任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
http://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2012年01月17日

外国人留学生の就職活動の凄さ

あなたご訪問に感謝です!
今週は毎日どこかに出かけている
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。

といっても、今日と明日は夕方からですけど^^

今日出かける前にちょっと早めに夕食を摂ったんです。
その際に、報道番組を見ていました。

確か、これだったかと。
http://www.ytv.co.jp/ten/

合同説明会の様子を中心に報道されていました。

そこで、学生の就職活動が短期決戦になったのに加え、
日本人学生にとってさらに脅威なのが外国人留学生という
感じの報道でした。

この報道でも述べられていましたが、留学生の就活に対する
モチベーションが全然違うということ。

留学生は、就職できないと在留資格が切れるので、
帰国しないといけないという危機感があります。

それに、明確な目的をもって留学しに来ています。

日本人と留学生に能力の差があるとは、そんなに思いません。

ですが、先ほどの危機感に加え、モチベーションや必死さ、
緊張感というか、それら意識が違うし、目の鋭さの違い。

そういったことが報道されていました。


なるほどなぁと思いつつ、僕が注目したのは・・・

面接時の学生側の対応。


日本人学生が話しているのは、大学生活や部活、バイトなど経験。

対して、留学生が話しているのは、自分が御社にどう貢献できるか。


どんな考え・目的(理念・方針・コンセプト)で日本に来て、

その中でどんな努力や取り組み(マネジメント)をし、

そして、どんな特長(強み・ノウハウ)を持った

自分(商品・サービス)になったか。

その自分が御社(顧客)に対して与える価値・貢献は何か。

これをドーンと伝えているわけですね。


そうです、知的資産経営的に自己アピールです。

単に、これやってました、あれやってます、
こんな特徴がありますだけでなく、自身を通じて
自分の採用がいかにメリットあることか。

自ずと価値創造ストーリーで訴えかけているんですね。

要素としての強みだけでなく、それらを繋げる強み。


何度かさせていただいた職業人講話。

知的資産経営を就活に絡めて話したりしました。

まさにこの内容です。


外国人留学生より日本人を優先しろっていう声も
出てきそうですけど、護送船団方式に日本人学生を優先しても
質の低下をもたらすのではないかと思います。

でも僕が思うには、下手に守るより、そういった競争にさらされ、
そして磨かれて勝っていくほうが、日本人はもっと
強くなれるんじゃないかと思います。

世間を批判したり、なんで留学生をと言ったりする前に、
自分自身が切磋琢磨することを心がけないといけないと思います。


といいつつ、人に偉そうに言えるガラでもないので、
僕自身にも言い聞かせているんですけど^^


今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ありがたいことに、只今10位前後にのようです^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑お陰さまで、この激戦区で
今のところ20〜30位前後と健闘してます(驚)



posted by こうたん at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。