任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2013年06月18日

M・ポーターの競争戦略と知的資産経営の類似性(メモ)

いつも見てくださって感謝です!
最近、マイケルポーターの論理を考察してる
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。

競争の戦略、競争優位の戦略など戦略論といえば
このマイケル・ポーター

只今、300ページ以上の本を読んで研究中^^
「エッセンシャル版 マイケル・ポーターの競争戦略」

ポーターといえば、、、、
業界における5つの競争要因(ファイブフォース)や
それに対処する「コストリーダーシップ戦略」、
「差別化戦略」、「集中戦略」といった、どちらかというと、
業界や有利なポジショニングという側面の印象が強いかなと。

ですが、ポーターは90年代後半〜2000年以降は、
業界から企業内の独自の「活動」に重点を置いてきてます。

それが、知的資産経営とものすごく類似性が、
というか、そのものだなぁって思ったんですね。

しかも、僕の教科書の一つでもある500ページもある
「ストーリーとしての競争戦略」では、おそらく
ドラッカーやこのポーターをひっくるめて、
論述されているなぁという印象です。

その要点的なところを、今日はメモ書き程度で^^

競争優位とは・・・
 ライバル企業を下すことでもなく、また単に
 コアコンピタンスを持ってることではない。
 卓越した価値を生み出すこととに関わること。

競争優位がある企業とは・・・
 相対的に高い価格を要求できるか(相対的価格)、
 相対的に低い「コスト」で運営できるか(相対的コスト)、
 その両方(相対的価格&相対的コスト)

これについて、「ストーリー・・・」でも、前者を
WTP優位(支払いたいと思う基準)、後者を
コスト優位と記述してます。(まぁ、ポーターもですが)

で、そうした特徴ある価値提案が戦略の第一条件で、
その競争優位の源泉は、バリューチェーンにあると。

優れた戦略の5つの条件・・・
1.特徴ある価値提案
 どの顧客を対象とし、どのニーズを満たし、
 相対的価格をどうするか、それらがライバルと異なるもの

2.特別に調整されたバリューチェーン
 独自の価値提案を実現するのに最も適した一連の活動。
 他社と同じ活動を違うやり方で行うか、 他社と違う活動を
 行うかを選択。

3.トレードオフ(何を捨てるか)
 自社の価値を最も効率的、効果的に実現するために、
 やらないことをはっきり定める。バリューチェーンにおいて、
 どれだけトレードオフが存在するか。

4.バリューチェーン全体の適合性(フィット)
 自社が行う活動(バリューチェーン)それぞれが
 どれだけ一貫性を持って相互依存的に連携しているか。
 一つのコアコンピタンス、強みが成功要因ではなく、
 互いに価値を高め合ってる。
 活動全体を最適化するために、一部の分野で最適でない
 (非効率な)選択をしている。
 これを把握するためにそれぞれの活動の線で記した
 「活動システムマップ」を作ることが大事。

5.持続性
 バリューチェーンの調整やトレードオフ、適合性を
 時間をかけて継続して磨きをかける。
 
これら5つの条件で、他社がより模倣しにくい戦略になると。

これ、知的資産経営といっしょやなあと。

商品サービスを通じて、どんな価値を提供するか。
そこにはどんな知的資産や取り組みがあり、それらが
どのように繋がり連鎖しているか。そしてその連鎖は
どれだけ強い(太い)か。

他社から見れば真似できないではなく、真似しないような
一見不合理な活動があるか。

それら知的資産などの構築には長い時間が必要で、
どれだけ継続性があるか。

また、ポーターは「活動システムマップ」を作ることで、
適合性を強化す方法や、新たなアイデアが生まれ、
また、利活用できる活動を見極め新商品・サービスの提供の
ヒントが得やすくなると言っています。

