任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
http://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2014年08月04日

日本知的資産経営学会に参加、、、まさかの無茶ブリ(^_^;)

いつも見てくださって感謝です!
夜もバタバタで初めて3日もブログ更新ができなかった
滋賀県大津市の歌って踊れる行政書士の中島です。

金曜は糀谷社労士事務所主催のマネジメントアカデミー。

そして土日は、近畿大学で日本知的資産経営学会に参加。
直前にホテルを確保して、宿泊出張でした^^

その日本知的資産経営学会は、その年次大会は今年で3回目。

2日間の資料はこんな感じです^^
140802_日本知的資産経営学会

知的資産経営研究やそれに関連する経済学、経営学、
ファイナンスなど、その道の第一人者の先生方が
その研究成果等を発表してくださいました。

今回のテーマは「イノベーションと知的資産経営」でしたが、
財務情報と非財務情報の統合、とりわけ「統合報告書」というものが
一つに焦点にもなっていました。

統合報告書とは、、、


その前に、これまで「アニュアルレポート」というものが
上場企業等を中心に作られてきていました。

アニュアルレポートは、ステークホルダー、特に
株主・投資家向けに公開された企業の年次報告書。

中身は財務的な情報が中心です。

しかし、より中長期的な事業計画やビジョン、戦略とともに、
財務情報だけでなくCSRに関することやガバナンス、
知的資産などの非財務情報も記したものが統合報告書。

従業員、顧客、取引先、金融機関といった、投資家だけでなく
自社のステークホルダーすべてに公開されるものです。

【世界350社が発行「統合報告書」って何?
 日経ビジネスオンライン 2013年6月18日】


もっとも、企業によっては財務情報・非財務情報を
盛り込んだアニュアルレポートもあります。

まぁ、アニュアルレポートも統合報告書も、
中小企業ではなかなか作成が困難なものですけど。

誤解を恐れず簡単に言うと、知的資産経営報告書を
さらに進化させた感じのレポートですね。

で、2日目の後半の僕が選択した分科会では、
オムロンさんの統合報告書が題材になっていました。

これがそれ。
140802_日本知的資産経営学会

140802_日本知的資産経営学会

できたてほやほやらしく、まだHPにも公開されてない。
【レポート ダウンロード |オムロン】

その統合報告書の責任者であるIR室長による
「長期的視点に立った持続的な企業価値創造の取り組み」
というテーマでのお話は、とても興味深いものでした。

もちろん、僕は統合報告書を知的資産経営報告書に
置き換えて話を聞いていましたが。

画像は目次だけですけど、
価値創造ストーリー、オムロンを支えるマネジメント、
長期経営ビジョン、企業価値の成果(事業内容)、
企業価値を支える力などなど、100ページ弱ありますが
その内容は、知的資産経営報告書とも共通します。

IR室長が責任者となり、年間計画で作成されるそうですが、
ここまで開示していいの?という反対意見もあったそうです。

でも、最終的に開示することでいろんな方面で
理解が促進され、プラスになるとのこと。

取引先の理解や、新たな取引先の開拓、コラボの促進など。

投資家に対しては、短期的目線ではなく、自社を
中長期的に見てその将来性の判断をしてもらう材料に。

また、一定の役職以上の社員にも全員に配布し、
その役職者が部下にも回覧させて話し合いをしてほしいと。

会社の教科書という言葉も出てきました。

そして、このレポート作成にしっかり時間と予算を作っている。

「上場企業の話やん」ではなく、中小企業にとって、
知的資産経営報告書がこれにかわるものになりますね。


その他、普通なら講演1回100万円レベルの
先生の話をはじめ、ほかの研究発表もすごいものが。

加護野忠男先生の「日本的経営と知的資産」は、
めっちゃ目からウロコな話。

知的資産の構築は・・・
取引先、従業員、株主・・・等とのコミットメント!

書き出したらキリがないのでこの辺で。


ところで、学会の最初の総会にて、、、

ところで、学会の冒頭の総会で無茶ブリが・・・

学会だからアカデミックだけど、研究者や教授先生の
論文や研究発表は勿論、変に硬い感じでなくしなやかに、
一番現場を知ってる支援者にもケーススタディとして
発表してもらえたらという意見が。

すると、理事でもあり山口大学の内田先生が、
「特にあの辺に座ってる方々に是非!」と、
僕らのほうを指して・・・

懇親会後の2次会の帰り、内田先生と中森先生の
知的資産経営研究におけるスペシャリストのお二人に、
電車の中で口説かれてました(^^;)

さて、どうなることやら(^_^;)


ということで、三日ぶりの更新でした^^;

今日は整理や昨日できなかった買い出しなどのほか、
ノートPCが修理から戻ってきたので、そのセッティング。

明日は、一日こもって知的資産経営支援の作業です^^

今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
只今、ベスト10前後(^-^)/
1つ上がっただけで、天国の母も大喜びでしたo(^o^)o

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑こちらはなんとか、ベスト20〜30前後に(^-^)/

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。