任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2010年11月10日

経営者はまず“集客”を考える

あなたのご訪問に感謝です!
今週に入って頭痛があまりしなくなった
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。


昨日のセミナーの第1部。

(株)JJFの志村社長の言葉です。

組織は野球チーム。

チームワークがよく、またそうなるような仕組みがあります。

会社は「働きにくる」ところではなく、「成績を上げる」ところ。

選手は「球場にくる」のではなく、活躍しないといけないのと同じです。

そして、ファンに球場に足を運んでもらわないといけない。
特に地元のファンがカギになってくる。

ファンに来てもらうために魅力あるプレーをする。


経営、組織も同じで、地元のファンをいかにつくるかがカギ。


そこで、まず“集客”という視点で考える必要があると。


人事や社内コミュニケーションなどいろんなマネジメントがあるけど、
経営者はなによりも、集客→お客様作りを最初に考える必要があると。

その視点からスタートすることで、そのために必要な対策が出てくる。


ドラッカーは「顧客の創造」。
ランチェスター経営では、「経営=お客様作り」。


JJFでは、そのための戦術に、こだわりや知恵・工夫が満載。


例えば、見積書1つをとってみても、そこには
成約率を上げるためのコツがあり、しかも個別対応。

価格だけで判断されないために、単なる金額の記載だけでなく、
お客様に応じた工夫がある。

その見積書に、「そのお客様にちゃんと仕事をしたい」
という気持ちを込める。

例えば、お客様の子どもの写真を表紙に盛り込むなど、
お客様が大事にしているものを添付したりという個別対応。

これはかなり面倒くさい、アナログ的な対応。


また、お客様に渡す用のチラシにも、明確な意図がある。

細かな字でびっしりとリフォームの「実例」が載っている。

リフォームを考えている人は、細かい字でも読む。
逆に、「細かな字やと見にくい」という方はリフォームしない方。

みんなに見てもらおうというのではなく、
明確にリフォームを考えている人だけに向けている。

その他、名刺にや店舗、社内の会議にも工夫がある。


すべてお客様に喜んでもらえ、それでいて仕事の取れる工夫が。


色んな取り組みの結果、リピート・紹介の件数が90%。


経営者はまず“集客”を考える
顧客の創造
経営はお客様作り


そして、そのために面倒くさい系、
そこまでやるかというアナログ対応。


昨日のセミナーを聴いて、なるほど!、
やっぱり、ランチェスター経営の弱者の戦略だと。

そして、知恵やこだわりが満載、つまり知的資産が満載で、
それを把握し、活用しまくっている。


具体的な内容を聴くことが出来てとてもよかったです。


今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
上位25位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑100位前後をウロウロ
ラベル:行政書士

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。