任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
http://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2009年07月21日

少額訴訟か通常訴訟か

あなたのご訪問に感謝です!
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


今日は朝一で裁判所へ。

お客さんが少額訴訟をするのに、
手続きや郵便切手代がいくらかなど、
いろいろ聞きに行き、ついでに、
その訴状を取りに行ったんです。


当然、条文や専門書などで、
自分で調べたり勉強はしましたが、
現場ではどうなのかも知るためです。

ちなみに行政書士は、訴状提出など、
裁判手続きはできません。

でも、やはり実務上はどうなのかは、
せっかくだから知っておいたほうがイイと思って
聞きに行ったんですね。

机上の知識だけでは見えない部分がありました。


本やネットで情報は氾濫してるけど、
その見えない部分はというと・・・


その前にここで、
少額訴訟について簡単に説明です。


まず、請求金額が
140万円以下ならば、簡易裁判所に、
140万円を超えると、地方裁判所
申し立てをします。

裁判所への手数料は、請求する額にもよりますが、
100万円までなら、10万円ごとに1,000円です。
100万円を超えて500万円までは、20万円ごとに1,000円。
(それ以上の金額も含めこちらを参照→早見表


簡易裁判所だと、140万円がマックスだから、
1,000×10+1,000×2=12,000円ですね。

さらに、予め納める郵便代もあって、
これは裁判所によって違うんですが、
大津の裁判所は6,000円でした。


で、請求額が60万円以下の場合に限って、
簡易裁判所で少額訴訟を利用できます。

この場合だと、手数料はマックスで6,000円で、
郵便代入れても12,000円ですね。


民事訴訟>簡易裁判所での民事訴訟少額訴訟

って感じです。

参考:【簡易裁判所における民事事件】

で、申立てる場所は、
被告の住所地の管轄が基本です。
(民事訴訟法第4条)

でも、例外も多くあって、
債務の義務履行地とかでもできます。
(民事訴訟法第5〜7条)

少額訴訟を含め、140万円以下の
簡易裁判所での民事訴訟は、
本人訴訟がほとんどなので、
訴状も簡単に書ける書式です。

参考:【定型訴状】


で、少額訴訟の特徴は以下。(裁判所HP抜粋)
  • 1回の期日で審理を終えて判決をすることを原則とする。
  • 原告の言い分が認められる場合でも、分割払・支払猶予・遅延損害金免除の判決がされることがある。
  • 訴訟の途中で話合いにより解決することも可能。(和解)
  • 判決書又は和解の内容が記載された和解調書に基づき、強制執行を申し立てることができる。
    (少額訴訟の判決や和解調書等については、判決等をした簡易裁判所においても
    金銭債権(給料、預金等)に対する強制執行(少額訴訟債権執行)を申し立てることができる。)
  • 少額訴訟判決に対する不服申立ては、異議の申立てに限られ控訴はできない。

(詳しくは民事訴訟法368条以下の『少額訴訟に関する特則』)



で、ここからです!

裁判所の担当の方曰く・・・


「ネットとかでも少額訴訟が便利って言う風に出てるけど
少額訴訟より通常訴訟の方が融通が利くし、実は・・・

むしろあまり少額訴訟はお勧めできないんです・・・」


まず訴状と一緒に出す証拠書類を、
1回ですべて出さないといけない。

なので、提出してもこの証拠書類でいいかなど、
審理に時間がかかる。

でも、通常訴訟だと、一応証拠書類は提出するが、
後出しジャンケン的にも出せる。
なので、早く始まりやすい。

相手が争う姿勢だと、通常訴訟に移る可能性大。

さらに、少額訴訟の期日は、通常訴訟の期日より、
2〜3週間後に回される。

などなど。。。

だから、少額訴訟を申し立てがあっても、
たいてい、通常訴訟のほうがいいですよって感じで
勧めてるそうです。

簡易裁判所における民事訴訟も少額訴訟も、
同じ簡単な訴状ですし・・・


う〜ん、なるほどひらめき


実際に聞きに行くと、実際の現場はどうなのか
良くわかりますね。

こんなことは、調べてもわからないことも多いたらーっ(汗)


やはり予め勉強した上で、現場に聞きに行くひらめき


おかげでお客さんにも、
「少額訴訟は辞めておきましょ」って
いい提案ができました!


今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
ランキングがズルズル落ちてますあせあせ(飛び散る汗)恵みのクリックをひらめき
おかげさまで、15位以内に復活。感謝です!

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ←おかげさまで、80位前後まで上昇^^;

こちらも参加中^^;
blogram投票ボタン
ラベル:行政書士
posted by こうたん at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。