任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2009年06月26日

効果的なチラシ・・・

あなたのご訪問に感謝です!
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


いやぁ〜、暑いですね。

真夏日になって、ビールが美味しい季節。
(僕はあまりビールは飲まないんですがあせあせ(飛び散る汗)

僕は冬より断然夏の方が好きなんですけど、
みなさんはどうですか?


でも暑い季節になると、大変な仕事もありますね。

現場仕事なんかその代表。

そして、ポスティングなんかもそうかと。


で、このポスティングだけでなく、
毎日見るチラシ。


このチラシを見て、その店に行ってみたり、
注文してみたり、ちょっと残しておこうと思ったり、
何か反応するときって、なんでなんでしょうね?

そこの記されている何かに反応したと思います。


でも、いざ作る側に回ると・・・

全く反応しないようなものになってしまったり・・・


そうなんです。

作る側に回ると、自分が消費者だったらという視点が
なくなりがちなんですよね。

最近は僕も興味のない種類のチラシも、
出来るだけ目を通すようにしています。

上手い!って思うものもあるんで、
そういうのは参考になるからです。

じゃぁ、どんなチラシが効果的なのか。


これは弱者の戦略にも通じるけど、

やはりまず、「ターゲットを絞る」

興味のない方や関係のない方も含めた
万人に訴求するんではなく、ある一定の方に絞る。

例えば、僕なんか肩こりが激しいんですけど、

「なかなか治らない慢性的な肩こりでお悩みの
働き盛りの30代のあなたに知ってほしいんです!」


なんて書かれると、オッと手にとって熟読してしまいます。


こういうのを「ペルソナ・マーケティング」
って言うんですけど、それは置いといて、
ここで肝心なのは、対象を絞れば絞るほど
反応が高まる
ってことです。

つまり、読み手はどんな人なのか具体的に想像してみる。
そして、そのチラシを見たときにどんなことを考えるか。

対象とする読み手のある一人の方を想像し、
その人に向けて発信するってことです。


ある特定の1人を想像する。


ある特定の人を妄想するんではないですよ。
(僕は妄想族ですけど(爆))


そしてその人に向けて、「情報発信」するんです。

イメージ広告は大手の戦術。

そうではなく、「情報提供型」です。

お金をかけたイメージ戦略ではなく、
低コストで工夫です。

手作り感あるほうが目立つ場合も多いです。


商品の特徴や会社・店の特徴など。
どんな会社(店)か、どんなサービスなのか
どんな人なのか、他店との差別化、
消費者が最初に思うであろう不安の解消・・・
などなど。

それだけでなく、自社や従業員の「見える化」。

従業員の姿なんかもあるといいですよね。
親近感がわきます。


ここまでの流れは、

オッ、俺のことやん!
→ちょっと見てみようか
→なるほど、そんな商品(サービス)で
→こんな会社かぁ
→こんな人が働いてるのかぁ
→ちょっと行って(申し込んで)みようかなぁ

って感じでしょうか。大雑把ですけど。

で、次が大事です。

お客さんにどうアクションしてもらいたいのか。

つまり、「申込み・問合せ」をしやすくするってことです。

電話してほしいのかファックスしてほしいのか。


ちなみにチラシでメールしてもらうのはやや困難。
わざわざアドレス入力してまではなかなか・・・

HPを見てもらいたいのなら、
何で検索したらいいのかの表示があるといいですね。

いちいちURLを打ち込むのは・・・

せっかく、アクションを取ろうと思っているお客さんがいても、
「申込み・問合せ」の方法が不明確なら不憫ですしね。


で、ちょっとまとめると、

・ターゲットを絞る
・イメージよりも情報重視
・低コストで工夫して、商品・会社の特徴を訴求
・申込み・問合せをしやすく


って感じですね。


あとは効果測定をきっちり行って検証。
PDCAサイクルです。


そして、日によってはいろんなチラシに
紛れ込みやすい折り込みチラシよりも、
ポスティングのほうがより効果的ですね。

自分でやる場合、家の方が庭先にいらしたら、
「こんにちわ〜、ご案内で入れさしてもらってます〜」
なんて、声掛けもできますし。

ごく稀に、「いらん!」って言われますけどあせあせ(飛び散る汗)
(僕もありましたもうやだ〜(悲しい顔)

でも、たいてい、「御苦労さま〜」
って言ってもらえますよるんるん

そこで興味持ってもらえたら、
お話もできますしひらめき

できれば、ターゲットとなるお客さんがいそうな、
地域も絞ったところがいいかと。


あと、3つ折りなど折って入れる場合、
見出しやキャッチコピーが
最初に目にしやすい所にあるか。


といいつつ、僕も自分で作るとなると、
できているのかどうか。

なので、社内や同業者以外の
第三者に見てもらうのがいいですね。


今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ←120位前後をうろついてます^^;

こちらも参加中^^;
blogram投票ボタン
ラベル:行政書士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。