任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
http://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2017年04月08日

学生からの講義レポート2♪〜ただただアッパレです〜

いつも見てくださって感謝です!
土曜にも関わらず久しぶりに5時に起きた
滋賀県大津市の歌って踊れる行政書士の中島です。

あっ、マスターズを見るためにです(^^;)
特に松山英樹選手のプレーに期待して。

明日もそれで5時起き、明後日は明日次第^^

高校の時は新学期早々、それで遅刻したり。

ということでやや寝不足です(笑)

さて、昨日のブログに引き続き、今日は
レポートの中から講義内容についてを抜粋。

ちなみに、抜粋紹介する内容だけでも、
ブログを見てる方にもかなり役立つかと^^

知的資産(人的資産・組織資産・関係資産)を把握し活用することが会社の価値を向上させることにつながる。」これが講義の中で一番印象的でした。
知的資産を理解してもらえて光栄(^^♪

一番印象に残ったことは、戦略の条件の1つで、他者と違うことをやることです。中島さんは、「弱みをあえて強みに変える」とおっしゃっていましたが、そこが一番なるほどって思えました。
これは何も起業のときだけでなく、就活の時はもちろん、・・・いろんな場面で使えそうだなぁと思いました。

・・・これを講義内でどのように言われていたかというと「付加価値をつけて商品価値をあげる。」です。これはほとんどの講師の方が言われているのでとても大切なことだと思いました。
戦わずして勝つという他企業が狙っていない客層をターゲットに重点をあてるこが重要であるという言葉は、経営以外にも受験や就活でも使える言葉だと思います。是非この言葉を覚えておきたいと思います。

中小企業においては、“戦わずして勝つ”“尖がって突き抜ける手法”が有効であると学んだ。
(関係資産)・・・お客との関係や取引先との関係、社員との関係などが挙げられる。これらを見て投資や就職先の検討をしていくのが良いと思った。

大企業と中小企業のやり方がこんなにも真逆なんてすごく驚きました。
それと同時に、中小企業の経営の仕方ってかしこいなぁと思いました。
印象に残ったのが「戦わずして勝つ」という言葉で、・・・わざわざそんな競争に飛び込まなくてもいいんだと新しい発見でした。
他の企業と同じことをやるよりも、個性を磨くとか、顧客との良好な関係とかもっと大切なことがあって、業績よりもよく見ないといけない部分がたくさんあって、このことを就活前に聞けて本当に良かったと思います。・・・
中島さんがおっしゃっていたように、商品を見てこれは何を売りにしているか、どんな客層を狙っているか考えて、見る目を養っていきたいです。

最も興味深いと感じたのは、優れた戦略における条件である。「バリュープロポジション」で商品一点に目を向けるのではなく、まずは顧客に着眼点を置いてニーズ・ウォンツを見出しすことが重要になる。また「トレード・オフ」では、何をやらないかを追求する。・・・それならば他がしないことをする
・・・経営学序論である筈なのに、就職活動のセミナーを受けている気分で本当に楽しかった。

バリュープロポジション=特徴ある価値提案
トレード・オフ=他社と違う選択
戦わずして勝つ

これらを自分なりに理解されレポートって
さすがですね!

さらに、「他社と違うことをする」には、
経営だけでなく、自分自身に置き換えても
考えておられた方が複数おられたようで。

アッパレです。

また、中小企業の魅力も知ってもらえ、
中小企業を見る目が変わってもらえたり、
自身の就活にも活かしてもらえたらと。

今回の講義では、今までと違って、会社の利益はどこから出てその利益はどのように計算されるかや、会社は一般的にそのような資産を持っているかなど、企業が商売をするための基本的な事項を学んだ。

売上は(客数)×(単価・価格)×(購入頻度)で表されるということを学んだ。
・・・具体的にどうすればいいのか、実際の成功した事例などがなかったのが残念だった。
時間的制約がある中で、事例もいくつか
話したけど、この部分の具体例を1つでも
話せたらと反省です。

4/12の地域中小企業講座では、事例を
お話しできればと思います。

今回の講義で粗利益について知った。・・・そして、人件費・・・などは全て粗利益の中から支払われる。私は「粗利益は売上からしか生まれない」というところがとても重要であると感じた。・・・
なので、客数や頻度を上げるためには、単に価格を上げるのではなく、他とは違う強み、魅力、独自性を生かした価値を高めることが重要であると思う。
そしてそれらの「強み」はどのようなものかを考えたとき、それはほとんどが目に見えないものであることに気付いた。

自分たちの人脈や特長を最大限に生かせるように、知的資産経営をベースにした定性分析はかなり有効だと思いました。・・・
今日学んだことを利用して、数字に見えないものを活用していきたいです。

