複数事業を展開されている場合、
いきなり事業ごとの深掘りをする前に
この沿革の深掘りを最初にしておくと、
より鮮明に「知的資産」の活かし方や
価値創造ストーリーが見えます。

「知的資産」の構築には時間軸がある。

だから、沿革の掘り起しは思う以上に
重要なプロセスなんですよね(^^)/

見過ごしがちなその会社ならではの
「宝」の発見に繋がるんですよね♪


その後のK社長との飲みがセッションより
長かったというのは言うまでもなく(笑)

今日も読んで頂きありがとうござます!!

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】

行政書士ブログランキングにも参加してます。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら
めっちゃ元気出ますわーい(嬉しい顔)
1つランクアップしただけで、天国の母も
入院中時に大喜びでしたo(^o^)o

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらも1クリックを(^^)/
人気ブログランキングへ
↑は「マーケティング・経営」部門で、
只今、ベスト20〜30前後(^-^)/


任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon等↓で発売中!
https://amzn.to/36H3pex

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