任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2013年05月19日

不易流行と日本式経営

あなたご訪問に感謝です!
今日は午後から、お客様にある方を紹介しに行っていた
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。

いい紹介になってよかったです^^

そのお話の中でお客様が言ってたこと。
「がーんと儲けるとかでなく、継続することが大事」

ほんと、確かにって思いました。

で、その継続。

2週間前の京都新聞の記事に、こういうのがありました。

【不易流行】〜京都新聞 『日本人の忘れもの』 第45回〜

「不易流行」とは、 いつまでも変化しない
本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を
重ねているものをも取り入れていくこと。

こちらの↓2009年12月15日のブログでも触れてます。
【2009年12月15日 100年企業の共通点】

で、先の『日本人の忘れもの』の不易流行の
サブタイトルとして、このようなフレーズ。

「伝統を守りつつ本業の技を磨く日本式経営を」
「過去・現在・未来の流れを見渡す視点を持つ」

その記事の一部を少し引用すると、
伝統の根幹部分は、企業経営でいえば本業ですね。最近では米国式の経営がもてはやされ、利益追求のみが企業に課せられた命題であるかのような風潮が経済社会で横行しています。企業が投機・マネーゲームの渦に巻き込まれ金融資本主義的な目先の利益を優先し、本業をおろそかにすると、長続きしないように思います。永続的な発展のためには、やはり伝統や地域との関わりを大切にしながら本業の技を磨いていく日本式経営を、経済界全体が見直すべき時期かもしれませんね。


まさに知的資産経営の本質です。

過去から現在を掘り起こし、そこで見えた知的資産をもとに
現在から将来への価値創造ストーリーを描く。

知的資産=内部の経営資源 は、企業内での
長い時間の中で培ったその会社ならではのもの。

その中で、守るべきものは何か、活用するものは何か、
取り入れるものは何か。

そうして本業の技を磨きつつ、ドラッカーの言うところの
「ドメイン=事業領域」をしっかり見定めていく。

本業の技は商品・サービス・その構成要因・強み等の
知的資産とも置き換えることができます。

不易流行と知的資産経営。

知的資産経営は、まさに日本式経営といっても
過言ではないんですね。


と、今日のネタがなかった中、取っておいた新聞記事が
ネットでアップされてるのを確認して書いた今日この頃^^;

今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
只今20位前後から30位ぐらいに降下、、、(-_-;)

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ

こちらは50位前後から100位前後に下降(;_;)
頑張れ〜〜(笑)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。