任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2008年06月19日

相談料をどうするか

いつもご訪問ありがとうございます。

滋賀県大津市
行政書士事務所を開業する、こうたんです。


今日の授業で、たまたま他の受講生の方から講師に
話の流れから内容証明の件の話になりました。

そういう時、何処に相談すればいいのかなど・・・

勿論、講師の先生も行政書士ですし、
行政書士が相談にのれる旨を説明したあと、
僕が開業するからというフリがあったので、

僕も「僕に聞いてください!」
と言うと、「そやね」と言う雰囲気の和やかな笑いが。

そこで、聞かれたのが、
相談料はどれくらいなのかということ。


僕としては、やはり基本は有料にしようと思います。

ただ、問い合わせと相談は違うので、問い合わせは無料ですが。

メール・電話等の初回相談は無料にしようと思っています。

そこで、相談から書類作成等の業務依頼が発生したら、
業務の報酬から相談料を差し引くと言う形にしようかと。

そして、定期的に無料相談会を開催しようかと。


確かに無料とすると、相談者にとっては一見いいのかもしれませんが
有料とすることで、より顧客満足度がわかると思うのです。

また相談者もお金を払っているのだから、
僕に対する視線も厳しくなり、
ごまかしが利かなくなると思うからです。

無料で得る知識とお金を払って得る知識・・・

例えば僕がセミナーを受講する時、
タダだと吸収力が弱りますが、
対価を払っていると、一言一句聞き逃すまいと思います。

お金を頂いて満足していただく。
これは客商売を長くしていた僕の経験です。

考え方は色々あると思いますが・・・
ラベル:行政書士
posted by こうたん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。