この「活動システムマップ」とは、僕らがやっている
「知的資産マップ=価値創造ストーリー表」。

さらに、実際の話として、新たなポジショニングを開拓するのに、
自社の強みを見極める際にやる方法でもある、バリューチェーン
(企業が行う独自の一連の活動)から始めるのは有効な方法
と言っています。

全くもって、知的資産経営の支援で行っているなぁと^^
ちなみに僕の支援は、どんな価値を提供するかのお手伝いで、
結果として戦略作りになることが多いわけで^^。

まぁ、もう少し自分なりにアウトプットできるように
インプットしていこうかなと。

今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
只今20位前後でウロチョロ中、、、(-_-;)

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ

こちらは100位前後から180位前後に下降(;_;)
頑張れ〜〜(笑)

2013年06月17日

滋賀県は高い!? 年収・県民所得・県内総生産・・・

いつも見てくださって感謝です!
全米オープンで松山選手が10位でテンション上がった
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。

世界最難関の全米オープンゴルフ。

なんせ、世界中のトッププロが集まって、その優勝スコアが
例年イーブンパー前後で、今回も1オーバー。

その中で、初出場でトップ10ってすごいです。

石川遼選手との優勝争いを、近い将来見たいなと^^


さて、すごいといえばこんなデータが。

【2012年 都道府県別サラリーマン年収ランキング】

厚生労働省の賃金構造基本統計調査から抽出された
このデータによると・・・
 1位 東京都  5,823,600円
 2位 神奈川県 5,324,200円
 3位 愛知県  5,182,900円
 4位 京都府  4,871,000円
 5位 滋賀県  4,838,100円

と、なんとベスト5に滋賀県が!

ちなみに関連データを見てみると。。。

【2010年 人口1人当り県内総生産ランキング】では・・・

東京・愛知に次いで、滋賀県が1人当り426.22万円で3位!

また、先月末にもブログで紹介しましたが、
【2010年 人口1人当り県民所得ランキング】では・・・

滋賀県が1人当り326.82万円で、東京についで2位!


一応、統計上ではこのような結果ですけど、
実社会ではどうなんでしょう?

ただ言えるのは、この類のデータでは、滋賀県は常に上位。

僕も恩恵にあずかれればと^^


明日は、昼前に会社設立案件で湖南市へ。
夕方からは、久しぶり?の同友会例会です^^

今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
只今20位前後から30位ぐらいに降下、、、(-_-;)

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ

こちらは50位前後から100位前後に下降(;_;)
頑張れ〜〜(笑)

posted by こうたん at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

歌って踊れる行政書士 踊りまくって・・・(笑)

いつも見てくださって感謝です!
今日はほぼ再起不能状態の身体になっている
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。

踊り疲れたディスコの帰り〜〜♪

昨日はそんな感じ(^^;)

リアル&Facebook友達で、ヒロムクロスの兵頭さんから
お誘いを受けて、石山駅前の「U-STONE」で行われた
兵頭さんも協賛された「DISCO TRAIN」に行ってきました。

これは、あの時代をもう一度!というコンセプトの
ディスコパーティー。

ディスコ・・・

ハイ、元ディスコの店員の僕。
しかも、当時かかっていたナンバーが主体。

さらに、あの「WON'T BE LONG」でお馴染みの
バブルガムブラザーズのBro.KONEさんもゲスト登場。

ということで、思いっきり楽しみにしていきました。

早い時間はこんな感じ。
130615_DISCO TRAIN 130615_DISCO TRAIN

その後、知ってる方とかも徐々に増えてきて、
そして、僕もだんだん乗ってきて本格的に踊りだし・・・

写真はピンボケながら、友人が撮ってくれた写真。
130615_DISCO TRAIN

動画があれば・・・(笑)

ノリついでにこんな写真も(^^;)
「びわカン」でアシスタントとかもしてる、
友達の保志花嬢と。
130615_DISCO TRAIN

で、曲の大半が僕がディスコで働いていた時に
よく流れていたもの♪

テンション上がりまくり、フロア真ん中で踊りまくりです^^

そして、宴もたけなわ、10時ぐらいになったとき、
ゲストのBro.KONEさんが登場!!
130615_DISCO TRAIN
アンコールで「WON'T BE LONG」です♪

