ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】
※ 無料相談は受け付けておりません。


2014年12月06日

「こだわり」「わりきり」「つながり」を使って

いつも見てくださって感謝です!
寒い夜だから〜と思わず口ずさみたくなる
滋賀県大津市の歌って踊れる行政書士の中島です。

こう寒いと、人肌恋しくなります。

その相手に壇密笛木優子か、、、

う〜ん、これは迷う、、、
↑って、向こうはアンタのこと知らんし、
妄想もたいがいにしいや(ー_ー)!!

それより、冒頭の曲、懐かしい〜〜
水商売してた時、めっちゃ流行ったなぁ(^_^;)


そんなおバカな戯言はさておき、表題の件。

知的資産経営の支援に力を入れている
東京の行政書士仲間のMさんが、一昨日
Facebookの投稿に、こんなつぶやきを。

===================
【宿題】優れた経営戦略を
「こだわり」「わりきり」「つながり」の
3語を使って説明せよ
===================

Mさんが自らに課した宿題だったんですが、
そのお題に対して、数人の方がコメントを。

で、僕も「そのお題、面白いやん」と思い、
そのお題に対すして回答コメントを。

僕が書いたコメントを、少し説明不足かなと
思いつつも、修正せず転用します。

===================
顧客は誰かの前に顧客じゃないのは誰か、
ここに「わりきり」が必要。

そして絞った顧客層に対して、顧客価値が
何かを問う。

その顧客価値に対して「こだわり」を持つ。
勿論ここでも、ターゲット層に不要なものは
捨てるトレードオフ、つまり「わりきり」。

この「こだわり」をもった顧客価値には、
様々な要因が絡み合うが、そこには一貫性
つまり「つながり」が必要。

これが一貫性ある価値創造ストーリーであり、
ポーター的に言えばバリューチェーンであり、
ドラッカーの言うマーケティングでもある。

それらがうまく機能しているのが優れた戦略。
===================

そして、僕を含めた数名のコメントに対し、
Mさんもコメント返しをされたんですが、
その最後の一文がコレです。

===================
誰が正解とかそういうのはないですが、
私としてはやはり私と同じく楠木先生という
共通のベースを持つ中島さんの投稿が
しっくりきました。
「ストーリーとしての競争戦略」面白いので
皆さんもぜひ読んでみてください。
===================

まぁ、当然の結果です(笑)


で、僕の回答をもう少し付け加えますね。

知的資産経営の価値創造ストーリーは、
使命(理念)⇒取組・工夫・努力⇒
強み・ノウハウ⇒商品・サービス⇒
顧客価値⇒成果という事業の流れです。

ここに一貫性ある「つながり」が必要。

そして、独自の価値を提供するには、
どんな顧客・市場に対して提供するのかを
明確にしないといけません。

つまり顧客の絞り込み、どの客層・市場を
捨てるのかという「わりきり」です。

わりきった顧客・市場に対して独自の
価値を提供するために「こだわり」を持つ。

「こだわり」ある様々な取組・工夫・努力で、
独自の強み・ノウハウといった知的資産が
生まれます。

「知的資産」のことを「培った知恵や知識」
と置き換えるとわかりやすいかも。

ある知恵や知識(知的資産)は、何か一つの
取組・工夫・努力で生まれるのではなく、
様々な要因がつながって生まれます。

また、商品・サービスを通じて提供される
顧客価値も、複数の知恵や知識(知的資産)の
「つながり」や連鎖で出来上がります。

ちなみにドラッカーはこういっています。

事業とは、「知識」という経営資源を
経済価値に変換するプロセスである。

また、この「知識」は、レストランを例に、
生産者の顔が見える新鮮な食材を仕入れる
能力や、厨房で用いるレシピという「知識」、
ホールでもてなしをするスタッフのワインの
「知識」と言っています。

まさに知識=知的資産です。

「マーケティングの父」と呼ばれるコトラーが、
ドラッカーのことを「マーケティングの祖父」
と言いました。

そのドラッカーが「マーケティング」とは、
「価値を生み出すための一連の作業プロセス」
といっています。

まさに、知的資産経営は、ドラッカーの言う
「事業とは」の定義であり、知的資産経営の
価値創造ストーリーは、マーケティングです。

そしてそこには、
「こだわり」「わりきり」「つながり」が。


一方、マイケル・ポーターは、競争力の源泉は
特徴あるバリューチェーン(価値の連鎖)だと
言っています。

そこには、トレードオフ(何かを捨てる)、
適合性、一貫性、継続性が必要と。

ここも「こだわり」「わりきり」「つながり」。

そして、ポーターの言う競争力の源泉たる
バリューチェーン(価値の連鎖)は、
価値創造ストーリーでもあるわけです。


ついでに、ランチェスター弱者の戦略は、
得意なことや強み(こだわり)を生かせる
分野に絞って、そこに特化して(わりきり)
強いものを作れと。

そして、商品・サービス、客層、地域、営業、
顧客維持、組織、財務、時間といった経営の
8大要因に一貫性(つながり)が必要と。

ここも「こだわり」「わりきり」「つながり」。

まぁ、言葉遊びのようですが、すべて、
知的資産経営に繋がりますね。


と、簡単に書くつもりでしたが、書き出したら
長々となっちゃいました(^_^;)

今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
只今、ベスト10前後(^-^)/
1つ上がっただけで、天国の母も大喜びでしたo(^o^)o

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑こちらはなんとか、ベスト20〜30前後に(^-^)/


任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon等↓で発売中!
https://amzn.to/36H3pex

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