任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
http://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2011年08月13日

「無駄」や「弱み」が「強み」につながる

あなたご訪問に感謝です!
PCのクリーンアップをしていた
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。

『ある部分での(多分に意図的な)「弱み」が、
別の部分での「強み」をもたらしているということは、
優れた戦略がしばしば含んでいる因果論理なのです。』
「ストーリーとしての競争戦略」楠木建著 P.32より)

『部分的な非合理を他の要素とつなげたり、
組み合わせたりすることによって、ストーリー全体で
強力な全体合理性を獲得する。』
(「ストーリーとしての競争戦略」楠木建著 P.322より)

『「普通の賢者」は文句のつけようがないストーリーを
語るのですが、みんなが「正しい」と思う要素ばかりで
ストーリーが組み立てられているので、競争優位を獲得できても、
遅かれ早かれ模倣される可能性にあります。
これに対して、戦略の玄人は賢者の盲点、すなわち
部分合理性と全体合理性のギャップに持続的な
競争優位の源泉を見出します。』
(「ストーリーとしての競争戦略」楠木建著 P.327より)

まぁ簡単に言えば、
 ・なんてバカなことを・・・
 ・そんなことすてることが弱み・・・
 ・そんな無駄な、面倒なことをして・・・
というようなことが、実は全体としてみると
「強み」につながっているってことです。

これを分かりやすく説明した内容のメルマガが、
昨日届いたので、一部抜粋してご紹介しますね。

『弱みが強みにつながる』
(1分で学ぶ!小さな会社やお店の集客・広告宣伝・販促)

たとえば、地元の公民館の会合とか行くとするじゃないですか。
するといつも、年配者の意味の無い質問、ピントのぼけたやり取り、
不毛な議論、かみ合わない意見交換が延々と続くわけです。

でも、こういう場で会合を進行する会長さんが
「では、こんな感じでどうでしょう。」と、方向性を示すと、
「まあ、じゃあ、そうすんべ!」とまとまることがあります。

その時の会長さんって「理論的なこと」や
「能率的なこと」や「理屈として正しい」ことを述べて、
参加者を説得するのではないのです。

日頃、地域内の公共の場所に伸びた雑草を人知れず
せっせと刈っている会長さんや、地域で困りごとがあると
損得考えずに動いてくれる会長さん、宴会で司会をして
場を盛り上げて、宴会中にちょっと酔って一節うなる会長さんが
「言う」ことだから、「まあ、じゃあ、そうすんべ!」と
なることが多いわけです。

何のトクにもならない公共の場の草刈や悩み相談、
飲みニケーション、という一見すると「ムダ」に思えることが、
「会長さん全体」の強みになっているわけです。

企業でもお店でも一見すると部分部分では弱みやムダに見えるものが、
実はその会社やお店全体の強みの一部になっていることがあります。

例えば、店内の1席当たりのスペースを広くする、
回転率を求めないことは他社から見れば弱みやムダに見えます。

一人ひとりの患者さんの話を丁寧に聞く医療スタッフの態度は
効率重視の競合から見れば弱みやムダに見えます。

でも、その弱みや無駄が会社やお店、組織全体では
強みになっていることがあるということです。

社長や店長はつい他社の効率の良い面ばかりを見て、
それを取り入れて、模倣しますが、実は効率の悪いことに
「見えない強みの原因」があることが多い
のです。


この一見して非効率・非合理なことを
「クリティカル・コア」といいます。

無駄のようで無駄でない。

アホなこと愚かなことのようで、
強みや競争優位の源泉になっている。

利益の源泉がどうなっているのか、
知的資産経営のヒヤリングでも丁寧に遡っていくと、
けっこう見えてくるものがありますね。


今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ありがたいことに、只今20位前後〜10位台のようです^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑お陰さまで、この激戦区で
今のところ30位前後と健闘してます(驚)




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。