そうして、4時間のディスコパーティは終了。


で、その様子をあるFB友達が投稿してくださってました。
少し引用すると、、、、
色んな方にお会いできて楽しかったのですが、何より来られてる先輩方のパワーに圧倒されっぱなしでした(^^;;
曲ごとに決まったダンスやステップがあるようで皆さんバッチリ踊られててすごいな〜と感心しきりでした。
しかし、1番感心したのは某行政書士の中島さん!昨日のユーストンで1番元気でノリノリだったんではないでしょうか!?笑
まさしく歌って踊れる行政書士でした(^^)


100人ぐらいの中で、やらかしてたようです( ̄▽ ̄;)!!

ただ、、、

4時間、座ることなく立ちっぱなしというかほぼ踊りっぱなし。
しかも帰りのバスも座れず・・・

というわけで、本日、体がボロボロになっておりました(;_;)

20年前と体力も落ちてんのに、年甲斐もなく
激しく踊りまくり。。。

後先顧みず、、、40超えて何してんねん、、、
って感じで(^^;)

2、3日は筋肉痛が続くかと。。。トホホですね。

それにしても、久々にいい汗かいた感じです♪

今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
只今20位前後から30位ぐらいに降下、、、(-_-;)

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ

こちらは50位前後から100位前後に下降(;_;)
頑張れ〜〜(笑)

posted by こうたん at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

3連チャンで^^;

いつも見てくださって感謝です!
飲んだ後は、何故かプチウォーキングになってる
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。

だいたい石山駅に着くのが0時前。

今までならタクシーを使ってたんですが、
留まるバス停は、家から距離は遠くなるものの、
最終のバスが23時49分と0時9分の深夜バスがあるわけで。

深夜バスでは倍額なんですけど、それでも440円。

昨日はナガタ理容室さんの45周年イベントの
作戦会議という名の飲み会。

今日は戦略社長塾からの懇親会。

ということで、最近、夜が続いたり多かったりするので、
飲んだ後でも石山からタクシーを使わずバス。。。

石山駅からタクシーだとほぼ2千円かかるので、
2回節約したら飲み第1回分になります。

まぁ、超セコい考えですが(^_^;)

ただ、バス停から坂道を10分強歩きますが。。。

飲んだ後の坂道なので、ちょっぴりキツイけど、
いい運動かなと。

そして明日は行政書士会の会合に行ったあと、
夜はディスコパーティー。

まぁ3連チャン。。。

さすがに明日は踊った後に坂道は、、、、

ということで、2日続けてブログ更新なしは
気持ち的に許せなかったので、無理やり更新です(^_^;)

それにしても、いろんな意見交換ができ有意義な時間でした^^

今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
只今20位前後から30位ぐらいに降下、、、(-_-;)

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ

こちらは50位前後から100位前後に下降(;_;)
頑張れ〜〜(笑)

posted by こうたん at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

お目当ての本をネット以外で買う場合

いつも見てくださって感謝です!
昼過ぎは部屋の温度が30℃を少し超える
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。

僕の事務所は、2階の南西側。
ほんま、熱がようこもります(^_^;)

さすがに30℃超えると、冷房が・・・
梅雨はいったいどこへ行ったんやろかぁ。。。

さて、最近、知的資産経営の論理思考を
さらに深めるために、いろんな本を読んでます。

というか戦略の教科書みたいなのを、知的資産経営視点で
読み解いてるって感じです。

図書カードも結構あるので、これを使わなってこともあり^^;

