任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2011年05月20日

第三者がヒヤリングすることの重要性

あなたご訪問に感謝です!
今日は京都府八幡市に行っていた
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。


僕が好んで読んでいるメルマガの一つに
「1分で学ぶ!小さな会社やお店の集客・広告宣伝・販促」
というものがあります。

酒井とし夫さんという方が発行されているメルマガです。

その4日前のメルマガに「長所100個」という
タイトルの記事がありました。

コチラです↓
http://www.middleage.jp/mag2011/0516.html

その中の後半にこんな記事。
無理なことは長く続かないし、性格やその人の長所って
「せっかくその人に備わっているもの」だから、それを活かした方がいいですよね。

でも、案外、難しいのが
「自分は何が得意?」
「自分の長所は何?」
が分からないという事。

でもね、それは分からないんじゃなくて、今まで考えていなかっただけ。
自分で自分の良いところを100個書いてみよう。
自分の良いところを家族や友だちに教えてもらおう。

そして、それを素直に自分の中に受け入れよう。
すると自分が得意なこと、長所がだんだん分かってくる。

それを商売にしたいのであれば、あとは「どうやってその得意や長所を
活かせば人に喜んでもらえるか」を考えればいいだけのこと。



これは個人を例にとって説明されていますが、
会社にとっても同じことです。


確かに、個人より会社の方が長所や強みは出てきやすいかもしれません。

でも、「自分の良いところを家族や友だちに教えてもらおう。」
と言うのと同じで、第三者がきくことによって、
改めて認識・把握されることが多いのも事実です。


勿論、そのためには、聞き方というかヒヤリングの仕方、
導き方という質問力が重要になってきます。


知的資産経営の支援の現場では、まさに
この記事に書かれてることが当てはまります。

第三者の視点で、しかも門外漢と言う立場で、
経営者の方などに聴いていきます。

どれだけ情報を引き出すか、それが強みなのか、弱みなのか。

それらがどのように連鎖し、顧客に対して価値を与えているのか。

それを裏付けるためにも、「○○をしてください」という
宿題をお出しすることも。

ヒヤリングして、こちらで仮説を立て、その通りかどうか、
また抜けているものは何かなど、「なぜ」を繰り返しつつ、
新たな問いに対してお聴きする。


そして認識された強みや良さをさらに伸ばす。

答えは自分や自社がもってるものの、
自分だけ、社内だけでは出てこない発見がそこにはあります。

それを明確化したり、気付きを与えて今後の方策に
役立ててもらう。

そのためにはやはり第三者の存在が重要なんですね。


今日も外からは見えにくい独自の工夫やコアな部分を
いろいろと抽出し、本当の価値創造の連鎖の元となる
知恵(知的資産)が出てきました。


長所100個・・・


活かして高めて、より顧客に喜んでもらうために
ナビゲートする。

知的資産経営の支援の良さそのものも
目に見えにくいものです。

特に短期的にみれば。

でも確実にそんな役割もしているわけですね。



今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ありがたいことに、只今20位前後〜10位台のようです^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑お陰さまで、最近はこの激戦区で
今のところ30位前後と健闘してます(驚)

ラベル:行政書士

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。