自分たちの給料がどこから出るか
という点も踏まえて、説明しました。

それにしても、ほんとこんな学生さんが
滋賀の中小企業に就職して活躍したら
いいのになぁと思いました♪


レポートには質問もありました。

それに対して、このレポートを頂く前に
担当のNさん経由でメッセで回答しました。

質問とその回答もここで書きますね。

Q.就職における企業選びで、重視すべき点をいくつか教えていただきたい。

A.僕が思うのは、企業の価値観・考え方、社内風土と思います。
自分がしたい仕事や業種でも、価値観や風土が合わないと続きにくいと思うからです。
就職でやりたい仕事ができるとは限らないですが、例え出来なくても、企業の価値観・考え方、社内風土などが自分と合えば、やりたくない仕事でもやりやすいと思います。
中小企業であれば、それに加えて社長の人柄ですね。
恋愛と同じで、いくら相手の見た目やスペック、条件が良くても、相性が合わなければ付き合いにくいし、付き合っても長く続きにくいですし。
割り切った考えであれば別でしょうけど、それはそれで働くことが苦にしかなりませんね。


レポートを見て思うのは、、、

その当日も感じたことですが、真剣に
聞いてくださってたんだなぁと。

改めて講師として嬉しい限りです。

今日も読んで頂きありがとうござます!!

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】

行政書士ブログランキングに参加中(^^)/
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックを
ポチっと押して頂けると嬉しいですわーい(嬉しい顔)
1つランクアップしただけで、天国の母も
入院中時に大喜びでしたo(^o^)o

人気ブログランキングにも参加してます。
↓よろしければ、こちらもクリックを(^^)/
人気ブログランキングへ
↑は「マーケティング・経営」部門で、
只今、ベスト50位前後です(^-^)/

2017年04月07日

学生からの講義レポート1♪

いつも見てくださって感謝です!
45歳でも大学生にもイケると勘違いしてる
滋賀県大津市の歌って踊れる行政書士の中島です。

1/23に滋賀県立大学の「経営学序論」で
「経営分析の基本1 知的資産経営を
ベースにした定性分析」の講師をしました。
【学生さんも大興奮!?
 滋賀県立大学で講師(*^^)v】


今日、事務局から、受講した学生からの
講義レポートがメールで届きました。

それがなかなか面白い(笑)

講義内容についてのレポートや感想は勿論、
僕自身への感想も多かったんです(^^;)

ウケるものもあったり、上から目線かって
ツッコミ入れたくなるものもあったり(笑)

頂いたレポートを画像等でここで出すのは
出来ないので、その中から、僕自身への
感想をいくつか抜粋して紹介します^^

講義内容や気づきとかについては次の機会に
紹介するとして、レポートを拝見した限り、
学生さんたちに、中小企業の良さや魅力や
知的資産について気付いてもらえたかなと♪

とても話が分かりやすくて聞きやすかったです。

中島さんの話を聞いてまず最初に、話し方が上手で魅力的だと思いました
魅力的、、、、20歳前後の学生さんにも
45歳の僕でもまだまだイケるなぁ(笑)
↑何を言うとんねん( ̄▽ ̄)

中島さんの勢いあるトークで、例えが多く、すごく聞いてて分かりやすかったです。
・・・最後に、経歴がとてもおもしろいです。・・・
一見お堅そうなイメージですが、・・・
話し方とかオーラがすごくインパクトがあって・・・
そういう方達に憧れがあるので、お話を聞いててすごく面白かったです。
DEEP IMPACTです(笑)
変な爪跡を残したかも(^^;)

「〜士」とつくと「頭が良い」のレベルが超えて、最早堅苦しいイメージがある。出身校も県下一の高校を卒業しているのだから相当と思っていた。しかし、経歴を続けて読むと、公立大学を中退し、水商売にも手を出したと書いてあり、自己紹介にも「歌って踊れる行政書士」とあった時には「この人の頭は大丈夫なのかぃ?」と青い尻の学生身分の私でも思った。
めっちゃ狂った人扱いです(笑)
まぁ、脳のネジは取れてますが(笑)

が、そこからの〜
親しみやすい喋り方や生活に基づいた例示(視聴者のイメージ作りを助ける)をするにあたり、彼の「中退」が起こした人生に曇りや誤りはなかったと考えていいだろう。むしろその経験こそが今の彼を作っているといっても過言ではない。
上から目線で評論されてます(笑)
っていうか、まるで何かの小説の登場人物に
対する論文みたいです\(◎o◎)/!

