任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2014年08月15日

8.15・・・僕にとって大事な日

いつも見てくださって感謝です!
初めて迎えるこの日をしみじみと過ごしていた
滋賀県大津市の歌って踊れる行政書士の中島です。

ちょっと長文です(^_^;)

今日は終戦記念日。
だけど、僕にはそれ以上に大事な日。

8.15、、、

生きていれば67回目の母の誕生日。

亡くなってから初めて迎える。。。

実は、母のお骨はまだリビング。

だけど、今日の午前中にお墓参り。

というのも、母が亡くなる5日前に、あるお寺の納骨堂へ
母方の祖父母のお骨を納めました。

昨年10/17〜22に特別な配慮で外泊させてもらった際、
母の妹(叔母)らも来てくれて、一緒に焼き肉を食べました。
その様子も書いたブログ↓
【やりたいねん!っていう母に甘える^^ 2013/10/19】

その時に母と叔母と話し合って、祖父母のお骨を
事前に母が調べていたお寺に納骨することに。

そして10/26という、今から思えばギリギリ納骨完了。

それを報告しに病院に行ったとき、全て解放されたかのように
母の目から大粒の涙が。
「これで思い残すことはないわ」と。

その納骨堂にお参りに行ってきたんです。
母の誕生日がお盆なので、その誕生日に行こうと。


そんな8.15と命日の10.31は特別な日です。

母がいたから僕がここまでこれた。

急性骨髄性白血病で入院した2年前までは
恥ずかしくて言えなかったけど、今は自信持って言える。

母が大好き。Loveママって感じか。

特に女性からは変に思われるやろうけど、永遠のマザコンだ。

幼い頃は若くてキレイな母が自慢やった。

そういや小学生の僕にずっと28歳ってサバ読んでた、、、
24歳の時の子やのに(^_^;)

中学3年の夏、超スパルタでハードな部活を引退したとき、
僕は張りつめていたものが一気に崩れ、胃酸過多になった。

そんな僕を見て、母がゴルフを勧めてくれた。
そして、安いからということで、平日に学校サボって
コースに連れて行ってくれた。

高校入ってからも、たまに学校休んで平日に2人で
コース出かけたり。
よく姉弟に間違えられたものです^^

その頃からかな、母のことを「とんちゃん」という
母が幼い頃からのあだ名で呼ぶようになったのは。

そんなんだから、おかんとか母ちゃんとかではなかった。
そのニュアンスで言うと、むしろマミーやな(^_^;)

その後はどんなときも応援してくれた母。

大学中退、水商売、フルコミッションの宝石セールス、
退職して行政書士試験、独立開業、、、

はっきり言って無謀な人生。

それでも反対どころか、一番応援してくれ力になってくれた。

そして、どんなに苦しくても笑顔で前向き。

昨年の母の誕生日には、市民病院の看護師さんたちから
こんなプレゼントをもらってました。
母の最期の誕生日

「とみえさん
いつも素敵な笑顔に私たちは元気をもらってます。」

看護師さんらが患者から元気をもらうって、普通は逆です。

でも、全員をファンにしてしまう力があった。

ちなみに、昨年のこの日の母との会話は、嬉しくもあり
微笑ましいお笑いな内容でした。
【母の嬉しくも微笑ましい応援♪ 2013/08/16】

そんな母は僕にとって、どんな偉人より尊敬する人。

だから8.15のこの日は、たとえ亡くなったとはいえ
祝う日であり、いつも以上に感謝を表す日。

生前も毎年、母が好きなお花やケーキで祝ってました。

今日、マジマジと見つめていたものがあります。

母が亡くなるまで付けていた指輪。
母の形見の指輪

実はこれ、僕が水商売していた21,2歳の時に
母への誕生日プレゼントで贈ったもの。

確か、京都の河原町ビブレで買ったのかな、
当時1万円ぐらいの安いサファイアリング。

以来20年間、ずっと付けっぱなし。
そして今、僕の手元に。

価格じゃない価値、、、
今も母の想いを感じる。。。

これも大事な形見のひとつです。


誰に言われたわけでもなく、産んで育ててくれて
愛情いっぱい注いでくれた母に、ありがとうを言う日。

もっとも、少なくとも毎朝毎晩母を想ってるけど。

自分の人生だから、親のために生きる必要はない。

だけど僕は、自分の意志で、いつも空から見守ってくれてる、
母「とんちゃん」の笑顔ために生きていきたい。

独身の女性からすると、こんな男は嫌って軽蔑されるかも。

結婚とかを考えるとマイナスポイントだろうけど、
そんな自分の気持ちを隠したり嘘をついたりして
生きていくつもりは毛頭ない。

僕にとって、天国に行った母は文字通り神様。

その神様がいっぱい微笑んでくれるために。

昨年、最後の力を振り絞って書いた手紙にもあるように
僕の活躍を願っています。
【「ずっと見守っているからね」母からの手紙♪ 母の期待♪】

なので、仕事を通じて貢献し喜んでもらうことが
母がもっとも喜ぶことでもあります♪

そういう意味も含めて、母の笑顔のために生きる。
そして、僕も母のように人を笑顔にする存在であり続ける。

その母が誕生したこの日。

だから僕にとって特別に大事な日。

これからもずっと。

天国のとんちゃん、微笑んでいるかなぁ(●^o^●)


亡くなって初めて迎えた母の誕生日だから、
いろいろ書いちゃいました(^_^;)

今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
只今、ベスト10前後(^-^)/
1つ上がっただけで、天国の母も大喜びでしたo(^o^)o

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑こちらはなんとか、ベスト20〜30前後に(^-^)/

posted by こうたん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 母の闘病・母への感謝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。