任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2010年11月28日

おもろい会社の条件とは?

あなたのご訪問に感謝です!
今日も資料作りの準備をしていた
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。


昨日の知的資産経営研究会にて。


「おもろい会社」の5つのポイントとは。


1.社長の顔が見えること

マスコミなどによく取り上げられているとかではなく、
従業員に社長の顔、存在感が見えている。

社長の明確なメッセージ、理念・方針が伝わっていて、
それをコミュニケートできている。
しっかり密に浸透されている。


2.人のやらないことをやること

単にニッチ志向ではなく、オリジナルなことがある。
そこにこだわりを持ってやっている。

そのほか、弱者の戦略でいうところの
手作り、アナログ、面倒くさい系という
人がやらんこと。


3.爪の長い経験をしない

欲をかいては本当の商売が出来ない。
コストに対する考え方でも、目先の利益や、
短絡的な考えで行なっていないか。

効率優先で、効果的なモノまで失っていないか。

中長期的な利益、営利性で考えている。

適正なコストをかける意味と意義。

人も含めて傾斜配分。
ユニーク(独特)になる部分には、コストをかける。

効率化だけを求めず、「不効率の効率」経営をしている。
根拠があって、必要な無駄をしているか。

まずはとにかくやってみる。


4.ぶれない会社である

重要なのはビジョンがあるか。
それをもとに5年先を見ているか。


5.お客に愛される会社になる

消費者志向の原点。
お客の信用、愚直に勤勉、地道で正直。

顧客視点で労を惜しまない。


5つの他に、キーワードは・・・


ストーリー性


ユニーク(独特)さ


心(マインド)と仕組み(仕事)の共有化


現場主義


こだわり


サプライズ(なんで?と思わせるようなもの)



そのはかいろいろありましたが、
ランチェスター経営戦略、ドラッカー、栢野さんの話などと
かなり共通する部分もあり、何度も大きく頷いてました^^


夢×戦略×感謝


そのためのマネジメントをどうやってくか。


それがどのような特長や強みを持ち、
どう商品・サービス・事業に反映されるか。


ランチェスター戦略×知的資産経営。


『こうたん式「知的資産経営」論』です(笑)


今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
上位25位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑100位前後をウロウロ
ラベル:行政書士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。