任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2016年03月16日

合同会社設立のご相談にて・・・白紙に戻す(^^)/

いつも見てくださって感謝です!
飲み会が続く中、今日はその中日だった
滋賀県大津市の歌って踊れる行政書士の中島です。

土曜日からの1週間で6日も飲み会で、
今日は1日中外出せず(^_^;)

そんな今日の午前中は、お客様も大満足の、
ガッツリ2時間の会社設立セッション♪

合同会社設立の件で、わざわざ長浜市から
お客様が来てくださいました。

ホームページのの問合せフォームから
連絡があったけど、まずお聞きしました。

「何で知ってくださいましたか?
「遠いのになぜ僕に頼まれましたか?」
 
この質問はいつもします。
何で選ばれたのかをお客に聞く!

「○○社さんも中島先生が関わったことを
知っており、○○社さんがそうしてるなら
安心できるなと思いまして。」と。

ありがたいことです♪

さて、その相談。

まずは、許認可手続き絡むだけでなく、
その事業をするには法人格が要件なので、
設立のスケジュールを最初にご提案。

その後、“そもそも論”の質問を。

「なぜ合同会社なんですか?」
 
他の方と一緒に出資してされるんですが、
株式会社と合同会社のそれぞれの違い、
メリット・デメリット、リスクなどを
事例を交えながらじっくりご説明。

その上で他の方とご相談して頂くことに。

お客様からの最初のメールでは、
「合同会社での設立を考えています。」
とあったんで、いろいろ調べた上で、
合同会社を選ばれたんだろうなと。

また、株式会社と違い、定款認証が不要で、
しかも登記の登録免許税も、株式会社なら
最低15万円ですが、合同会社なら6万円と
費用面でも安いという魅力もあります。

そして、ネット等ではいろいろモデル定款も
公開されています。

だけど、その定款は必要最低限の条項のみ。

しかし合同会社は、定款の自由度が高いので
カスタマイズする必要が生じます。

そもそも合同会社は株式会社と違い、基本、
「所有と経営の一致」なので、株式会社の
取締役にあたる業務執行社員は、原則、
出資者(社員)になります。

しかも、出資割合で議決権の数が決まる
株式会社と違い、出資割合に関係なく原則
1人1議決権で、定款変更等の重要事項の
決定には、総社員の同意が必要です。

業務の決定の際も、原則、業務執行社員の
過半数の決定で行われます。

ですが、定款に別段の定めがしてあれば、
その原則も変更可能なんですね。

一人ならまだしも、誰かと一緒にするなら、
例えば、仲間であれば、もし信頼関係が
崩壊したら、、、とか、極端な話ですが、
夫婦であっても、もし離婚したら、、、
とかも考えて。

お二人でされるなら、費用面だけでなく、
そういったリスクも含めて、今だけでなく
今後のことも含めて、一旦持ち帰って、
話し合ってもらうことにしました。

つまり、合同会社ありきというところから
いわば、一旦白紙に戻したわけです(^_^;)

その次に事業目的。

される事業だけでなく、今後考え得る
事業内容も踏まえていろいろご提案。

許認可・指定手続きにはその事業の
文言が入ってないと、後々定款変更する
必要が発生します。

さらに、お客様が考えている事業なら、
過去の設立手続きや目的変更の経験から、
「こういう内容も入れておくとどうですか」
と、今後の事業展開も踏まえて、具体例も
提示して提案したりしました。
 
「そこまで考えていませんでしたが、
今後それらは考えられます!」と。

その提案も含め、今後考え得る内容を
列挙して頂くよう宿題を出しました。

この辺りは、知的資産経営の支援での
セッションそのものです♪

その他、事業年度をどうするかも、事業の
性質を考えて提案したり、合同会社にしろ
株式会社にしろ、互いの出資額、資本金を
どうするかという宿題をお出ししたり。

そんなこんなでガッツリの2時間。

お客様いわく、
「定款って大事ですね。来て良かったです!
やっぱりお願いするのがイイですね。
改めて考えないといけないことも明確に
なったので、早めに来てよかったです。」

宿題がまとまったら、今度はお二人で
来て頂くことになりました。
 
お客様の希望通りに合同会社の手続きを
進めるのも一つ。

お客様が想定していた事業だけを定款に
書いて進めるのも一つ。

だけど僕は、先の「そもそも論」も含め、
ヒヤリングを通して提案です。

そして合同会社の場合、株式会社の場合の
双方の見積書も提示。

確かにネット等で出ている報酬と比べて、
僕が提示する額は安くはありません。
(高いわけでもないです(^_^;))

そのお客様から「たくさんの時間を取って
いただきありがとうございました。安心と
同時にこれだけのことを決めてやるんだ
という決意にも改めてなりました。」と
メールを頂きました。

将来的にも戦略的にも、モアベターを
模索しながら進めていきます(^^)/

今日も読んで頂きありがとうござます!!

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】

行政書士ブログランキングにも参加してます。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら
めっちゃ元気出ますわーい(嬉しい顔)
1つランクアップしただけで、天国の母も
入院中時に大喜びでしたo(^o^)o

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらも1クリックを(^^)/
人気ブログランキングへ
↑は「マーケティング・経営」部門で、
只今、ベスト20〜30前後(^-^)/

posted by こうたん at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社設立・会社法務・許認可 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。