任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2015年06月23日

企業風土も「知的資産」!

いつも見てくださって感謝です!
そろそろ髪を切りに行きたくなってきた
滋賀県大津市の歌って踊れる行政書士の中島です。

まずは、コチラ↓の今日のニュース。
【東洋ゴム免震不正:上司ら9人関与指摘
 「企業風土」批判|毎日新聞ニュース】


「…同社の企業風土を厳しく批判した」
「規範順守意識を鈍らせる企業風土がある」
「…不祥事につながる風土が根付いている」

企業風土も「知的資産」です!

この企業風土も財務諸表では見えませんし、
突然ポンッと生まれるものでもないです。

相当のマネジメントを行い、長年培って
ようやく形成され定着していくもの。

そこには、様々な知恵や仕組み、システム、
関係性などが連鎖してきます。


「知的資産」には3つの分類があります。

まずは、人の知恵や技術、技能、経験など、
人に依存する「人的資産」。

これは、その人が辞めたら持ち出され、
会社からなくなってしまうもの。

2つ目は、仕組みやシステムといった、
企業としての体制などの「構造資産」。

「組織資産」とも言い、企業で構築された
知恵で、従業員が辞めても残るもの。

3つ目が、顧客との信頼関係や取引先や
仕入先などとの外部の繋がりや関係といった
「関係資産」。


人的資産・構造(組織)資産、関係資産が
連鎖して時間をかけて培われることで、
企業風土という「構造資産」ができます。

そして社内の共通の価値観にもなっていく。

でも、これは外からも決算書でも見えない
まさに無形の資産=無形の強み=知的資産。

優位性や評価、利益の源泉でもあります。

でも、記事のような「企業風土」はもはや
「資産」ではなく「負債」であり知的負債。

この負債も外からも決算書からも見えない。

連鎖する無形の負債=知的負債を取り除き、
「資産化」していくには、経営陣という
「人的負債」の除去だけでは無理ですね。

自社の知的資産を把握するのが大事ですが、
知的負債が無いかも見極めないと。

今日も読んで頂きありがとうござます!!

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】

行政書士ブログランキングにも参加してます。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら
めっちゃ元気出ますわーい(嬉しい顔)
1つランクアップしただけで、天国の母も
入院中時に大喜びでしたo(^o^)o

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらも1クリックを(^^)/
人気ブログランキングへ
↑は「マーケティング・経営」部門で、
只今、ベスト20〜30前後(^-^)/


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。