Amazonなどのネットで買うことも多いんだけど、
書店でたまたま見つけて買うことも。
また、リアルな書店だと、ちょっと中身を見て買えるし。

ただ、図書カードだとやはりリアル書店。

お目当ての本があるかどうかわからず行っても
無駄足を踏みかねません。

そこで、こんなのを使ってます。

大垣書店の店舗在庫検索

喜久屋書店の店舗在庫検索

紀伊國屋書店の在庫検索

僕の所から近い3つの大型書店の在庫検索です。

一番近いのは、フォレオ一里山にある大垣書店

その次に、イオンモール草津にある喜久屋書店

その次が、大津パルコにある紀伊国屋書店

で、先述のとおり、この3つの大型書店について、
それぞれ各店の在庫がネット上で確認できます。

なので、近い順に各店舗の在庫を調べて、あればゴー。
なければ取り寄せもできるようで。

僕の場合、たいていはお目当てを買ったらさっさと帰る
って言う感じですが、本だと他になんかええのないかなって
ついつい見てしまうわけで。

利便性や配送、スピードとかを求めたらネットでしょうけど、
見て触って買い物を楽しむっていう価値もあるわけで。

自分のために図書カードを買うことはないだろうけど、
僕的にはもらって嬉しいものの1つですね。

特に、専門書とかは高くつきますし^^

リアルな書店で買われる場合は、そういった在庫確認検索を
使ってみてはいかがでしょう。

明日の夜は、ナガタ理容室さんが行う45周年イベントの
作戦会議で草津へ。

というか、ほとんど飲み会のような。。。
明日から飲み?が3連チャンで続きます。。。

ブログ、書けんのかぁ・・・(^_^;)

今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
只今20位前後から30位ぐらいに降下、、、(-_-;)

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ

こちらは50位前後から100位前後に下降(;_;)
頑張れ〜〜(笑)

posted by こうたん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

事業承継セミナー:『知恵の経営報告書』の事業承継への活かし方

いつも見てくださって感謝です!
先の引き合いはあるけど、今月は暇な
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。

複数抱えていた知的資産経営の支援がほとんど終わり、
時間的ゆとりがけっこうある状態です(^^;)

そんな時間を使って情報収集や学習をしたり^^

でも、なぜか夜の予定は増えていく。。。
すでに交際費は昨年の6割です・・・(^^;)

さて、表題の件。

来月7月31日に、京都商工会議所さん主催で、
こんなセミナーがあります。

事業承継セミナー
 「見落としていませんか?継ぐべき強み
  〜『知恵の経営報告書』の事業承継への活かし方」


知的資産経営の恩師でもある、龍谷大学の中森孝文教授が講師。

今日、京都商工会議所さんのHPでアップされてました。

事業承継に知的資産経営報告書を活用するという内容。
案内文の抜粋↓
 今後わが国が超高齢化社会を迎えるにあたり、中小企業においても経営者の平均年齢が59歳を超えるなど高齢化が進んでおり、事業承継が喫緊の課題となっています。また、今年3月末をもって中小企業金融円滑化法が終了したことにより、財務基盤の脆弱な中小企業にとっては一刻も早く事業が将来にわたって継続できる目途を立て、事業の拡大・発展に向けた取り組みを始めなければならない時期に差し掛かってきていると言えます。

 そこで今回のセミナーでは、代表権や財産だけでなく、経営理念やノウハウなどの「経営の本質」をいかにして後継者に引き継ぐべきかについて「知恵の経営」報告書等を活用した事業承継のあり方を学び、中小企業が10年後、30年後も事業を継続していくためのヒントを解説いたします。


開催概要は以下のとおりです。
======================
日 時:2013年7月31日(水)15:00〜17:00
場 所:京都商工会議所「教室」(2階)
    京都市中京区烏丸通夷川上ル
   (地下鉄烏丸線「丸太町」駅 6番出口)

参加費:無料
定 員:100名
申し込みや詳細はこちら↓
http://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_094417.html
FAX申し込み、案内チラシはこちら↓
http://www.kyo.or.jp/kyoto/pdfview/20130731shoukei.html
======================

