任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2010年11月08日

今も昔も原理原則は同じ

あなたのご訪問に感謝です!
今日は伯父の透析の送迎で、車を走らせていた
滋賀県大津市で行政書士をしてる中島です。


・固定費を最小限に抑えるのが、経営得を長続きさせる第一の注意点。
・最低限売上が人件費の三倍あることが事業経営の基礎である。
・事業も子育てと同じで「小さく産んで大きく育てよ」である。
・最初に接触した顧客を大事にして、全力投球することだ。
・駆け出しのころは、とくに、このクチコミの効果が大きい。
・その場合も“実績”をあげていることが前提である。
・最初はやはり分相応の相手、問題に取っ組むことだ。
・コンサルタントは“時間を売る商売”である。
・コンサルタントは、どんなに忙しくとも、睡眠時間をけずってでも、
 お客に対しては、誠心誠意、奉仕しなければならない。
・近回りに“固定ファン”を作ることが経営の地盤を固める第一歩である。

田辺昇一著 『経営コンサルタント入門』−第10章 P.221〜240−より


以前にも紹介した本ですが、これは1978年初版で
1996年に10版が発行された本からの抜粋です。

コンサルタントだけでなく、
小さな会社・事業所にも当てはまる内容。


32年前に書かれた内容も、現在他の書籍等で述べられている内容も、
ほとんどというか全くその原理原則は同じ。


そして今、僕は、知的資産経営報告書の件で、
お客さんからの電話で最終確認をしていたところです^^;
(23時15分ごろまで)


ちなみのさっきの著書の最後の方には、こんな文章も↓
ところが、日本の一番弱いのは外交問題である。
〜中略〜
情報能力に乏しく、情報不足に陥りがちだ。だから、国際外交の面ですべて、
後手後手に回ってるという印象が強い。

田辺昇一著 『経営コンサルタント入門』P.264

こちらも今も昔も同じようで(><)


今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
上位25位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑100位前後をウロウロ
ラベル:行政書士

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。