任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon等↓で発売中!
https://amzn.to/36H3pex

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2014年05月27日

遠きを図る経営

いつも見てくださって感謝です!
一部のコアなファンの期待に応えた晩飯だった
滋賀県大津市の歌って踊れる行政書士の中島です。

???と思うのも無理はないかと。

Facebookではいつのまにか、同友会の例会の帰りは
天一こと「天下一品」に行くのが定着してるようで。

で、チェックインすると、やっぱりか!という声(笑)

イメージと期待を裏切らない男(笑)

誰も期待なんかしてないし、どっちでもええ話や( ̄^ ̄)
なんの得にもならん( ̄▽ ̄;)!!

それはさておき、僕も所属する滋賀県中小企業家同友会の
湖南支部の今日の例会。

「天神」でおなじみで、日本e-learning大賞も受賞された
株式会社タオの井内さんの発表でした。

井内さんとは交流もあり、お話は何度も聞いてます。

そのお話の中からちょっと。

目先の利益や短期的な収益を考えるのではなく、
ちょっとずつちょっとずつ成長することが大事。

そして土台作りをして年輪経営、遠くを図る経営・・・

ご存知の方も多いかと思いますが、「遠くを図る経営」や
年輪経営は、あの有名な伊那食品工業さんの経営理念・手法。

以前、知的資産経営の支援をさせて頂いた京都の某社も
やはり同じことを仰り意識されておられました。

で、今日は図を示して下さってお話下さったので、
その話をもとにさっき図を再現(^-^)/

遠きを図る経営

社長の仕事は、目先の利益のために動くのではなく、
持続的経営、長期的利益の土台となる風土づくり。

そして、すぐには結果は出ないけど、やるべきことは、
人材育成、研究開発、社会貢献。

成果=考え方×熱意×能力
 考え方=主体+利他、能力=才能×努力

努力を尊ぶ社風作り・・・

まさに知的資産経営のマネジメントとも通じます。

知的資産とは、人財、技術、技能、対応力、組織力、
経営理念、顧客等との関係性、ネットワークなどの
財務諸表には表れてこない目に見えにくい経営資源
(無形の強み)の総称です。

ちなみに、特許、商標などの「知的"財産"」も
「知的資産」の中にあります。

知的資産経営は、利益の源泉・顧客価値の源泉になる
「知的資産」を把握して活用し、企業価値を高める経営。

そして、競争優位を構築し持続的経営を目指すことも
知的資産経営の目的でもあります。

その知的資産経営では、個人に依存する人的資産を
会社として組織・構造資産に変換することも大事な要素。

また、知的資産の構築には中・長期的な時間軸が伴う。

そこには、一部分だけを見れば一見不合理なもしくは
外形上は非効率な取り組みがコアなドライバーとして
機能しているマネジメントがあったりします。

そう言う観点でみると、今日の井内さんのお話は、
まさに知的資産経営やなぁって思って、僕なりに
表現してみた今日この頃^^

今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
只今、ベスト10前後(^-^)/
1つ上がっただけで、天国の母も大喜びでしたo(^o^)o

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑こちらはなんとか、ベスト30に(^-^)/


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。