僕らの支援でも、事業承継を主な目的で、知的資産経営報告書を
作られる企業さんも、これまでに多くありました。

また、ヒヤリング等の過程で、僕ら第三者を通じて、
現社長と後継者との間で、これまで話したことのない話など
考え方や本音の意思疎通というのもありました。

というか、支援を通じて、「はじめて聞いた!」という
後継者さんの声が多かったというか、100%です。

また、現社長は、整理が出来たとともに、後継者と
共通認識が持てたという意見も100%です。

ご興味のある方は、是非ご参加していただければと。

僕も行ってみようかなぁって思ったり。
中森先生には、「来んでええ!」って言われるかも(笑)

今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
只今20位前後から30位ぐらいに降下、、、(-_-;)

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ

こちらは50位前後から100位前後に下降(;_;)
頑張れ〜〜(笑)

posted by こうたん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

但陽信用金庫さんによる知的資産経営に関する取り組みが公開

いつも見てくださって感謝です!
Facebookで、ちょっとした連載を書き始めた
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。

といっても、ある時代からの自分ヒストリーだけど(^^;)

トピック的なところは、このブログやHPでも
時系列で公開してますけど^^
http://koutannikki.seesaa.net/article/89078512.html

さて、知的資産経営でも関係の深い近畿経済産業局さん。

僕らがご支援させて頂いた中で、報告書を公開される際は
こちらのサイトで開示されています。

【知的資産経営のすすめ|近畿経済産業局】

先週末このサイトに、【知的資産経営に関する取り組み紹介】
という題で、地域の企業を対象に、知的資産経営の活用支援を
積極的に進めている金融機関や支援機関の取り組みについて
紹介するコーナーが設けられました。

その第一弾として、兵庫県の但陽信用金庫さんの取り組みが
電子ブックで公開されています。

【但陽信用金庫(兵庫県) E!KANSAI6月号(電子ブック)】
(※ 該当ページはP.14〜15)

『E!KANSAI』とは、近畿経済産業局が発行するウェブマガジン。

6月号のPDF版はこちら↓
【E!KANSAI 2013年6月号(PDF)】

但陽信金さんは、金融機関としては、おそらく全国でも
一番早いぐらいから、知的資産経営の支援に取り組まれています。

なんせ、僕が知的資産経営の支援を始めた頃ですし。
一番先進的な関西でさえ、そんな広まっていなかった4年前。

当時、僕も含め、一部の専門家しか所属してなかった、
「関西知的資産経営研究会」でも事例に上がりました。

で、【E!KANSAI6月号】の中から、但陽信金さんの取り組みを、
一部引用します。

作成支援専門家が企業を訪問し、知的資産経営報告書作成の支援を進めています。
「企業経営者にとっては、自社の経営について時間を取って考える良い機会になっているのではないでしょうか。」
主体となって報告書を作成するのは、もちろん企業経営者自身ですが、各社の強み・弱みの洗い出しを行うワークショップには同庫の職員も参加します。
当庫には知的資産を知らない職員はおりません。取組を通じてその有効性を充分に認識しているからこそ、実体験として企業経営者に知的資産経営をお勧めすることができます。ワークショップに参加しているときは本業を離れ、『どうすればこの企業が良くなるか』というスタンスで接しています。」

さらにそのメリットや課題としてこう言っています。
その企業に金庫職員が深く入り込むことができ、企業の本質的なところが把握できます。
〜略〜
金庫職員の目利き能力のレベルアップもメリットとしてあげられるとのことです。
〜略〜
金融機関としては、経営判断により、組織全体で知的資産経営の活用支援にあたることが必要であるといえます。