でも最後に、
「経営学である筈なのに就職活動のセミナーを
受けている気分で本当に楽しかった」と♪

今回の講義は今までで最も共感できる自分と同じ考え方を持った講師の方でした
光栄です(^_-)-☆
たぶん、エロゲス予備軍ですな(笑)
↑全否定されるで(;´∀`)

授業後に中島さんのホームページを覗いてみたら、努力して(宝石の)売上を上げたり、行政書士に合格されたとあり、ただのエロい人ではないと思った。事務所名もエフォート(努力)ですし。
あと、お母様が亡くなられてからは5時半起きにはされなかったと書いてあり、正直で信頼できると思った。

ありがたいことに、ホームページなども、
じっくりと見て下さったんですね。

仰る通り、、、、
はい、ただのエロい人ではございませぬ。
ただ、神並みにエロい人ですが( ̄▽ ̄)
 
学生からも好評だったこともあり、来週の
4/12からはじまる「地域中小企業講座」で
トップバッターを務めます。

内容はほぼ同じでも、時間はこれより短く
実質75分ぐらい。

これらも参考にして反映させたいなと♪

先述のとおり、講義内容や気づきの部分、
学ばれたことなどは、次回紹介しすね。

ちなみにその内容には、
さすが優秀な学生さんのレポート!!って
感動しました(^^)/

今日も読んで頂きありがとうござます!!

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】

行政書士ブログランキングに参加中(^^)/
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックを
ポチっと押して頂けると嬉しいですわーい(嬉しい顔)
1つランクアップしただけで、天国の母も
入院中時に大喜びでしたo(^o^)o

人気ブログランキングにも参加してます。
↓よろしければ、こちらもクリックを(^^)/
人気ブログランキングへ
↑は「マーケティング・経営」部門で、
只今、ベスト50位前後です(^-^)/

2017年04月05日

社長の若さ、滋賀は?

いつも見てくださって感謝です!
ここ最近、会う人に「痩せた?」と言われる
滋賀県大津市の歌って踊れる行政書士の中島です。

1年でちょっとずつ健康的に減量(^^)/

先日の胃腸の不具合もあり目標値だった
65キロを達成したけど、一応それを維持。

コレを維持したいなぁと♪


さて表題の件。

東京商工リサーチのまとめによると、
2016年の滋賀県内の社長の平均年齢が
60.01歳で全国で2番目に若いそうです。
【社長の若さ、滋賀が全国2位 大阪1位、
 最年長は高知|2017-04-04京都新聞】


このほか、特徴としては、
●70代以上の社長が占める割合が21%
 (全国平均24%)と低い
●40代の社長が占める割合が19%
 (全国平均16%)と高い
●特に建設業は40代が23%(全国平均19%)
だそうで。

僕も45歳だけど、クライアントも含め、
周りに同世代や40代の経営者が多いなぁと。

とはいえ、それよりも70代以上が多いので、
この記事にもある通り、事業承継が喫緊の
課題になってきますね。

70代以上の経営者の子となると多くは40代。

以前に比べて、親子をはじめ親族内承継が
減少しているとはいえ、中小企業の多くは、
やはり親から子への承継が多い。

が、これまで知的資産経営の支援をはじめ
僕も肌で実感しているのは、その親子間の
コミュニケーションは少なさ。

事業承継がメインの目的での支援では、
先代と後継者に同席してもらいます。

僕が先代からヒヤリングをしているのを、
後継者が聞いている。

その時、後継者ははじめて先代の想いや
先代がやっていたことの意味を知る。

こういうの、多いです。

つまり、、、
自社の強みや自社が自社である理由、
顧客価値の源泉といった「知的資産」の
構築過程や強みの理由を知る。

例えば、なぜその仕入先と取引してるか、
なぜそんな非効率な取り組みをしてるか、
なぜ○○にこだわるのか、、、などなど。

事業承継目的での知的資産経営の支援で
先代・後継者の感想で多いのはコレ。

「知的資産経営報告書を作るプロセス、
毎回のセッションが大きかった」と。

事業承継は、単に社長というか代表権が
替わるというだけではありません。

株式等の資産の承継とかも大事。

さらに、「知的資産」の承継、つまり
経営の承継が非常に大事になります。

先代の急死などでいきなり社長になって
苦しんで成功したとかといった話は、
確かにカッコいいかもしれません。

でも、5年10年前からしっかり準備し
スムーズに承継していく方がリスクも
少なくていいですよね。

プロ野球の守備でよく言われるのは、
「本当のファインプレーというのは、
ダイビングキャッチとかではなくて、
打球を予測して正面でキャッチする、
一見簡単そうに見えるプレー」と。

事業承継も同じですね。

社長の平均年齢が滋賀県は全国2位で
40代も平均より多いという結果だけど、
記事にもある通り、調査開始時と比べ
年々上がっています。

なので、やはり早めの対処が必要ですね。

今日も読んで頂きありがとうござます!!

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】

行政書士ブログランキングに参加中(^^)/
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックを
ポチっと押して頂けると嬉しいですわーい(嬉しい顔)
1つランクアップしただけで、天国の母も
入院中時に大喜びでしたo(^o^)o

人気ブログランキングにも参加してます。
↓よろしければ、こちらもクリックを(^^)/
人気ブログランキングへ
↑は「マーケティング・経営」部門で、
只今、ベスト20〜30前後(^-^)/


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。