任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2012年01月18日

1.17 忘れない

あなたご訪問に感謝です!
起きてまもなく、テレビを見ながらその時刻に黙祷した
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。

平成7年1月17日 午前5時46分。

23歳になったばかり。

12月に水商売を辞め、1月5日から宝石の会社に入社。
新しい仕事で頑張るぞと思っていた、確か2回目の休日。

休みが月曜日だったので、確かその日も月曜日だったかと。


一浪して大学に入ったものの、1年早く中退。
なので、神戸には大学時代の友人も多くいた。

中でも六甲道に住んでいた高校からの友人は、
その時の様子を「地獄絵図だった」と語っていた。

携帯電話を持ち始めたのはそれから3ヶ月後。

まだポケベル全盛期で、携帯を持っている人なんて
なんだかイチビってるって感じだった。

当然、ポケベルもほとんど繋がらず。

連絡さえ取れない状況。

後で目覚めて付けたテレビを見て、信じられなかった。

母親も連絡がつかない僕に、かなり動揺をしたらしい。

まだ寝ている時間でだったけど、大津でも震度5だったので、
かなり強い揺れを感じ、無意識の内に、隣の女性の上に
覆いかぶさったことを、鮮明に覚えている。


僕は何をしていたか。。。


実は、水商売時代に知り合った近所の女性の家で、
泊まっていたわけで。。。

で、その大きな揺れの瞬間、無意識というか、反射的というか、
本能的にというかベッドで眠る女性を守ろうと覆いかぶさった。

揺れが収まり、再度寝て、起きて付けたテレビに驚きだった。

そりゃ母親も心配するだろうと、というか、
こっちも心配だったので、すぐに家に戻った。

それから神戸の友人に連絡しまくり。

皆大丈夫だったようだけど、本当に身が凍る思いだった。


あれから17年。

若かった僕も40歳。

時が経つのは早いもの。

しかし一方で、その早さとともに、17年という月日は、
ややもすると、その時の記憶を忘れさせるに十分な時間。

だからこそ、しっかりと記憶にとどめ、忘れないようにいないといけない。

今、未成年の方は、まだ生まれてないか、記憶にないかのどちらか。

だけど、そうだとしても、現実として知っている3.11とともに
しっかり受け継いでいかなければならないと思う。


その瞬間何ができるか、何をするべきか、どう行動するべきか、
それ以前に、どう備えておかねばならないか。

僕は23年の人生経験の中で、反射的に女性の上に被さった。

それが正しい行動なのかはわからない。

だけど、誰かを守るということは、日頃からの行動や、
日々の備えといったものが大きく影響すると思う。


その時に何ができるか。

永遠のテーマかもしれない。

だから忘れてはならないんだと思う。


ちなみに滋賀県ではこんな取り組みが始まったことを
お知らせしておきます。

滋賀県ラジオ局防災共同プロジェクト

今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ありがたいことに、只今10位前後にのようです^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑お陰さまで、この激戦区で
今のところ20〜30位前後と健闘してます(驚)



ラベル:行政書士
posted by こうたん at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。