ここ数年で、信用金庫をはじめ、一部の金融機関が
支援機関や僕らのような専門家等と連携して、積極的に
知的資産経営の支援に乗り出しています。

僕も実際、京都中央信用金庫さんと京都府商工会さんと
連携した経験もあります。

滋賀県でも、滋賀銀行さんが今後乗り出すみたいな
情報はありますが、具体的なことはマダかなと。

リレーションシップバンキングが叫ばれる中、
地域密着型金融として、こういう取り組みが
もっと広がっていけばなって思いますね。

今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
只今20位前後から30位ぐらいに降下、、、(-_-;)

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ

こちらは50位前後から100位前後に下降(;_;)
頑張れ〜〜(笑)

2013年06月09日

売り手視点の4P、買い手視点の4C

いつも見てくださって感謝です!
最近、ネタに少し行き詰っている感のある
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。

ということで、今日も今読んでいる本から(^_^;)

【コトラーの戦略的マーケティング】の中の、
第6章「マーケティング・ミックスの策定」より。

コトラーとは、マーケティングの第一人者。

マーケティング・ミックスは次の4Pを用いたもの。
・Product(製品)
  =製品、サービス、品質、保証、デザイン、ブランド名等
・Price(価格)
  =価格、割引、支払期限、信用取引条件等
・Place(流通チャネル)
  =販路、立地、在庫、配送等
・Promotion(プロモーション)
  =広告宣伝、営業、ダイレクトマーケティング等

もっとも、マーケティングの4PはJ・マッカシー教授提唱で、
コトラーは、この4Pにpolitics(政治)とpublic opinion(世論)
を加えた6P理論を言ってますが、それは置いておきます。

で、これら4Pは販売の観点、つまり売り手の視点。

これについてこの本では、顧客は価値や問題解決の購入とみなし、
製品の価格以上にその入手や使用、廃棄にいたるまでの総費用に
関心を持つと。

さらに顧客は、製品にしてもサービスにしても、出来る限り
容易であってほしいと思い、プロモーションなど求めず、
双方コミュニケーションを求めていると。

で、4Cを顧客視点で見たのが次の4C。

・Customer value(顧客にとっての価値)
・Cost to the Customer(顧客の負担)
・Convenience(入手の容易性)
・Communication(コミュニケーション)

この4Cもコトラーではなく、R・ラウターボーン教授提唱。

コトラーのこの本によれば、顧客視点の4Cを通して
マーケティング・ミックスを考え、それをベースに4Pを
構築するのがいいと。


知的資産経営の支援でも、Product(製品・サービス)を通じて、
どんなCustomer value(顧客にとっての価値)を提供するのかを
考えますたりします。

また、顧客との双方向のCommunication(コミュニケーション)
という観点でPromotion(プロモーション)について考えたり
ご提案したりします。


顧客を始点としたマーケティングという意味では、
売り手視点ではなく、顧客視点の4Cを考慮することで、
昨日書いた「バリュープロポジションの創造」が出来るんですね。

今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
只今20位前後から30位ぐらいに降下、、、(-_-;)

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ

こちらは50位前後から100位前後に下降(;_;)
頑張れ〜〜(笑)

2013年06月08日

「自社独自の提供価値」の3つの基準

いつも見てくださって感謝です!
指原が1位だったAKBの総選挙には全く興味がない
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。

って、一応、チェックはしてるやん( ̄▽ ̄;)!!

それはさておき、今こんな本を読んでます。

【コトラーの戦略的マーケティング】
コトラーの戦略的マーケティング

字も大きくない350ページ以上の本^^

その中で、「バリュープロポジション」について
書かれていました。

バリュープロポジションについては、以前ブログで
【USPにUVPって言うけれど^^】というタイトルで
書きました。

このUVPはユニークバリュープロポジション、
つまり「Unique Value Proposition」の略。。

Unique=独自の、Value=価値、Proposition=提案
ということで、顧客に対する自社独自の価値の提案、
つまり、自社独自の提供価値。

そのバリュープロポジションです。

で、この本の「バリュープロポジションの創造」
という節の中で、「価値の基準」と言うのが出てきました。

M・トレーシーとF・ウィアセーマが名づけたもので、
企業が顧客に提供可能な価値の基準には、3つあると言ってます。

この枠組みは、あらゆる市場には3種類の顧客がいる
という考え方に基づいているとのこと。

その3グループは、
 ・最先端の技術を築く企業を好むグループ(製品リーダー)
 ・信頼性が高く頼りになる性能を求めるグループ(優れた業務活動)
 ・個々のニーズを満たすことにおいて、最も反応が早く
  融通のきく企業を好むグループ(顧客親密度)
というもの。

