任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
http://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2015年08月07日

捨てる勇気

いつも見てくださって感謝です!
びわ湖花火大会とは無縁な生活をしている
滋賀県大津市の歌って踊れる行政書士の中島です。

朝一から知的資産経営の支援で米原へ。

3年前にご支援させて頂いたN社で、
今回はさらなるブラッシュアップ。

合計4回の支援で、今日は2回目。

独自の強み(知的資産)が活きて、
N社だからできる事業・分野に特化し、
N社だからこそできる価値の提供を
していくようにアドバイス。

あれもこれもだと、力が分散するし、
強みも生きず、干からびてしまう。

絞ると強みやスタッフも一層磨かれる。

絞り込んで特定分野で尖がっていき、
1位を取っていくための捨てる勇気。

まさにランチェスターの弱者の戦略。

続けるか止めるかを判断する質問は、
「今だったらそれを始めますか?」

そして社長の答えはNOでした。


ちなみに、「競争の戦略」で知られる
マイケル・ポーターはこう言ってます。
「戦略は企業が目標を達成するために選択するポジショニング」
「戦略の本質は、何をやらないかを選択すること」

また、P.F.ドラッカーはこのように。
「事業とは、市場において知識という経営資源を経済価値に転換するプロセス」
「自社が得意とするものは何か、自社に特有の知識、能力、経験、評判を最も生産的に生かす方法は何かが問題となる。」
「われわれの事業のうち何を捨てるか」
「もっとも重要な事に集中せよ」
「戦略とは捨てる勇気だ」

ドラッカーの言う「知識という経営資源」、
「自社に特有の知識、能力、経験、評判」は
「知的資産」=「強み」のことですね。

何をやらないかを選択、何を捨てるか、
まさに今日はこんなセッションでした(^^)/

で、さっきそのN社の社長がFacebookで
こんな感想の投稿を(^_^;)
しかし、迷いもありつつ 7割がたすすめていく方向で検討していた事業に駄目だし・・・
おまけに プロフィール写真も駄目だし(笑)
イメージちゃうしって・・・・・そっ・・そーかなぁ・・・・
プロフィール写真 やっぱ プロに撮ってもらおうかなぁ・・・
仕方ない・・

迷いのある事は、そういえば 今まで あまりうまくいった事が無い
おやっ?あれっ?っておもっても 前に進んでしまう性格の私にとって
ズケズケ 伝えてくれる できるN行政書士は なかなかのもんです。
同い年ってこともあり、そーかなぁ・・と思いつつも 割と素直に聞けます。

いや!人の助言は素直にききましょうーー
最終は12月。整理して 弊社の強み!!さらに強化

ズケズケって(笑)

なかなかのもんだそうです(笑)

今日も読んで頂きありがとうござます!!

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】

行政書士ブログランキングにも参加してます。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら
めっちゃ元気出ますわーい(嬉しい顔)
1つランクアップしただけで、天国の母も
入院中時に大喜びでしたo(^o^)o

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらも1クリックを(^^)/
人気ブログランキングへ
↑は「マーケティング・経営」部門で、
只今、ベスト20〜30前後(^-^)/


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。