任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
http://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2012年11月09日

登記簿と固定資産評価証明書の記載が異なる場合〜相続登記〜

あなたご訪問に感謝です!
タイミングよく突然のランチの誘いを受けた
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。

午前にとある法務局の支局へ。

その途中に、(株)金の鍵の王本さんから電話。
「草津あたりでランチでもどうですかぁ?」と。
びわ湖花街道のMさんもご一緒とのこと。

戻って作業をするだけだったので、すぐOK。
いろんな話が出来て良かったです

さて、その法務局へは遺言執行の関係で^^

相続に限らず、登記には登録免許税が必要です。

相続の場合の税率は、不動産の課税価格の4/1000(0.4%)。
遺贈の場合の税率は、不動産の課税価格の20/1000(2%)。
【登録免許税の税額表|国税庁】

そしてこの課税価格は、固定資産評価証明書の金額。

この評価証明書の金額の1,000円未満を切り捨てた額の、
0.4%なり2%をかけて、100円未満を切り捨てた額が、
登録免許税の額になります。

しかし今回は、1つの物件で、固定資産評価証明書と
登記上の表記に著しく異なる点があったんですね。

土地Aと建物B・Cの3物件。

土地Aは、評価証明書と登記簿が完全一致。

建物Bは、評価証明書と登記簿上の床面積が少し違う。

建物Cは、評価証明書と登記簿上の「種類」が違い、
さらに床面積が全然違う。。。

そこで法務局に相談。

すると、Bは誤差の範囲なのでこのままということに。
しかしCについては・・・

Cの登記上の表示は、
 種類 物置
 床面積1階 24.79平方メートル
    2階 19.83平方メートル
です。

しかし、評価証明書の表示は、
 種類 居宅
 床面積1階 29.45平方メートル
    2階  0.00平方メートル
でした。

で、このCに関してだけ課税価格を再計算することに。

この再計算で使われたのがこの2つです↓
 ・新築建物価格認定基準表
 ・経過減価補正率表

大津地方法務局管内では以下の表です。
【大津地方法務局管内新築建物課税標価格認定基準表】

この他、【建物の種類別の認定基準対応表】
というものがあります。

今回の例では、建物の種類が「物置」なので、
認定基準上の種類は「附属家」になります。

で、上の表に当てはめると「附属家」の木造なので
1平方メートル当たり44,000円に。

これにCの登記上の床面積合計44.62平方メートルを
掛けると、1,963,280円に。

この金額に、「経過減価補正率表」の率を掛けます。
今回は、27年以上ということで補正率は0.20。

すると、1,963,280円×0.20=392,656円となり、
これがCの課税価格になります。

新たに算出されたCの価格にA、Bの課税価格を足して、
1,000円未満を切り捨てた額に、税率を掛けて100円未満切り捨て。

結局、課税価格は評価証明書の合計額より360,000円高くなり
登録免許税額もその分高くなっちゃいました。。。

ちなみに、今回のような計算は、新築建物をはじめ、
評価証明書が出ない建物の場合などに使われます。

評価証明書が出ない場合は初めからこれで計算すればいいけど、
評価証明書と登記上の表記が異なる場合は、誤差の範囲か、
そうでないのかは、やはり法務局に確認する必要がありますね。


明日は、今日できなかった作業をがっつりする予定です。

今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ちょっと下がって、只今20位前後にのようです^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ

こちらは50位前後に復活です^^;

ラベル:行政書士 相続
posted by こうたん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・遺言関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。