任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2013年12月23日

学生さんの前でお話します^^

いつも見てくださって感謝です!
なんだかんだと、3連休も仕事だった
滋賀県大津市の歌って踊れる行政書士の中島です。

土曜は知的資産経営の支援で訪問、
昨日は掃除・買い出しデーだったものの、
特別代理人の引き受け。

そして今日は、午前がけったいな税理士さんとともに
お客様のご相談対応で、午後からは打合せ。


で、その午後からの打合せ。

来年2月22日に、学生さんを中心に講演させて頂くことに。

【「学生×社会人カフェ」in彦根part2】というもので、
キャリアカウンセラーの野口さんと滋賀大生の方で企画。

場所はアル・プラザ彦根6階の「大学サテライトプラザ彦根」

「学生×社会人カフェ」なので対象は、学生さんだけでなく、
社会人の方もです。

で、その野口さんと滋賀大生の方と打合せをしてました。

野口さんからは、
「以前、職業訓練の職業人講話でお話して頂いた時に、
同じ内容を学生さんにもお話してほしい〜と思い続けてた。」
とのことで、今回、お引き受けすることになったんです。

講演1時間→グループディスカッション1時間
っていう感じになりそうです。

打合せの際、どんな内容を話すかをいろいろと話していると、
その学生さんからは、
「そんなこと知らなかったです!」とか
「そういう視点はめっちゃ新鮮です!」
みたいな感じになってました。

話すテーマとしては、まだ「仮」のサブタイトルですが、
「価値〜自分が提供できるもの」って感じのようで。

知的資産経営支援で強みの棚卸、強みを活かした価値の提供
といったことを掘り起こして明確化しているので、
それを少し学生さんの個人向けにっていうような感じかなと。

これまで仕事を通じて得た中小企業の状況や、
滋賀県内の企業の状況とかも織り交ぜつつ、
中小企業にも目を向けてっていうメッセージも
入れつつって感じで。

まぁ、職業人講話で話した内容を、学生さん向けに
少しアレンジして、僕らしくお話しようかなと。


さてと、明日はクリスマスイヴ。

そんなことは全く関係なく、朝一から京都府精華町で
経営革新計画の支援と知恵の経営支援のダブルヘッダー。

本当は、ガチサタの収録もあるんですが、
代役で仲良しの糀谷社労士さんに頼みました。

明日も頑張ります。

今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
只今、ベスト5から落ちて、ベスト10(^_^;)
1つ上がっただけで、天国の母も大喜びでしたo(^o^)o

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑こちらはなんとか、ベスト20にランクアップ(^-^)/

posted by こうたん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特別代理人を引き受け

いつも見てくださって感謝です!
掃除、買い出しのほかに、久しぶりに洗車をした
滋賀県大津市の歌って踊れる行政書士の中島です。

といっても、洗車機やけど(^^;)

そんな中、お昼に友人から電話。

相続による遺産分割協議の件です。

相続人の中に未成年の子がいるので、特別代理人が
必要なのでお願いできないかと。

相続が発生すると、亡くなった方(被相続人)の
遺言がなければ遺産分割協議をし協議書を作ります。

一般的に、未成年者の親権者がその子の代理人になります。

相続の場合も相続人に未成年者がいれば、その親権者が
代理人となって、遺産分割協議に参加します。
(民法824条)

が、しかし・・・

1.その親権者も相続人の場合。。。
2.または、複数の未成年者がいる場合。。。

1.の場合、親が未成年者と間で利益相反行為になり、
2.の場合は、もう一人の未成年者との間で利益相反行為に。

なので、これらの場合は、家庭裁判所(家裁)に対して
【特別代理人】の選任の申立てをする必要があるんです。
(民法826条)

で、今回それに該当するので、特別代理人を選任することに。

この選任の申立ては、候補者を立ててもよく、候補者は、
利害関係がなければ誰でも良いんですね。

で、僕が候補者になりました。

勿論、報酬も発生します。

特別代理人選任審判申立書には、候補者だけでなく、
遺産分割協議書案やその他必要な戸籍、印鑑証明書、
住民票等を添付します。

遺産分割協議書や家裁への申立書は、司法書士さんに
頼まれたそうなので、僕は遺産分割協議に参加という形。

まぁ、裁判所への書類作成・申立代理人には
行政書士はできず、司法書士、弁護士の範囲ですしね。

勿論、書類でも、遺産分割協議書や相続関係図など
それ自体が独立性を持つものは、行政書士は可能です。

遺産分割協議書も作成するし、その前提で、相続人の
確定のために、戸籍を取って関係図も作りますし。

それはともかく、特別代理人は初の経験。

ただ単に遺産分割協議に参加ではなく、その内容が、
適正かどうかもチェックする必要がありますし。

ちなみに、その司法書士さん。

僕は初めてなんですが、僕のこと知っておられたようで(^_^;)

ありがたいことです^^


明日の午前は、S税理士さんと連携してご相談業務。

午後からは、2月に学生の前で話す仕事を受けたので
その打合せです。

今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
只今、ベスト5から落ちて、ベスト10(^_^;)
1つ上がっただけで、天国の母も大喜びでしたo(^o^)o

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑こちらはなんとか、ベスト20にランクアップ(^-^)/

posted by こうたん at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。