で、これを野村総合研究所の「経営用語の基礎知識」では
こう言いかえてました。
 ・製品の優位性・・・優れた商品開発力によって、常に
   他社にはない画期的な商品を提供する
 ・業務の卓越性・・・優れた業務プロセスによって、
   一定品質の商品を、最良の価格で提供する
 ・顧客との関係性・・・個々の顧客のニーズに対応し、
   最高の顧客サービスを提供する

で、このコトラーの本では、この3つの「価値の基準」は、
しばしば相反する経営管理システムと経営の姿勢を必要とする
と書かれてます。

つまり、トレードオフ(何をやり何を捨てるか)が必要と。


知的資産経営でいえば、価値創造であり、それを生み出す
知的資産の連鎖が価値創造ストーリー。

このバリュー・プロポジションの構築、つまり、どんな
自社独自の価値を提供していくのかは、自社の強みが何で、
それをどう活かしていくかを明確にする必要があるんですね。

そして、僕らの支援では、ヒヤリング等で掘り起こしし、
どんな価値を提供するかを定めて行ったりしてます。

知的資産経営の視点でいろんな戦略系の本を読みますが、
読めば読むほど、言い方や切り口は違えど、本質はやはり
一緒かなって思ったり。

それにしても、なかなか読み応えある内容です^^;


今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
只今20位前後から30位ぐらいに降下、、、(-_-;)

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ

こちらは50位前後から100位前後に下降(;_;)
頑張れ〜〜(笑)

2013年06月07日

経験で理解できるコトラー、支援実践で理解できるポーター

いつも見てくださって感謝です!
セ・リーグは阪神と巨人のマッチレースやなって思う
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。

それにしても、今年のセ・リーグは、極端ですね。
首位巨人と2位阪神が0.5ゲーム差で、3位かと9.5ゲーム差。

このまま行くのかどうか、面白いような面白くないような^^


さて、表題の件、、、なんのこっちゃって感じですけど(^^;)

知的資産経営の支援に携わって4年半。

その間、知的資産経営そのものだけでなく、
メジャーな戦略論もいろいろ吸収していきました。

知的資産経営に触れるまでは、ランチェスター弱者の戦略。
そこに知的資産経営が入り、知的資産経営についてさらに深堀り。

深堀りする中で、ドラッカーにも触れ・・・
内部資源論のバーニーもかじりつつ、その他、
ポーターやコトラーも間接的に触れ・・・

これはいろいろミックスして、しかも知的資産経営に
ものすごくピッタリだなぁって思ったのが楠木建さんの
「ストーリーとしての競争戦略」やなぁと。

現場での支援では、バリューチェーン(価値連鎖)をはじめ、
マーケティングの4Pなどの観点でもヒヤリングしてます。

当初は、そのフレームワーク自体知らなくても、自然と
そういう視点で考えたりヒヤリングしたりしてたんですね。

バリューチェーンはポーターが提起。
マーケティングの4P、マーケティングミックスはコトラー。

で、最近、コトラーとポーターも改めて学んでます。

で、思うこと。

コトラーのマーケティングは、僕の過去の経験で理解できます。

というのは、宝石のセールスの経験だけでなく、
商品部で課長として商品開発等も経験もあるので、
コトラーが言ってることを多少なりともやってたなぁと。

それも含め、これまでの知的資産経営の支援経験も踏まえ
スムーズにインプットできるなぁと。

一方ポーターは、知的資産経営の支援を深めるために、
いろいろ学んだりした経験で、ものすごく理解できるなと。

バリューチェーンはポーターが提起したわけだけど、
それを知らずとも、知的資産経営の支援では必須。

また、ポーターの競争戦略は、業界に注目し、そこには
ポーターの代名詞とも言える5つの競争要因(5フォース)があり、
それに対処するための、コストリーダーシップ・差別化・集中
といった、3つの戦略があるというもの。

