任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2011年05月05日

相続で、家がひいおじいちゃんの名義だった場合〜数次相続〜

あなたのご訪問に感謝です!
昨日の打ちっ放しで、ちょっと筋肉痛の
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。


GW前にご相談があった案件。


父が亡くなり、家の名義を母にしようとしたら、
名義人がひいおじいちゃん(曾祖父)のままだった!


父の相続で、相続人はご本人と母とお子さん。
3人の協議で、母が単独で不動産を相続しようとした。

この場合、どうしたらいいのかという問題です。


まず、下の関係図で確認します。
数次相続


その前に補足ですが、父が祖父より『以前』に亡くなっていれば、
代襲相続となり、祖父の相続財産は、父の代襲相続人である
ご本人を含めた3兄弟姉妹になります。


そうではなく、祖父の後に父がお亡くなっているので、
祖父から相続された財産は父に相続されます。

そして父に相続された財産は、その相続人である母と
ご本人を含めた3兄弟の4人が相続人となります。


細かいことは省略しますが、「どの順番にお亡くなりになったのか」で、
相続人かそうでないかが変わってくるわけです。

『代襲相続なのかそうでないのか』ということです。


そこで、今回の本題。

前提として、
※ 代襲相続はなく、全て親より後に子が死亡している
※ 曾祖父の死亡が昭和22年の法改正以降である
 (法改正で旧民法の家督相続がなくなった)


「曾祖父 ⇒ 祖父 ⇒父 ⇒母」へと単独相続したこととする
遺産分割協議書をつくります。

中間が「単独での相続」であれば、相続登記においては
いきなり最終の相続人への登記が可能です。


順番としては、
 1.「曾祖父⇒祖父」の単独相続の遺産分割
 2.「祖父⇒父」の単独相続の遺産分割
 3.「父⇒母」の単独相続の遺産分割
となります。

これらの遺産分割協議書を作って、相続登記をして、
不動産の名義を変更するわけです。

遺産分割協議書には、相続人全員の実印と印鑑証明が必要。

が、ここで問題が!


だれが相続人で、何人いるの??


図の例では、亡くなっている方は斜線(/)にしています。

結論からいうと図の例だと16人です。


まず曾祖父の相続人は、図の赤・ピンク・黄色の方全員です。

顔も名前も知らないような方がいると思います。

(ちなみに現状では、この不動産は、法定相続分による
この方々全員の共有になっています。)


そして、祖父の相続人は、図のピンクと黄色の方全員です。

さらに父の相続人は、黄色の方の4人です。

もう少し細かく説明すると以下です。

=================================
1.曾祖父 ⇒ 祖父(曾祖父と曾祖母の相続人は同一)

祖父と祖父の生きているご兄弟やその相続人。(図の赤)
しかし、祖父は死亡している。

よって、その相続人である祖母と、祖父母の子である
父と父のご兄弟。(図のピンク)

しかし、父も亡くなっていることから、その父の相続人である母と
ご本人ご兄弟姉妹。(図の黄色)

これら図の赤・ピンク・黄色の方全員で「曾祖父⇒祖父」への
単独相続の遺産分割協議書をつくります。


2.祖父 ⇒ 父(祖父と祖母の相続人は同一)

1.で祖父に単独相続されたことを受けて、
図のピンクの方と父の相続人である 図の黄色の方で、
祖父⇒父への単独相続の遺産分割協議書をつくります。


3.父 ⇒ 母

2.で父に単独相続されたことを受けて、
父の相続人である図の黄色の方全員で、
父⇒母への単独相続の遺産分割協議書をつくります。

=================================

ただし、相続人の可否や亡くなった順番など、
いずれにせよ戸籍が必要になります。

その戸籍もすべて曾祖父の死亡までの戸籍をはじめ、
すでに亡くなっている相続人の出生から死亡までの戸籍、
つまり相続人であるという「つながり」がわかるよう
全員の戸籍を全部取って、相続人の確定をしないといけないんです。

生きている相続人の必要な戸籍は、現在の戸籍謄本です。

ただ、これだけ相続人がいると、その戸籍の量だけでも
ハンパではないですね。

図の例だと16人。


僕ら行政書士は、登記の手続きは出来ないけど、
戸籍の収集を代行し相続関係図をつくったり、
遺産分割協議書をつくったりは出来るんですね。

また、委任状があれば固定資産評価証明書の取得も出来ます。


とまぁ、ざぁっと書きましたが、昨日の名刺整理と同様、
ほったらかしにせず、早めにやっておく方がいいですね。



今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ありがたいことに、只今20位前後〜10位台のようです^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑お陰さまで、最近はこの激戦区で
今のとこ20〜30位前後と健闘しております(驚)

posted by こうたん at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
家督相続はないんでしょうか?
Posted by 通りすがり at 2011年05月06日 00:02
>通りすがりさん
ご指摘ありがとうございます。

今回の件では、曾祖父の死亡が昭和30年代、
つまり法改正後の相続開始であることから、
家督相続はないわけです。

その旨をしっかり書かないまま、書いたので、
付記しておきます。
Posted by こうたん at 2011年05月06日 07:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。