任せる経営.png

中島巧次の著書
【ベイスターズファンの経営者が実践する「任せる経営」】
Amazon↓や書店等で発売中!
http://goo.gl/B7VGve

概要など当事務所のHP↓もご参照ください。
https://effort-office.net/makaserukeiei/

是非お買い求めくださいませ♪


ご訪問ありがとうございます。
初めての方はこちら↓でプロフィールの詳細もどうぞひらめき
【プロフィール詳細】

取扱業務はコチラ⇒【取扱業務】

「知的資産経営」に関しての研修講師の実績等はコチラ

お問合せはこちら⇒【問合せフォーム】


2009年07月02日

お茶の勉強??

あなたのご訪問に感謝です!
滋賀県大津市行政書士をしてる5時半起きの中島です。


といっても、別にお茶を始めたわけではありません(笑)

ヒヤリングです^^;


???って感じですよね。


実は今、もう一人の行政書士のTさんと一緒に仕事で、
ある事業主さんからいろいろヒヤリングをしているんです。


その事業主さんが製茶さんなんですね。


一応、ブログ掲載の許可を得ているんで、
ちょっと掲載しますね。


北川製茶さん
http://kitagawa-cha.com/

この北川さん。

茶審査技術6段
日本茶インストラクター

をお持ちで、
茶審査技術6段は滋賀県内では最高位だそうです。

これは何かというと、
全国茶審査技術競技大会
というのがあって、

第一審査 これが何の品種かを茶葉をみて判別できる
     〜浸出による茶品種鑑別競技(荒茶)〜

第二審査 この茶葉がいつ取れたものかを判別できる
     〜外観による生産茶期別判定競技(荒茶)〜

第三審査 どこの産地か特徴から判別できる
     〜外観による生産地判定競技(仕上茶)〜

第四審査 飲んでみてどこの何のお茶か判別できる 
     〜煎出液服用による生産地鑑別競技(仕上茶)〜

という4つの審査で認定されるそうです。

さらに、日本茶インストラクター。

日本茶インストラクター協会というのがあって、
この資格があるってことは、要はお茶のスペシャリストってことです。

合格率もしっかり勉強しないと、
お茶に長年携わっているだけでは、
なかなか合格できないそうで、
合格率も、30〜40%だそうです。

これがそのテキスト↓
090702_1_instructor教材.JPG

歴史や化学みたいな項目もあって、
僕からすると???でしたあせあせ(飛び散る汗)

で、その資格を基に、お茶教室もされているそうです。
(取得したものの、実際に教室などをされている方も少ないようで)


ついでにこれが、商品に仕上げる前の
荒茶といわれるもの↓
090702_5_荒茶.JPG

黄色っぽい軸みたいなものを、「かりがね(茎茶)」。
細かい粉みたいなのは、ティーパックに使われるそうです。

これらを除いた、長い葉の形を整えたのが、
茶葉としての商品となるそうです。

で、お茶は5月〜翌4月が1年で、
5月に摘んだものが1番茶といわれる茶葉だそうです。

2番茶はこの時期の6〜7月に摘んだもの。

「へぇ〜!」ばかりでしたね。

まったくその分野に無知な門外漢として聞くと、
いろんな発見がありますね。


で、知ってましたぁ?

紅茶もウーロン茶も日本茶も
もとは同じって!!!

もちろん気候条件や土壌などで質は変わりますけど。

発酵させたものが、紅茶。
半発酵させたものが、ウーロン茶。

で、発酵させていないものが日本茶だそうです。

初めて知りました!


そんなこんなで、今日はいろいろお聞きしたわけですけど、

その間、めっちゃ美味しいお茶を頂きましたるんるん


まったりと「マイゥ〜!」ですひらめき


「おいしいお茶を・・・」
というこだわりがあるから、
無添加で・・・という方針があり、
さらに美味しく頂くために
資格や生産方法など技術・ノウハウがあり、
そのなかでできたお茶があるわけですね。

さすが100年の伝統と感銘した1日でした。



お茶を使った八味とうがらし茶塩を購入させた頂きました!


今日も読んで頂きありがとうござます!!

行政書士ブログランキングにも参加してます。
↓↓是非こちらをワンクリックして、応援の程お願い致します。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

人気ブログランキングにも参加してます。
↓↓よろしければ、こちらにもワンクリックして下さい。
人気ブログランキングへ←120位前後をうろついてます^^;

こちらも参加中^^;
blogram投票ボタン
ラベル:行政書士

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ

↑↑ 応援クリックの程、宜しくお願い致します。