なので、思いっきりポジショニングの戦略というイメージ。
ランチェスターと近いなぁと。

でも、改めてポーターに触れると・・・

ポーターって知的資産経営やんって。

ポーターは、業界に注目したあとは、次に内部の活動に
注目していた。

それがバリューチェーンの始まりでもあり、さらに深まって、
一貫性のある活動とその組合せ(活動システム)が大事で、
いかに他社と違った独自の活動システムを作れるかが大事と。

そこには何をやるか、何を捨てるかというトレードオフが必要と。

そして、その独自の活動システムの適合性を高める必要があると。

で、それらを見つけるのには、自社を見つめ直すことが大切と。

独自性の核=自社の強みを見つけ、自社の歴史、創業者のビジョン、
これまでの発展の基礎となった製品・顧客の振り返りが必要と。

そこから戦略的ポジショニングに繋がる可能性を見つけ、
自社の強みを書くとした活動システムを図で表し、
さらにその適合性(フィット)を言葉で表現しろと。

んんん????

まさに、知的資産経営の支援でやってることやぁ!って(^-^)/

活動や独自性の核=自社の強みは、知的資産や
それを生み出す、背景にあるマネジメントのこと。

活動システムは、バリューチェーンを含めた
知的資産やその背景の取り組みの連鎖。

活動システムを図で表し、その適合性(フィット)を
言葉で表現しろって、それを書いたのが知的資産経営報告書。。。

「ストーリーとしての競争戦略」では、ドラッカー、
ポーターのポジショニング、バーニーの内部資源論なども
網羅しています。

その上で、独自の戦略ストーリー、つまり一貫性のある
フィットの強い活動システムを作れと。

この活動システムの中にコトラーの4P、つまり、
製品、価格、販路・チャンネル、プロモーションもある。

そして顧客に「価値」を提供するんだと。

前々から、戦略論の本質は、切り口は違えど同義と思ってたけど、
こうやって、さまざまなものに触れるとあらためてそう思うなと^^

ポーターvsバーニー、つまりポジショニングvs内部資源論
みたいな図式もあるけど、ポーターの「活動」を内部資源と
置き換えるとVSではないやんって^^

内部資源の組み合わせが「組織能力」であり、
ポーターの活動システムのことって言える。

コトラーも顧客始点の4Pのミックスで差異を作れと。
またコトラーはドラッカーの言葉を度々引用。

そうやって新たな価値を生み、すなわちイノベーションで、
顧客を創造に繋がる。

ランチェスターで言えば、商品、業界・客層、地域、営業で
絞り込んで=トレードオフして、差を作ってお客様作り。

ほんま、戦略は、一言で言えば「違いを作ってつなげる!」

そして、いろんな戦略論が全部繋がったって感じ^^


ただ思うに・・・

単に本だけを読んで知識を入れても、感覚として
理解しにくいかなぁって思います。

自分の経験や体験、支援での実践論理があってこそ、
スっと入ってくるかなと。

と、なんか、繋がりといいながら、つながりがあるのかどうか
まとまりのない殴り書きになっっちまったぁ(^^;)

ってことで、知的資産経営からのポジショニングやな(^-^)/

今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
只今20位前後から30位ぐらいに降下、、、(-_-;)

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ

こちらは50位前後から100位前後に下降(;_;)
頑張れ〜〜(笑)


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。