任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2009年12月30日

こんなご時世だから大事なこと

あなたのご訪問に感謝です!
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。でも、年末年始は7時半起きです(爆)


いよいよ明日で今年も最後。

明日は大掃除をするつもりです^^;
(もう少し前にしとけよって言われそうですが)

そんな今日は、雑用や少しの整理もして、
とあるセミナー動画で4時間ほど勉強。

その中で感じたことを含め、
備忘録的に書いておきます。
(文章的には変になるかも)


仕事や経営を上手くいかせるには「企画力」

それを生み出すアイデア・感性がないのではなく、
「伝える力」がない所が多い。

「伝えた」ではなく、「伝わった」ことが全て。

これはチラシやPRでも言えることだと思う。

相手にいかに伝わっているか。

アイデアや感性を駆使して、技術・腕前は最高。
でも、その良さが「伝わって」なければ、客は来ない。

「伝える」には事実数値が大事。


上手くいき続ける経営者の共通点1
 ・マメさ
 ・記憶力≒記録力
 ・数字(感覚)に強い
 ・外見も気にする

僕が高額な宝石のテレアポセールスで、
失敗しながらも結果を残せた時のことを思い出した。

マメな電話フォロー(親に内緒で購入なのでハガキは出せず)、
趣味などぎっしり書きこまれた顧客情報
アポ率、セッション率、成約率・・・

自分の外見を気に出来ない人が、
細かなことを気にできない。

こまめに掃除をすれば運気が上がるのではなく、
掃除をすることで、細かな所も気が付くようになる。

それがマメさに繋がる。

恋愛とかでも一緒。

相手のちょっとした髪形の変化に対して
「髪切った?」の一言だけで、信頼感はアップ。

お客に置き換えても同じかと。


上手くいき続ける経営者の共通点2
 ・時流を読む
 ・「そうかもね」でものごとを見る
 ・変わらないために「変わり続ける」

時流をつかむために「ビックリ」を増やす。

「そんなの知ってるよ」ではなく、
「そうなんだぁ!!」という驚きが多いほど
時流をつかみやすい。

知っていることでも、視点を変えてみると、
新しい発見があり、新たなヒントがある。

昔聞いた話だけど、松下幸之助氏は、
同じ話でも、同じ所で同じように感動していたらしい。


「どうせ○○だろう」ではなく、
「それもありかもね」。

自分の知っている・見えている範囲だけで判断しない。


変わらない努力をしている人が「変わらない」。
上手くいき続けるわけがないと思うから努力する。


商売の盲点

 × 高品質であれば繁盛しつぶれない
 × 能力があれば上手くいく


廃業・衰退・倒産した企業は能力がなかったのか?

カメラのライカは、最高とまで言われたその性能。
ではなぜ破綻したのか?

その高性能ゆえ、現在の主流の
一眼レフカメラへの参入を遅らせた。

過剰品質は売り手のマスターベーション。

お客様に理解されて初めて「良い品質」。


品質の向上は大事。でも、
 ・お客様への理解
 ・必要とされている品質か
はもっと大事。


収益=収入−支出

収益を上げるには、
 ・収入を上げる
 ・支出を減らす
の2つ。

では、どちらから手を付けるか?

節約癖がないと滅びる。
でも、節約から手を付けると心がすさむ。

どうやって1円でも収入を上げるかを先に考える方が
社内は盛り上がり、活性化する。

節約はそこそこしながらも、
売上を上げる方向の話を先にする。


節約・効率は、自分・自社のためでなく、
他人のための節約他人のための時間を減らすこと。

「お客に細かな案内を出す」
自社にとっては節約・効率化にはなってなくとも、
お客にとっては調べる時間や手間の効率化になる。


そして、節約したとしても、
その節約した金額をどう使うか。

こんなご時世だからいい使い方をする。


「受取れない人」はダメ。

一流になる女優・・・お綺麗ですね→ありがとうございます
一流になれない女優・・・お綺麗ですね→そんなことないです

お金も同じ。
勿論、悪いことして頂くのはダメだけど。


変わる要件

 ・変わると決めること
 ・第3者の「異見」を取り入れること
 ・今のままではいけないと思いつづけること

何かの概念を捨てないと、新しい概念は生まれない。
常に、イノベーション。


以前のブログでも書いた「100年企業の共通点」
でも同じことが言えるかと。


ドラッガーでもランチェスターでも同じこと。

どうやったら変われるか?

変化を生み、変化を受け入れるには
捨てる能力を身につけること。(ドラッガー)

経営とは捨てること。(ランチェスター経営栢野さん


そして、
誰のために何をするか。



ちょっと書きなぐってみました(笑)

来年はいい年になりますように!


今日も読んで頂きありがとうござます!!


行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
↑恵みのクリックをひらめきポチっと押して頂けたら元気が出ますわーい(嬉しい顔)
ベスト10位には、なかなか入れないようで^^;

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ
↑お情けクリック
ラベル:行政書士

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。